dele3話あらすじネタバレ感想ゲスト!依頼人のバラの本数の意味とは?

dele

ドラマ「dele」3話のあらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します!
3話の依頼人は今までとはタイプが違います。デジタルデータを削除する前に、ある女性にコピーして届け、なおかつバラの花束まで一緒に渡せと?バラの花束の本数に意味がある!と予告で祐太郎(菅田将暉)が言っていますね!バラの花束の意味とはなんでしょうか?

それでは、ドラマ「dele」3話のあらすじ・ネタバレ・感想とゲストをご紹介します!!
 

スポンサーリンク

dele3話あらすじ

まずは、dele3話の予告をcheck☆!!


3話公式あらすじ

「dele. LIFE」の事務所に、さびれた街で写真館を営む老人・浦田文雄(高橋源一郎)が現れた。社長の坂上圭司(山田孝之)が外出中だったため、真柴祐太郎(菅田将暉)は無断で浦田を事務所内に案内。さらに浦田から、死後のパソコンデータ削除と併せ、“奇妙な依頼”を引き受けてしまう。それは…削除する前にデータをコピーし、バラの花と一緒に同じ街の住人・江角幸子(余貴美子)へ届けてほしい、という依頼だった!

勝手な受託に苛立ちを隠せない圭司の隣で、浦田の依頼にロマンを感じる祐太郎。ところが数日後、耳を疑うような事実が判明する。浦田が海に飛び込んで自殺したのだ! 死亡確認に向かった祐太郎は突然の出来事に肩を落としながらも、幸子の所在を確認すべく、彼女が営む理髪店へ。身元を偽り、幸子に接触するのだが…!?

やがて祐太郎は、不審な男が写真館に忍び込み、浦田のノートパソコンを盗んでいく現場を目撃。すぐ圭司に報告し、何とかして男の正体と居場所を突き止めようとするが、事はそう簡単には運ばない。その矢先、浦田のパソコンが起動したとの信号が、圭司のPC端末「モグラ」に送られてきて…!

引用元:http://dele.life/story/0003/

スポンサーリンク

deleの3話のゲストは?

ゲストを紹介します!

江角 幸子/余 貴美子

3話の依頼人

「dele. LIFE」の依頼人・浦田文雄と同じ街で「カモメ理髪店」を営む理容師。親の死を機に、跡を継いでから28年、ずっとひとりで暮らしている。浦田は理髪店の客ではなかったというが、水面下で2人をつなぐ微かな糸をたどっていくと、埋もれていた人生が浮き彫りになってきて…!?

引用元:http://dele.life/story/0003/

4月クールのテレ朝ドラマ「家政夫のミタゾノ」で家政婦事務所の所長を演じていましたね!

 

浦田文雄/高橋源一郎

3話の依頼人。写真館を営む老人

江角幸子と同じ街に暮らす、「みなと写真館」の店主。「dele. LIFE」を訪れ、自分の死後、あるデータを削除する前にコピーし、バラの花と一緒に幸子に届けてほしいと依頼する。その後、海に飛び込んで自殺。自殺の理由も幸子との関係性も、謎に包まれている。

引用元:http://dele.life/story/0003/

高橋源一郎さんは、本職は作家で、明治学院大学教授

毎日新聞でお悩みに答えたりもしています。

4度の離婚歴と5度の結婚歴があり、子どもは5人!!

岡村靖幸さんの「結婚への道」という本の中で対談しているんですが、もう、読んでて度肝を抜かれました…。本能の赴くままに生きている感じですね。

 

 

deleの3話を視聴してのあらすじ

寂れた海辺の街で写真館を営む初老の浦田は、dele lifeを訪れて、死後のパソコンデータ削除と併せて、削除する前にデータをコピーし、バラの花と一緒に同じ街の住人・江角幸子(余貴美子)へ届けてほしい、という依頼をした。

江角幸子の理髪店に潜入して関係を探る祐太郎だった。
祐太郎は写真館に忍び込む怪しい男と鉢合わせしそうになる。

結局、データを盗もうとした怪しい男は公安の回し者だった。
江角幸子は浦田に監視されていたことがわかった。

江角幸子は学生時代、過激派の活動家「後藤」と交際しており
後藤は今も逃走中だった。そのため、江角幸子は公安から監視されており、監視役が浦田だった。

江角幸子は、年に1度、後藤にあっていた。浦田はそれを知っていたが見逃していた。

麹町西公園で江角が待ち合わせしていた。やってきた後藤は公安?警察?に取り押さえられた。
江角が通報したのだろう。

祐太郎はその隙に、圭司から渡された5本のバラを江角に私に行った。

江角は「とっくに気付いていました。浦田さんのこと。浦田さんは私が止めた時間に寄り添ってくれていた。あの人の時間も、私が止めてしまったんですね。」

祐太郎は「浦田さんは、感謝してるんだと思います。だから俺にバラの花を…」と言い切る前に江角に制止された。

そして、江角も公安?警察?に連れて行かれた。

dele lifeに戻って、祐太郎が5本のバラの意味を検索すると、圭司ってロマンチストなんだね。

そう言って3話は幕を閉じた。

 

 

スポンサーリンク

5本のバラの意味は?

(あなたに出会えて)心から嬉しい

あなたに出会えた事の心からの喜び

あなたに出会えてありがとう

引用元:http://yulike.info/barahanakotoba-honsu/

deleの3話の感想

過激派とか、公安の監視というのは、平成に生きているとあまりピンとこないのですが、今の60代後半は学生運動バリバリの世代なんですよね。
元カノを何十年も監視するなんて、今も気づかずに誰かに監視されている人がいるんでしょうか、なんだか怖くなっちゃいますね。

しかし、浦田さん死んでしまうことはなかったのに。それだけ、江角さんの存在が浦田さんの心の支えだったんですね。

 

deleの3話Twitterの反響

twitterではどのような感想が出ているでしょうか?


最後までお読みいただきありがとうございました!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です