dele(ディーリー)2話の生前葬って何?リアルにやった人は誰?感想は?

dele

2018年8月3日(金)に放送されたドラマ「dele(ディーリー)」2話で、コムアイさん演じるdeleの依頼人、宮内詩織が生前葬をしていました。親との確執から普通のお葬式より、生前葬を選んだ詩織でしたがまだ一般的に馴染みがないですよね。
Twitterなどでも、この詩織の生前葬については様々な意見が飛び交っていました。若者に人気という意見もありましたが、本当に若者に人気なの?リアルに生前葬をされた方の感想などもご紹介しようと思います。

今回は、生前葬について調べてみました!

スポンサードリンク

ドラマ「dele(ディーリー)」2話コムアイの生前葬

 

ドラマ「dele(ディーリー)」2話では、体の弱かった詩織さんが、生前に大好きな人たちだけを集めて自身が働くガールズバーを貸し切って生前葬をしていました。

着物の喪服をビシッと着こなして、みんなへの感謝の気持ちを素直にお話ししていましたね。

大好きな友達からもコメントをもらって、それがリアルに自分の耳で聞けるのは嬉しいですよね。

でも、生前葬ってよくわからないなぁという方も多いですよね。

▼dele2話の関連記事はこちら▼

 

スポンサードリンク

dele2話の生前葬に対するTwitterの意見

スポンサードリンク

生前葬をリアルにやった人はいる?

生前葬を行ったことで有名なのは、お笑い芸人で映画監督のビートたけしさんや、サザンオールスターズの桑田佳祐さん、プロレスラーのアントニオ猪木さん、テリー伊藤さんなど。

社会的にも成功された大物だけが行う印象です。

まだまだ、少数派ではありますが、生前葬をされた一般の方の意見では、参加者が集まるか不安だったけど、和やかな雰囲気で楽しめた。参加者も生前葬に対して興味を持つ人が多かったなど前向きな意見が多かったです。

ただ、生前葬をしてもやっぱり死後になんだかんだお金がかかってしまって資金面で二重の出費になってしまうというデメリットもありました。

生前葬とは?

生前葬とは、本人が生きている内に本人の希望や意思によって執り行われる生前葬儀のことを言います。
基本的には、生きている内にお世話になった人や親しい人に感謝の気持ちを伝えたい、お礼をしたいという考え方から行う人が多いようです。

生前葬の場合には、パーティーのような明るい雰囲気のものや無宗教のお別れ会というような形式が多くなっていて、生前葬を行う本人の趣向を反映させる形が多いのが特徴になっています。
しかし、宗教的な葬儀を行うケースもあり、生前葬の形は人それぞれ違ってきて多様性があるのです。

生前葬を行うことで、お世話になった人に直接お礼を伝えることができる、葬儀の自由度が高く自分の趣向に合った葬儀を開くことができる、といったメリットがあります。

引用元:よりそうのお葬式

生前葬の流れは?

余興なんかもあるんですね!ちょっと楽しそう。

・生前葬開式の挨拶
・自分史などの上映
・親族や親しい人などによるスピーチ
・余興
・会食や歓談
・本人の挨拶
・生前葬閉式の挨拶

スポンサードリンク

生前葬まとめ

生前葬についていろいろとご紹介してきました。

若者に人気か?と言われると、どの年齢までを若者というか?という問題もありますが、今の所そんなに関心は集まっていません。そりゃ、まだ自分が死ぬなんて想像つかないですよね。自分の人生に精一杯ですし。

会社を退職して、趣味のお友達などもいて、経済的にも余裕があり、余生を楽しんでいる方が元気なうちにみんなに感謝を示したいと行っている場合が多い印象でした。

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。