シグナル7話のあらすじを韓国版と比較!健人兄の事件の真相は?ネタバレ・感想あり

シグナルアイキャッチ

坂口健太郎さん主演『シグナル 長期未解決事件捜査班』の7話を、韓国版のシグナルのストーリーと比較します!韓国版は話数も長く、その分物語が詳細に描かれているので、日本のシグナルにはまった方は韓国版を見るとより一層面白く感じるはず!

6話で桜井美咲(吉瀬美智子)が亡くなったというのは本当!?韓国版の原作ストーリーを見てみましょう!

FODなら韓国版『シグナル』が無料で見放題!>>

▼『シグナル 長期未解決事件捜査班』の見逃し配信はFOD▼

シグナル7話のあらすじ

まずはシグナル7話の予告映像をチェック↓↓


日本版シグナル7話のあらすじ

1998年に連続窃盗事件の犯人として逮捕された工藤雅之(平田満)が出所。その直後、大学の研究員・矢部香織(野崎萌香)を誘拐する。やがて、工藤は香織の父・英介(小須田康人)に恨みを抱いていることが判明。大山(北村一輝)によると、20年前、工藤が警察に連行された直後、娘の和美(吉川愛)はバス事故に遭ったという。そのバスには矢部親子も乗り合わせていて、英介は和美より先に香織を助けるよう懇願。

その結果、和美は爆発に巻き込まれて命を落としたのだ。その様子を警察署で目の当たりにした工藤は絶望し、刑に服すかたわら復しゅうを決意。矢部を自分と同じ目にあわせようと考えていた。

健人(坂口健太郎)から工藤の計画を聞いた美咲(吉瀬美智子)は、すぐさま20年前の事故現場へ。そこで、香織を監禁していると思われる冷凍車を発見するが、それは矢部の殺害をもくろむ工藤のわな。冷凍車は炎に包まれ、燃え跡からは美咲の遺体が見つかる。

美咲の死に大きなショックを受けた健人は、真犯人を捕まえて未来を変えることを思いつく。その頃、1998年の大山は、連続窃盗事件で工藤を犯人だと証言した被害者宅の息子・白石智弘(白石隼也)の自作自演ではないかと疑っていた。窃盗事件の全容を見直した健人もまた同じ考えで、2人は再び協力して真犯人逮捕へと動き出す。

智弘が隠した盗品を探していた大山は、3件の被害者宅の息子が、いずれも同じヨットクラブに所属していたという健人の言葉を思い出し、智弘が所有するクルーザーを捜索。すると、思いがけないものが見つかり、大山はすぐに逮捕状を請求しようとする。しかし、智弘の父親は経済界でも名をはせる権力者であることから、岩田(甲本雅裕)は大山の願いを聞き入れようとしない。一方、工藤と智弘の接点を探していた健人もまた、ある事実を見つけ出し…。



引用元:https://www.ktv.jp/signal/story/07.html

▼『シグナル 長期未解決事件捜査班』配信中!
▼シグナル7話の見逃し配信はこちら▼

原作・韓国版シグナルあらすじ

韓国ドラマ・シグナルのストーリーをご紹介します!!

韓国版シグナル 第7話

ヘヨン(坂口健太郎)とジェハン(北村一輝)は協力し合い「大盗事件」(連続窃盗事件)を再捜査し、1995年のジェハン(北村一輝)が真犯人を逮捕する。一夜明けたヘヨン(坂口健太郎)は死んだはずのスヒョン(吉瀬美智子)の生存を知り安堵するが、ジェハン(北村一輝)に逮捕されたセギュ(白石)は検事長の父の力で微罪、そして釈放されたギョンテ(平田満)は結局人殺しをしてしまう。無力感を抱いたヘヨン(坂口健太郎)は、混乱を招くだけだと無線機を捨てようと・・・。

韓国版シグナル 第8話

20年前に自殺した女性ダヘを捜査していたスヒョン(吉瀬美智子)とヘヨン(坂口健太郎)は、それが「大盗事件」(連続窃盗事件)と関係していると気づく。そしてセギュ(白石)が、盗んだネックレスを持ち去ったダヘを殺したことを確信。だが、彼が殺したのはダヘの後輩だった。一方、ネックレスの箱に隠されていた「大規模汚職事件」の証拠となるフロッピーディスクは、ボムジュ(渡部篤郎)が手にしていた。

韓国版シグナル 第9話

ヘヨン(坂口健太郎)は、係長チス(甲本雅裕)とジェハン(北村一輝)が1999年の「インジュ市女子高生集団暴行事件」で出会ったと知る。ヘヨン(坂口健太郎)の兄は事件の犯人とされて自殺していた。その頃、袋をかぶせられて絞殺された白骨死体が山で発見される。1997年に同様の手口で殺されそうになり、命からがら逃げた経験があったスヒョン(吉瀬美智子)は山狩りを提言。すると複数の死体が見つかる。

幼少時代の健人とお兄ちゃん。貧しいながらも仲良く助け合って生きていました。

ストーリー比較

韓国版のあらすじを踏まえて、日本のストーリーを予想してみます。

大山刑事は、連続窃盗事件の真犯人・白石智弘を逮捕するが、経済界にその名を轟かせる大物の父親の権力で微罪となり、冤罪だった工藤は結局人殺しをしてしまう。

そして、大山刑事が白石のクルーザーを捜査して見つかったものが、健人の兄の事件を動かす証拠?白石が、盗んだネックレスを持ち去った女性を殺したと確信した健人だったが、実は白石が殺したのは、ネックレスを盗んだ女性の後輩だった。一方、ネックレスの箱に隠されていた「大規模汚職事件」の証拠となるフロッピーディスクは、中本刑事部長(渡部篤郎)が手にしていた。

いよいよ黒幕、中本刑事部長の真の姿が垣間見れるのでしょうか?

▼今すぐクリック▼

シグナルを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。