dele6話ロケ地と撮影場所を紹介!新潟で壮大な雪山ロケ!

dele

山田孝之さん菅田将暉さんW主演ドラマ「dele」第6話(8月31日放送)

家出少女・石森純子(山田愛奈)が、雪山に埋もれて亡くなっているのが発見されるというショッキングなシーンから始まります。

自殺と判断されましたが、純子の両親は納得できません。圭司と祐太郎が純子の死の真相を探ろうとしますが、二人の前に”果てしなく深い闇”が立ちはだかります。

圭司と祐太郎はどのように立ち向かっていくのでしょうか?

新潟で行われた壮大な雪山ロケやその他の撮影場所をご紹介します!

 

スポンサーリンク

純子の遺体が見つかった山

家出少女・純子の遺体が見つかったのは、新潟県魚沼市にある奥只見山荘の近くの林です。

悲しくも美しいシーンを撮影するため、スタッフはまだ雪が残る地域を徹底的に探したそうです。撮影はドローンで行われ、リアルな雪景色をとらえることに成功しました。

アクセス

新潟県魚沼市下折立

 

スポンサーリンク

少女が飛び降りようとしていたビル

少女が飛び降りしようとし、祐太郎が止めたシーンの撮影場所は、東京都板橋区にある華飾市場ビルです。

このビルの屋上は、「おっさんずラブ」の天空不動産第二営業所のビルとしても使われました。

アクセス

華飾市場ビル

東京都板橋区高島平6丁目2-5

 

坂上法律事務所・dele LIFEのビル

純子は自殺という警察の判断に納得のいかない両親は、弁護士坂上舞(麻生久美子)のもとへ相談にきます。

坂上法律事務所、そして圭司と祐太郎がいる「dele.LIFE」があるビルの外観は、東京日本橋人形町にある三星本社ビルが使用されています。

アクセス

三星本社ビル

東京都中央区日本橋人形町2-14-9

 

スポンサーリンク

祐太郎と高校生が格闘していた場所

第6話注目の菅田さんアクションシーン。

祐太郎と高校生がもみあってた場所は京王線高井戸駅のそばを流れる神田川にかかる錦橋です。

アクセス

東京都杉並区高井戸西1-25-13

 

 

圭司と犯人と接触した場所

圭司が犯人を打ちのめした場所は、東京都府中市朝日町3丁目付近の歩道です。

 

dele6話ロケ地と撮影場所を紹介のまとめ

以上、dele6話に登場するロケ地・撮影場所をご紹介しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です