佐々木蔵之介主演「黄昏流星群」あらすじ不倫ドラマの最終回原作結末は?

黄昏流星群

2018年秋ドラマシーズンがやってきました!

木曜ドラマ「黄昏流星群」が佐々木蔵之介さん主演で放送されます!

スタートは10月11日(木)からとなります。

ドラマ「黄昏流星群」は佐々木蔵之介さんたちが織りなす大人の不倫ドラマです。

この記事ではドラマが始まる前に、原作のあらすじ・登場人物などをご紹介します。

以下ネタバレあり。ドラマの内容を知りたくない方は注意してください。

スポンサーリンク

ドラマ「黄昏流星群」予告をチェック

まず、「黄昏流星群」の予告を見てみましょう!

「黄昏流星群」予告①

「黄昏流星群」予告②

スポンサーリンク

「黄昏流星群」の原作はあの人気マンガ

「黄昏流星群」の原作マンガ

ドラマ「黄昏流星群」は小学館発行の漫画雑誌「ビッグコミックオリジナル」に連載された弘兼憲史先生が描かれたマンガです。

「ビッグコミックオリジナル」には1995年から連載されています。

単行本は57巻まで刊行されています。(2018年6月現在)

2000年には第4回文化庁メディア芸術マンガ部門で優秀賞を受賞した人気作品です。

マンガ「黄昏流星群」あらすじ

マンガ「黄昏流星群」ドラマ「黄昏流星群」とはストーリー展開に違いはあるのでしょうか?

まずは原作となったマンガ「黄昏流星群」のあらすじを紹介します。

主人公は盛本芳春。

大手銀行に勤めるエリート会社員です。

盛本は家族より仕事を優先する人です。

出世欲にまみれ、勤続30年ひたすら銀行に忠誠を誓って働いてきました。

本社への辞令を待っていた時、系列の会社へ出向と左遷されてしまいます。

家庭を顧みず、仕事だけに人生を捧げてきた盛本はこの30年の会社人生に疑念を抱きます。

 

ある日帰宅する途中乗った電車の中で、盛本は激安のパックツアーの広告を目にします。

今までがむしゃらに働いてきた盛本は1人でスイスへ旅行するため休みをとりました。

 

スイスへ行く前、盛本は妻と娘に銀行から転職すると伝えました。

しかし、妻と娘の反応は冷たく非難されるだけでした。

 

盛本はスイスのマッターホルンを訪れます。

天候は最悪で、吹雪いていました。

こんな日に頂上へ向かうロープウェイに乗る観光客は少なく、盛本ぐらいでした。

しかし、1人だけ観光客がいたのです。

それが目黒誠子でした。

誠子は優雅で品のある女性でした。

 

盛本と誠子は意気投合し、出会ったその日の夜食事に行きました。

そして盛本の部屋で飲み直そうということになり、誠子は盛本の部屋を訪れます。

この状況に舞い上がった盛本は誠子に迫ってしまいます。

そして誠子とはそれっきりとなりました。

 

スイスから帰国後盛本は誠子との出会いが忘れられずにいました。

しかし偶然にも盛本の取引先の食堂で働く誠子と再会するのです。

そして2人は不倫関係になってしまいます。

 

2人は色んな話をしました。

盛本は娘が結婚する相手が気に入らないという相談。

誠子は幼少時や父との思い出話やイタリア料理店を開きたいという夢を話しました。

そんな時間が2人には夢のような時間だったのです。

 

そして、誠子が妊娠しました。

誠子は産みたいと言います。

もちろん盛本には迷惑をかけずにシングルマザーとなって育てると言います。

 

そんな時、盛本に銀行の本店営業部長への話が舞い込んできました。

待ちに待ったチャンス。

盛本は妻と娘にこの話を伝えます。

しかし2人はそんな話を全く聞いていません。

 

そしてスキャンダルを恐れた盛本は誠子に子供をおろすように頼みます。

ショックを受けた誠子は盛本と別れ、去っていきます。

その日は雪が降っていました。

誠子は雪が積もった坂道で転倒し、流産してしまいます。

 

喪失感で涙する誠子は病院のベットの上にいました。

誠子はまだ終わりではない。

イタリア料理店を持つ夢が自分には残っていると再度自分を奮い立たせます。

 

そして盛本は以前の生活に戻っていました。

銀行では再び出世のために忠誠を誓い、ひたすら上司の命令を聞く。

そして娘は自分が気に入らない相手と結婚。おまけに娘は大学教授と不倫までしています。

そんな喪失感の中で盛本は日々を過ごしていました。

 

しかし、盛本の不倫は妻にバレていました。

妻は娘の結婚式で盛本に離婚を突きつけます。

再び盛本は自分の人生とは一体何だったのかと考えます。

そして盛本は決意するのです。

 

決意した盛本は誠子がやっているイタリア料理店へと向かいます。

そして誠子に働かせて欲しいと頭を下げるのです。

そんな盛本の姿を見て、誠子は驚きます。

盛本は誠子に妻と離婚したこと、会社を辞めたこと、自分には何もかも無くなってしまったことを話します。

誠子はそんな盛本を受け入れました。

そして2人は今後の黄昏の人生を共に歩んで行くのです。

ドラマ「黄昏流星群」キャスト紹介

ドラマ「黄昏流星群」に出演されるキャストを紹介します。

https://twitter.com/TASOGARE_2018/status/1044527898885971969

ドラマポスターが解禁され、キャストの4人が写っています。
おそらくこの4人を中心にドラマのストーリーが展開されるのでしょう。
まず、主要キャストをご紹介します。

主要キャスト

https://twitter.com/TASOGARE_2018/status/1039489860875182080

瀧沢完治 / 佐々木蔵之介

若葉銀行新宿支店の支店長。ずっと仕事一筋で、荒波の中でもコツコツと仕事をこなし、支店長まで出世します。自分の人生を見つめ直す為にスイスに旅に出ます。

 

瀧沢真璃子 / 中山美穂
完治の妻。専業主婦として夫を支えるよき妻であり、一人娘を大切に育てる母でもあります。

 

日野春輝 / 藤井流星(ジャニーズWEST)

完治の一人娘・美咲の婚約者。優秀な弁護士として働いています。

目黒栞 / 黒木 瞳
旅行中の完治が、スイスで出会うミステリアスな女性。完治と同じく1人でスイスを旅行していました。

注目キャスト

他にもまさかこの人が!?やベテランの俳優さんが出演されます。
そんな注目のキャストをご紹介します。

川本 保 / 礼二(中川家)
完治の出向先・物流会社『荻野倉庫』の財務総務課長。
優秀で仕事ができます。フォークリフトに乗っていたところから現在の地位まで上り詰めた実力者。

https://twitter.com/TASOGARE_2018/status/1043299568777973760

日野 冴 / 麻生祐未
春輝の母。名家・日野の看板を守ってきた女当主。
彼女自身も名家から嫁いできたという経歴を持っています。

他にもますだおかだの増田さんやヒャダインさんがドラマを盛り上げます。

https://twitter.com/TASOGARE_2018/status/1044767486070030336

スポンサーリンク

ドラマ「黄昏流星群」まとめ

ドラマ「黄昏流星群」の原作となるマンガ「黄昏流星群」やドラマのキャストなどをご紹介しました。

夜な夜なハマってしまいそうなドロドロとした大人のドラマな予感がします。

ドラマ「昼顔」のように「黄昏現象」と社会現象を巻き起こすでしょうか!?

スタートは10月11日(木)10時から初回15分拡大です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です