義母と娘のブルース亜希子が良一と結婚した本当の理由は何?意外な事実が!

義母と娘のブルース

義母と娘のブルースは、綾瀬はるかさん主演のドラマです。
2018年7月の毎週火曜日夜10時から、TBS系で放送されています。
綾瀬はるかさん演じる亜希子と竹野内豊さん演じる良一は、なぜ結婚することになったのでしょうか。
亜希子と良一が結婚した本当の理由をご紹介します!ネタバレありご注意ください!

 

スポンサーリンク

義母と娘のブルースとはどんな物語?

https://twitter.com/gibomusu__tbs/status/1021740593322418176

義母と娘のブルース(略してぎぼむす)は、

2018年7月10日(火)からTBS系で放送されているドラマです。

桜沢鈴さんの4コマ漫画「義母と娘のブルース」(ぶんか社刊)が原作です。

主人公・岩木亜希子(綾瀬はるか)は何事も真面目で、

仕事の虫と言われるほどバリバリ働くキャリアウーマン。

そんな主人公・亜希子は、娘を持つライバル会社の男性・宮本良一(竹野内豊)と

結婚することになります。

娘の宮本みゆき(横溝菜帆・上白石萌歌)は

数年前に亡くした本当の母親のことを想い、

義理の母親となる亜希子のことをなかなか受け入れられません。

亜希子はビジネスのようにあの手この手を使って

みゆきに受け入れてもらおうと奮闘します。

ビジネスでは最強のキャリアウーマンですが、

家事は苦手で仕事のようには上手くいかない亜希子。

しかしみゆきのために不器用ながらも

一生懸命頑張る亜希子を見て

次第に心を許していくみゆき。

亜希子とみゆきが親子になろうと奮闘する

ハートフルな10年間の物語です。

 

スポンサーリンク

義母と娘のブルース、亜希子と良一が結婚した本当の理由とは?

ドラマ第4話までをおさらい

義母と娘のブルースは、現在第4話まで放送されています。

第4話では、良一が亜希子を結婚相手に選んだ理由が明らかになりました。

良一は会社の前でいきなり亜希子に話しかけ
「僕と結婚してください」
と亜希子にプロポーズします。

僕は3年前に妻を亡くし、独身です。
みゆきという一人娘がいます。
僕はスキルス性の胃ガンでもうすぐ死にます。
頼りにできる親戚もいません。
亜希子さんは僕が知っている中で、
一番頼りになる女性です。
みゆきの母親になって、僕のかわりに守ってやってくれませんか。

そんな風に良一は亜希子にプロポーズしました。
「無理ですよね…」
とつぶやく良一に、亜希子はすぐに承諾します。

「あの時どうして結婚しようと思ったの?」
と良一は聞きます。
亜希子は
「漫画を読んでいた時、結末について誰かに話したいと思いました。
しかしその『誰か』が私にはいませんでした。
そんなくだらない話ができる相手が欲しくなったんです。」
と語っています。

亜希子はただ「寂しいから」

という理由だけで良一と結婚したいと思ったのでしょうか?

真相を探ります。

原作マンガでの真相

https://twitter.com/gibomusu__tbs/status/1020217428800704513

義母と娘のブルースのドラマには、

原作マンガがあります。

そのマンガには、亜希子が良一と結婚した本当の理由が

描かれていました。

亜希子は幼い頃に両親を亡くし、施設で育ちました。

ガンを患っている良一がもし亡くなってしまったら、

良一の娘・みゆきも亜希子と同じ孤児となってしまいます。

亜希子はみゆきが自分と同じ境遇にならないよう、

自分がみゆきの母親になろうと決意し、

良一との結婚を決めました。

亜希子は自分の寂しさのためだけでなく、

みゆきが自分と同じ寂しい思いをさせたくない一心で

結婚を決めたんですね。

亜希子がロボットのような表情なのも

両親を亡くし、施設で育った過去があったからなのかもしれませんね。

亜希子さんにも悲しい過去があったんですね。

ドラマでは亜希子さんの過去はどのように描かれるのでしょうか?

見逃せませんね。

 

義母と娘のブルース第5話のあらすじ

公式サイトの第5話あらすじ動画と紹介文です

みゆき (横溝菜帆) と自転車の練習をしていた 良一 (竹野内豊) が突然倒れる。
良一を心配するみゆきに 亜希子 (綾瀬はるか) は、思いもよらない事実を伝える。

亜希子は良一の入院中、一生懸命、妻としての任務を果たそうとするが、妻としての普通の役割を果たせていない自分に気づき激しく猛省してしまう。そんな亜希子に良一は、無理をしないで欲しい。入院してしまったことで会社に迷惑をかけてしまい、お詫びに行って欲しいと頼む。
しかし、良一の上司である笠原 (浅野和之) から、入院中も良一の査定をキープしたいなら代わりに亜希子が出勤して競合プレゼンを成功させてほしいと提案されてしまう。それを聞いた良一は、自分は簡単に替えがきく人間なのだと拗ねてしまう。そして、一緒に治療に専念しようとする亜希子に対して、心にもない一言を発してしまうのだった。

一方、みゆきはみゆきなりに、落ち込む亜希子の異変を感じ、ある提案を持ち掛けることを決心。
良一もまた、亜希子に八つ当たりをしてしまったことを悔やみ、治療に専念することを誓う。

亜希子も、良一も、みゆきも家族ため、一生懸命に一日一日を生きていく―

そして、いよいよ競合プレゼン当日。
桜金属工業の笠原、猪本 (真凛) を引き連れやってきた亜希子の前に現れたのは…

良一のためにプレゼンを成功させるべく一生懸命な亜希子だったが、奇しくも同じ日に良一の検査結果が出ることに不安を抱いていた。誰もがただただ奇跡が起こるのを望んでいた。

果たして奇跡は起きるのか…

引用元:http://www.tbs.co.jp/gibomusu_blues/story/

良一さん、ついに入院してしまうんですね!

亜希子さんはキャリアウーマンに逆戻り?

みゆきは良一の病気を知ってしまうのでしょうか。

次回も見逃せませんね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です