ドラマ下町ロケット2018あらすじ最終回ネタバレと人物相関図

秋ドラマ期待度ランキングで1位のドラマ「下町ロケット」が10月よりスタートします。

2015年に放送され高視聴率をマークした「下町ロケット」の続編となり、主演は引き続き阿部寛さんです。

開始前から注目を集めている「下町ロケット」のあらすじ、ネタバレ、キャストをご紹介します。

スポンサーリンク

原作は池井戸潤さんの小説「下町ロケット」

原作はシリーズ累計発行部数300万部を突破し、直木三十五賞を受賞した池井戸潤さんの長編小説「下町ロケット」シリーズです。

シリーズ1作目の「下町ロケット」は、宇宙科学開発機構で研究員をしていた佃航平が、ロケットエンジンの開発に失敗により辞職し、父親の後をついで「佃製作所」の社長に就任。社員たちとともに、ロケットのバルブシステム開発に奮闘します。

シリーズ2作目の「下町ロケット ガウディ計画」では、佃製作所を辞めた真野から医療機器の開発依頼が持ち込まれます。佃は様々な妨害にあいながらも、「ガウディ」と呼ばれる医療機器開発に挑戦します。

スポンサーリンク

下町ロケット2018あらすじ

帝国重工の純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」により、一度は諦めかけたロケット製造の夢を実現し順調な佃製作所でしたが、帝国従業の社長交代により、スターダスト計画の廃止危機が告げられます。

さらに大口取引先の1つである農機具メーカー・ヤマタニから新型エンジンの採用を白紙に戻されます。

佃製作所の代わりに採用されたのは、低価格のエンジンメーカーであることを知り、佃は危機感を抱きますが、安さではなく技術力で勝負すると決意します。

そんな時、佃製作所の経理部長・殿村の父親が倒れたという知らせが入ります。

殿村の実家は300年続く農家で、父親の看病や手伝いのため帰省している殿村を心配し、佃は社員の山崎と共に殿村の実家を訪ねます。

畑でトラクターを運転する殿村を見て、佃はあることに気づきます。田んぼをきれいに耕すには、エンジンよりトランスミッション(変速機)が重要であると。

佃は早速トランスミッション事業へ参入することを社員と話し合いますが、新規事業には莫大な資金が必要でした。そこで、トランスミッション全体ではなく、他社にはないノウハウを既に持っているトランスミッション用のバルブを製造することに決め、ヤマタニの工場長・入間に相談します。

しかしヤマタニの新社長は「性能より安さ」を優先し、「ギアゴースト」というベンチャー企業にトランスミッション全体を外注。どこのバルブを採用するかはギアゴーストが決めることになると佃に告げます。

ギアゴーストとは、帝国重工の事務職だった伊丹大が設立した会社で、ギアゴーストの企画・開発を担当しているのは帝国重工時代に天才エンジニアと呼ばれていた島津裕でした。

佃は入間の紹介により、ギアゴースト社長・伊丹と開発リーダー・島津と会い、佃製作所はトランスミッション用バルブ製造を始めると宣言します。

こうして佃製作所の存続をかけた、新たな挑戦が始まります。

下町ロケット最終回ネタバレ

ギアゴーストはトランスミッション大手「ケーマシーナリー」から特許侵害で訴えられ、ライセンス料として15億円請求されます。

15億円という大金のアテが見つからない伊丹はヤマタニの工場長・入間に、特許問題で巨額の和解金を勝ち取った経験がある佃製作所に相談するよう言われます。

伊丹は佃製作所を訪れ、佃に15億円でギアゴーストを身売りしたいと要請。

佃は伊丹に協力を約束。佃製作所の顧問弁護士である神谷の調査により、ギアゴーストの顧問弁護士・末永がケーマシーナリーの弁護士と内通し、ギアゴーストを買収するために特許侵害問題を企てたことがわかります。

裁判では、ギアゴーストの代理人となった神谷が、佃が見つけた論文を示し、ケーマシーナリーの特許は無効であると主張。

裁判はギアゴーストの勝訴に終わり、特許侵害を仕立て上げた末永は不正競争防止法違反で逮捕されました。

佃の支援により特許訴訟に勝訴したにもかかわらず、伊丹は佃製作所とは提携せず、自分を左遷した帝国重工次期社長・的場へ復讐するため、同じく的場へ恨みをもつ重田の会社「ダイダロス」と提携する道を選びます。

スポンサーリンク

下町ロケット主演は阿部寛さん

佃航平役:阿部寛

ロケット打ち上げ失敗の責任をとり、宇宙科学開発機構を辞職し、佃製作所の社長となる。ロケットへの夢を諦めきれず、ロケットエンジンのバルブ制作に力を入れている。

夢中になると周りが見えなくなるため、家族や社員から反感を買うことも。

阿部寛さんプロフィール

生年月日:1964年6月22日

出身地:神奈川県横浜市

血液型:A型

身長:189cm

モデルから俳優となった阿部さんは、当時二枚目の役しか与えられず、さらに長身すぎるゆえに女優とツーショットが取りにくいという問題もあり、次第に仕事は減っていきました。

そんな阿部さんがブレイクしたきっかけは、徹底した三枚目役を演じきった仲間由紀恵さんとの共演ドラマ「TRICK」です。

その後は大河ドラマやドラマ「結婚できない男」など話題作に出演され、2012年には映画「テルマエ・ロマエ」でアカデミー賞主演男優賞を受賞しました。

<阿部寛さんコメント>

ご好評いただきました前作から3年、引き続き佃航平を演じさせていただくこととなりました。

夢の実現と人々の幸せを必死にもがきながら追い求めてきた佃ですが、今作も難題に直面し、それを乗り越えようともがき苦しむ中から新たな理想と追い求めるべき夢を見つけ出します。

会社の経営者として、社員たちの生活を守るのも当然ですが、自らの夢を社員だけでは無く、全ての仲間たちと共に全力で挑戦する等身大の佃航平を演じさせていただこうと思います。是非、楽しみにしていただければと思います。

引用元:https://www.cinematoday.jp/news/N0102313

下町ロケットの豪華キャスト

佃利菜役:土屋太鳳

https://twitter.com/rocket_tbs/status/1041531036813819906

航平の娘。帝国重工でロケット開発に携わっている

 

和泉沙耶役:真矢ミキ

https://twitter.com/rocket_tbs/status/1033485634575327232

航平の元妻で、宇宙科学開発機構の研究員

 

佃和枝役:倍賞美津子

航平の母。航平と孫娘の利菜と3人で暮らしている

 

佃製作所社員

立花洋介役:竹内涼真

https://twitter.com/rocket_tbs/status/1031511623452700678

技術開発部門の若手エース。

 

山崎光彦役:安田顕

技術開発部長で、佃が最も信頼している部下。

 

軽部真樹男役:徳重聡

https://twitter.com/rocket_tbs/status/1040451518657228800

トランスミッションメーカーに勤めた経歴を持つ、孤高のエンジニア。

 

江原春樹役:和田聰宏

営業第二部係長で若手社員のリーダー的存在。資金を浪費するロケットエンジン開発について良く思っていない。

 

追田滋役:今野浩喜

経理部長。堅実な性格で江原とならび若手社員のリーダー的存在。社益を最優先に考えているため、ロケットエンジン開発について心配している。

 

津野薫役:中本賢

https://twitter.com/rocket_tbs/status/1038051319724957698

営業第一部長。佃を信頼し、営業第一部を引っ張っている。

 

唐木田篤役:谷田歩

https://twitter.com/kensatsu_movie/status/1019060119126962176

営業第二部長。営業第一部長の津野にライバル心を抱いている。合理主義者で、理想を追い求める佃と対立することも。

 

殿村直弘役:立川談春

https://twitter.com/rocket_tbs/status/1032250034769649664

経理部長。社員の佃への不満を鎮める役割をになう、佃にとって欠かせない存在。

帝国重工

戝前道生役:吉川晃司

https://twitter.com/rocket_tbs/status/1030690604605292545

大企業・帝国重工の宇宙航空開発部部長であり、佃の盟友。

 

藤間秀樹役:杉良太郎

https://twitter.com/rocket_tbs/status/1032903137261117440

帝国重工社長。

 

的場俊一役:神田正輝

https://twitter.com/rocket_tbs/status/1038611205156298753

帝国重工の次期社長候補。ロケット開発計画に反対している。

ギアゴースト

伊丹大役:尾上菊之助

https://twitter.com/rocket_tbs/status/1040086962940534784

ギアゴーストの社長。元帝国重工の社員で、同僚だったエンジニア・島津とギアゴーストを立ち上げる

 

島津裕役:イトモアヤコ

https://twitter.com/rocket_tbs/status/1036058644951920641

ギアゴーストの副社長。元帝国重工の社員で天才エンジニアと呼ばれていた。

その他

中川京一役:池畑慎之介

ケーマシーナリーの顧問弁護士

 

神谷修一役:恵俊彰

佃製作所の敏腕・顧問弁護士

下町ロケット2018あらすじまとめ

以上、下町ロケットのあらすじネタバレとキャストをご紹介しました。

前作から3年、待ちに待った続編に前作からのファンから期待を集めています。今から放送が待ち遠しいですね!

豪華キャストが勢ぞろいの下町ロケットは2018年10月14日(日)9時スタートです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です