黄昏流星群3話あらすじ・ネタバレ感想!完治の出向を知った真璃子は!?

黄昏流星群

木曜10時から放送されていますドラマ「黄昏流星群」3話のあらすじやネタバレなどをご紹介します!

2話では佐々木蔵之介さん演じる完治と黒木瞳さん演じる栞の距離が縮まってきました。

完治と中山美穂さん演じる真璃子との夫婦の溝はさらに深くなるのか!?

では早速ドラマ「黄昏流星群」3話のあらすじ・ネタバレ・感想を見ていきましょう!

スポンサーリンク

黄昏流星群の3話あらすじ

まずは3話の予告や公式あらすじをチェックしてみましょう!

3話予告

3話公式あらすじ

出向先の荻野倉庫に初出社をした瀧沢完治(佐々木蔵之介)だったが、周りの視線は冷たい。銀行からの出向者は、荻野倉庫の社員たちにとって煙たい存在でしかなかったのだ。職場になじもうとする完治の努力も虚しく、川本保(礼二)ら社員たちとの距離は一向に縮まりそうにない。
一方、銀行に完治の忘れ物を届けに行った真璃子(中山美穂)は、夫が出向したことを秘書の篠田薫(本仮屋ユイカ)から知らされる。大きなショックを受けた真璃子は、今までの不満を完治にぶつけてしまう。

そこへ帰宅した美咲(石川 恋)からも、自分の結婚までは出向を先延ばしにしてほしかったと責められる。婚約者である日野春輝(藤井流星)の母が家柄を気にするから、と。さらには先日春輝と会う約束をすっぽかした話も持ち出され、完治は謝るほかなかった。
家庭でも気が休まらない完治は、昼休みの社員食堂で目黒 栞(黒木 瞳)に会えることが楽しみだった。しかし、その日栞は目も合わせてもくれなかった。落ち込む完治に、先程の態度を謝罪するメールが届く。社外では会えると言う栞を、完治は近いうちに山へ行こうと誘う。栞と約束した日を楽しみにする完治だったが、突然の連絡が若葉銀行のかつての同期から入ってしまう。

その頃、真瑠子は友人の水原聡美(八木亜希子)に離婚という選択肢を提案され、その時は否定したもののやはり気になり自宅のパソコンで、離婚について調べていた。その様子を、美咲を迎えに来た春輝に見られてしまい…。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/tasogare/

3話のストーリー展開・見所予想

2話では急速に完治と栞の距離が縮まりました。

2人の恋はどんどん加速しそうですね!

と同時に瀧沢家の溝はどんどん広がっていきます。

2話で日野はじっと真璃子を見つめていました。

日野が真璃子を見つめていた理由も明らかになるのではないでしょうか!?

3話で重要!キーパーソンになりそうなキャストを紹介!

今回は中山美穂さんと美人親子を演じている娘の美咲さんを紹介します。

瀧沢美咲 役 / 石川 恋

完治と真璃子の娘。

しっかりもので、真面目な性格。

真璃子とは友達のように仲良し。

スポンサーリンク

黄昏流星群の3話を視聴してのあらすじ

完治(佐々木蔵之介)の出向を知った真璃子(中山美穂)は帰宅した完治に出向のことを黙ってたこと、秘書の薫(本仮屋ユイカ)との関係のことを問い詰めます。

真璃子にとっては完治が出向の事実を黙っていたことが一番辛かったのです。

そして娘の美咲(石川恋)も出向の事実を知ります。

美咲は自分の結婚が終わるまで銀行員でいて欲しかったと、完治に泣きながら怒ります。

美咲の婚約者の日野(藤井流星)の家は家柄などを気にする家系なのです。

瀧沢家の溝は深まるばかりでした。

 

完治の新しい職場の荻野倉庫では、完治に対する周りの目は相変わらず冷たいままでした。

そんな完治の心の支えになっているのは荻野倉庫の食堂で働く栞の存在でした。

社内では親しくはできませんが、2人はメッセージアプリでやり取りしながら仲を深めていきます。

そして日曜日に山に登るという約束を取り付けました。

完治はそんな栞とのやりとりに浮き足立っていました。

そんな中、完治の銀行の同僚から連絡がありました。

次の日曜に銀行に戻るチャンスとなるゴルフコンペがあるので出席しろと言うのです。

完治は栞とのデートとゴルフコンペとどちらを選ぶのか?

 

一方、真璃子は完治の浮気疑惑がぬぐいきれず、友人に離婚も含め相談します。

友人には離婚はないと言いながら、インターネットで離婚について調べていました。

その様子を美咲を迎えにきた日野に見られてしまいます。

 

美咲は初めて日野の母・冴(麻生祐未)に会うために日野の実家に挨拶に行きました。

冴は家柄に厳しく、美咲の手土産の渡し方までチェックします。

冴は完治の勤務先のことなど美咲に聞いてきたせいで、美咲は完治が銀行から出向したということを言いだせませんでした。

父として美咲に何もしてやれない完治は銀行への復帰を果たすために、日曜日はゴルフコンペに参加することを決めました。

完治はこのゴルフコンペに全てをかけます。

池や草むらに入りゴルフボールを拾い、宴会の雑務などをこなしましたが、執拗な雑務に嫌気がさし、途中で投げ出してしまいます。

そして完治は栞に今から会えないかと電話します。

2人は海を見に行きます。

食事をし2人の時間を過ごし別れます。

しかし、栞は走って完治の元に戻ってきます。

楽しいことは続かないから、と完治にキスをします。

 

真璃子の元に日野から電話が入ります。

離婚のことをパソコンで調べていたことが気になっていたと。

美咲の様子もおかしかったので心配だったと。

真璃子は日野と会うことになりました。

そして真璃子は日野に完治の出向のことを打ち明けます。

他にも真璃子は気付いたら、完治に対する寂しさや不満などを日野に打ち明けていました。

真璃子に対する日野の言葉に真璃子は涙し、その涙を日野は優しくぬぐいました。

黄昏流星群の3話の感想

佐々木蔵之介さん演じる完治がとてもウキウキして純粋な顔で恋愛しています。

一瞬爽やかな恋愛ドラマだったかな?と勘違いするほどです。

いやいや、不倫だった。

不倫でもあんなに楽しく恋愛されたら妻としては傷つきますね。

佐々木蔵之介さんは世の女性の敵になりそうですね。

個人的には藤井流星さん演じる日野が中山美穂さん演じる真璃子に代わりはいないと声をかけるシーンです。

誰にも褒められず、一生懸命家事と育児をしてきた女性にとっては心から嬉しい言葉ですよね!

スポンサーリンク

黄昏流星群の3話Twitterの反響

Twitterではどんな反響が出ているでしょう?

様々な意見が出ていますが、佐々木蔵之介さんが悪者になり、藤井流星さんのファンが増えていそうな。

次週の予告を見て、世間はざわざわしております。

次週も楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です