ブラックペアン最終回のあらすじと結末予想!佐伯教授が爆発!?

ブラックペアン

原作、海堂 尊氏の「ブラックペアン1988」をドラマ化した日曜劇場「ブラックペアン」もいよいよ最終回を迎えますね!
ブラックペアンは設定から原作とは違うみたいなので、結末は楽しみの一つとなりそうですね。今回は、視聴率も好調な「ブラックペアン」最終回のあらすじと結末予想を書いてみました。

スポンサードリンク

ブラックペアンとは!?

天才的な手技(縫合技術)を持つ外科医・渡海 征司郎。
大学病院にいて出世には興味のない一匹狼で、いまだヒラの医局員なのです。

同僚からは「患者を生かし、医者を殺す」通称 ″オペ室の悪魔″と呼ばれているのです。

かいつまんだあらすじを言うと、外科医のプライドを守ろうとする渡海 征司郎が嫉妬渦巻く大学病院で巨大な組織を相手に真っ向から立ち向かって、新技術の導入をめぐり不正や隠された過去を暴いていく痛快「医療エンターテイメントドラマ」です。

このように言うと渡海 征司郎が世直しするお医者さんのようだけど、父親の仇討ちドラマと言ったほうが良いかも。

タイトルの「ペアン」の意味は止血などで使用する手術用器具のことで、ブラックペアンとは文字通り黒いペアンのことです。通常のペアンはステンレス製で銀色なのですが、物語のペアンは特別製のため黒い色をしているのです。

これは最終回で大きな意味をもっているので覚えておいてくださいね。
原作とは設定が違うみたいなので結末は楽しみの一つですね。

ブラックペアン主なキャスト

外科医・渡海 征司郎(二宮 和也)東城大学外科教授・佐伯 清剛(内野 聖陽)、新任講師・高階 権太(小泉 幸太郎)、研修医・世良 雅志(竹内 涼真)、看護師・花房美和(葵 わかな)、帝華大学外科教授・西崎 啓介(市川 猿之助)、東城大学病院長・守屋 信明(志垣 太郎)、治療コーディネーター・木下 香織(加藤 綾子)他

 

オペ看の猫ちゃんは、なんとあの大物俳優夫妻の娘!→→猫田役の趣里さんの記事はコチラ

 

スポンサードリンク

ブラックペアンのあらすじ

最終回に向けてこれまでのあらすじです。
心臓外科手術の権威で外科教授・佐伯 清剛が大きな力を持っている東城大学医学部付属病院に、手術用医療機器「スナイプ」を携えて帝華大学病院から高階 権太が来たことから物語は始まります。

「スナイプ」は人的ミスである縫合不全(リーク)を起こすリスクがない手術用の医療器具です。 高階はこの「スナイプ」があれば、技術や経験がなくても誰でもが安全なオペが行えると主張するのです。 この「スナイプ」がきたから東城大学は大騒ぎ!!

佐伯教授と直弟子である外科医・渡海は技術至上主義で、患者の命を救えるのは確かな技術だけだと信じているのです。

その3人の医師の間で揉まれていく研修医・世良 雅志。
試練に度々直面して、命を扱う責務に耐え切れずに医師を辞めることも考えたのだけど、再び前を向いて近くにいる医師の背中を追って成長していきます。

佐伯教授と渡海の関係は師匠と弟子ともいえるほどに心から信頼していると表向きは感じるのだけど、実は渡海は「父の仇」を討つために佐伯教授のそばにいるのです。

17年前、渡海の父親、一郎は医師で佐伯とは親友だったのです。
ある日、佐伯が海外へ行き不在中、急患で運び込まれた患者の体内からペアンが見つかるのです。 その患者の手術を担当したのが佐伯だったのです。

患者の命を救うため一郎はペアンの摘出手術をもとめたが、佐伯から「ペアン摘出すべからず」との電報が入る。
しかし、一郎が声をあげたことで教授たちは佐伯をかばって一郎は大学を去ることとなるのです。

佐伯の医療ミスと裏切りを知った渡海は、父の無念をはらすため佐伯の本性を暴こうと東城大学に潜入して、機会を伺っていたのです。
渡海にチャンスが訪れます。高階とともに佐伯がペアンを体内に置き忘れた患者の手術を始める。ペアンを摘出して佐伯の罪を暴く、そして罰を与えようと・・・。

ところが17年前の出来事には誰もが知りえない「真実」が隠されていたのです。
17年前の真実と佐伯が以来そばに置いているブラックペアンの意味が明らかになっていきます。

スポンサードリンク

ブラックペアン最終回の結末予想

佐伯教授が17年前に体内へ残したペアンってあとで自分が取り除こうとしていた?
取り除いてブラックペアンを使おうとしていたとか??

ブラックペアンって特別製で体内に残ったとして最後に、火葬しても灰になってあとに残らないらしい。
それを使いたかったのかも!

渡海は父の無念をはらすべく、佐伯教授を仇と思い罰を与えようと自己を磨いて佐伯教授の忠実な弟子を装っていたけど、真実を知ったら結構佐伯教授を許してしまうのでは??

何だかんだ言っても、渡海って佐伯のことを尊敬している気がする。
患者の命が大切なのを誰よりもわかっているから。

佐伯も17年前に自分が出来なかったことに後悔があると思うし、何か大切な思いをかためて大学を去ったりする?!

それから帝華大学病院の外科教授・西崎 啓介!!
この人こそ辞めて欲しい。あまりにも高階が可哀想で・・・。こちらが切なくなります。
医師の責務を忘れている人間は皆さんまとめて罰を~~。

世良くんと花房美和ちゃんが隠されている不正や真実を表に出して明らかにするのかな。
例えば看護師長・藤原 真琴さんあたりも協力したりして。佐伯の唯一の協力者みたいなのだけど、何か鍵を握っているようでならないな。

ちなみに、タイトルの「佐伯教授爆発」は、雑誌のインタビューで主演の二宮和也さんが言っていたことなんです。爆発っていい意味でも悪い意味でも面白そうです。

ラストに大どんでん返し!!なんてあると面白いですね。
原作にはない小気味よいラストを!ヨロシクです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。