義母と娘のブルース8話あらすじ・ネタバレ感想!麦田店長恋のゆくへは?

義母と娘のブルース

ドラマ「義母と娘のブルース」8話のあらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します!

みゆきとヒロキくんの急接近に亜希子さんはドギマギしていましたが、当の亜希子さんは麦田店長の恋心には全然気がつかなそうですね!!パンに愛死天流(愛してる)って書いちゃうくらい亜希子さんにぞっこんな麦田店長の恋のゆくへは?

では、ドラマ「義母と娘のブルース」第8話のあらすじ・ネタバレ・感想を書いていきます!

▼10年後のみゆき役上白石萌歌さんの記事はこちら▼

義母と娘のブルース7話のあらすじネタバレ感想!

スポンサードリンク

義母と娘のブルースの8話あらすじ

 

8話公式あらすじ

亜希子 (綾瀬はるか) が考えたプランに従い、麦田 (佐藤健) は焼きたてパンを提供し、一時は客足も伸びたように見えていた 「ベーカリー麦田」 だったが、その作戦が仇となってしまい客足が遠のいてしまう。

このままではまずいと考えた亜希子は、「ベーカリー麦田」 を一度閉店し、リニューアルオープンすることを発案!
果たして、無事リニューアルオープンの日を迎えることができるのか !?

一方、店の再建を目指し一生懸命な亜希子の姿を見て、いつしか麦田に心境の変化が…。

引用元:http://www.tbs.co.jp/gibomusu_blues/story/story08.html

ベーカリー麦田のロケ地はこちら!

ぎぼむす原作漫画を無料で読む方法をご紹介しています!

義母と娘のブルース原作漫画で結末を知る!

ドラマ放送より早く続きが知りたい( ̄▽ ̄)待てない!

と言う方のために、原作コミックをお得に読む方法をご紹介します!

原作4コマ漫画「義母と娘のブルース」FODプレミアムでポイントを使って無料で読めるんです!

1ヶ月間の月額利用料無料キャンペーンもやっているので、ぜひチャックしてみてください。

漫画・義母と娘のブルース

今すぐクリックでぎぼむすの結末をイッキ読み!
FODで原作漫画・義母と娘のブルースを読む>>

画像クリックでFOD公式サイトへ

FODプレミアムは、登録したらすぐに100ポイント

8のつく日にFODへログインして、ポイントゲットボタンをポチッとすれば最大1200ポイントゲット
登録と同時にもらえる100ポイントと合わせて1300ポイントも使えます!
このポイントで、電子書籍(漫画・雑誌・小説)、動画(ドラマ・映画・アニメetc)を購入できるのでめちゃめちゃお得なんです。

無料期間内に解約すれば一切お金はかからないので、ぜひ試してみてくださいね♪

今すぐクリックでぎぼむすの結末をイッキ読み!
FODで原作漫画・義母と娘のブルースを読む>>

画像クリックでFOD公式サイトへ

スポンサードリンク

義母と娘のブルースの8話を視聴してのあらすじ

無意識に「愛死照流」というパンを作ってしまうほど、亜希子に恋してしまった麦田。

「大事な話がある」と亜希子に言われ、麦田は告白されると勘違いしてしまいます。

亜希子は「ベーカリー麦田」を一旦閉店し、リニューアルオープンすることを提案するのでした。

「ベーカリー麦田」のパンとライバル店のパンを食べ比べ、グループディスカッションを開く亜希子。

すると、昔は他のパン屋に浮気しても結局うちは「ベーカリー麦田」のパンに戻っていた。という結論に。

亜希子は昔の「ベーカリー麦田」を復活させるべく、パン作りの特訓を麦田の父親に土下座して頼み込みます。

先代の味を復活させたい気持ちがあることを確認したお父さんは、特訓を了承しました。

たくさんの種類のパンを麦田に焼かせるお父さんでしたが、感想やアドバイスを言うでもなく無言のままでした。

怒った麦田は出て行ってしまいます。

無言の理由を亜希子が聞くと、「うまくもまずくもない。でもパンに愛情を感じない。」と言います。

しかし「俺は世界一美味しいパンを作っている。」というスピリットを持って売っていた。と言いました。

パン作りには「美味しいパンを作りたい」というスピリットが大事だと気付いた亜希子。

麦田に「店長が本当に作りたいパンはなんですか?」と聞きます。

すると「パンの耳まで美味しい角食を作りたい。」と答え、夜なべをして研究する麦田。

ひろきが結果をデータ化して手伝い、ついに理想の角食を完成させます。

完成した角食を先代に届ける亜希子。

息子の成長を嬉しく感じた先代は、お店の資金を亜希子に託します。

 

一方、「ベーカリー麦田」の状況を知ったみゆきは、「プラザにいつも寄ってしまうのはなんでだろう?」とみゆきなりにお店が繁盛する方法を考えます。

みゆきとひろきは放課後に毎日図書館で勉強デートをして、すっかりラブラブなご様子。

ほっこりしますね。

みゆきは麦田の亜希子に対する恋心に気づいてしまいます。

亜希子が麦田に取られた気がして寂しくなってしまうみゆき。

本人の亜希子は麦田の気持ちに全く気づいていません。

今後の展開はどうなってしまうのでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

義母と娘のブルースの8話の感想

「愛死照流」というパンを無意識に作ってしまうほど亜希子に恋している麦田。

しかし亜希子本人は麦田の気持ちに全く気づいていませんでした。

ラストではみゆきが麦田の恋心に気づいていましたが、今後の亜希子と麦田の関係はどうなっていくのでしょうか?

「ベーカリー麦田」は一旦閉店してリニューアルオープンすることにしました。

今までパン作りに対して何の気持ちもなかった麦田でしたが、「パンの耳まで美味しい角食」を目指して奮闘してから、パン作りに目覚めましたね。

先代のお父さんも、息子の成長に感激していました。

お店が繁盛する方法を考える亜希子を見ていたみゆきも、亜希子と一緒に考えていました。

みゆきが考えたパンにレアものを入れるというアイデアは、女子高生らしくてとてもいいアイデアでしたよね。

奮闘する亜希子と麦田を見ていたみゆきは、将来を真剣に考え始めようとしていますね。

ほっこりしますが、とても深いストーリー展開でした。

スポンサードリンク

義母と娘のブルースの8話Twitterの反響

twitterではどのような感想が出ているでしょうか?

https://twitter.com/mao_wan_/status/1036971999195684864

https://twitter.com/BlueAugust0811/status/1036983612514562048

https://twitter.com/asanagi_777/status/1036983632865325059

 

義母と娘のブルースの8話まとめ

関連記事はこちら

・視聴率一覧

・ロケ地

・ネタバレ

最後までお読みいただきありがとうございました!

本ページの情報は2018年8月21日時点のものです。
最新の配信状況は FODサイトにてご確認ください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。