グッド・ドクター3話あらすじ・ネタバレ感想!病院たらい回しの結末は?

グッドドクター

木曜夜10時から放送のドラマ「グッド・ドクター」3話のあらすじ・ネタバレとなります。

サヴァン症候群の青年医師・新堂湊が子供達を救います。

3話は病院をたらい回しにされた美結を救うストーリー。

ドラマ「グッド・ドクター」3話のあらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します!

 

スポンサーリンク

グッド・ドクターの3話あらすじ

まずは、3話の予告をcheck☆!!

 

3話公式あらすじ

新堂湊(山﨑賢人)は病院のガイドラインを破ってしまった。

問題となった新生児の手術は、高山誠司(藤木直人)が成功させたものの、責任の所在が問われることに。

高山は全ての責任は自分にあるとして、謹慎処分を受け入れた。

 

高山のいない小児外科は大忙し。

しかし、高山を謹慎に追いやった張本人のはずの湊は、周囲の目から見ると責任を感じているようには見えない。

瀬戸夏美(上野樹里)にも負担がかかるが、彼女の目下の問題は翌週に手術を控えた石山舞(中島琴音)の説得。

夏美は怖がる舞に、手術を優しく解説した絵本を描いて渡した。その時、夏美にERから連絡が入る。

 

病院に運び込まれたのは6歳の市川美結(竹野谷咲)。

病院をたらい回しにされ、既に発症から4時間以上が経過していて容態は重篤だった。

夏美は高山に連絡するが繋がらない。

謹慎中の高山は、東郷美智(中村ゆり)と久しぶりに二人で過ごしていたのだ。

美結の両親である英雄(髙橋洋)と詩織(前田亜季)は、どうか娘を助けて欲しいと処置室で湊と夏美にすがりつく。

美結の様子を見た湊は、一目で緊急手術が必要だと夏美に訴え出す。間もなく美結が心停止。

夏美の懸命な心臓マッサージで一命を取り留めた時、間宮啓介(戸次重幸)がやって来た。

間宮はすでに美結を手遅れだと判断し、他の病院に回すよう告げる。

自分が手術をすると決意する夏美。

 

そして美結の手術が始まろうとした時、ようやく高山と連絡が取れる。

高山は自分が到着するまで、美結の命をつなぐよう指示するが…。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/story/index.html

 

スポンサーリンク

グッド・ドクターの3話を視聴してのあらすじ

ガイドラインを破った新生児の手術の責任を取り、高山(藤木直人)は謹慎となりました。

 

救急車で6歳の市川美結(竹野谷咲)が急な腹痛を訴えますが、病院を何件も断られてしまっています。
その美結は病院に運ばれてきます。
しかし、高山がいない病院は混乱します。
美結は緊急手術が必要でした。

間宮(戸次重幸)はリスクが高いので転院させろと言いますが、夏美(上野樹里)は自分が執刀すると。
その知らせを聞いた高山はすぐ向かうのでなんとか持たせろと指示をします。

間宮は中止しろ命令しますが、夏美は手術を進めます。

しかし美結は心停止してしまいます、高山がなんとか駆けつけるも1歩間に合いませんでした。

夏美は懸命に心臓マッサージを続けますが、美結は亡くなってしまいました。

 

夏美が美結の両親・英雄(髙橋洋)と詩織(前田亜季)に結果を伝えに行くと、英雄は夏美に「なんのための手術だったんだ。お前はそれでも医者か。美結を殺したのはお前だ」という言葉を浴びせられてしまいます。

湊(山﨑賢人)は美結の両親に渡すために美結の服を直していました。

そんな湊に高山は「医者としての自覚がない」と怒ります。

そしてオペ室への入室を禁じられてしまいます。

 

なんとか普段通りに勤務はしていましたが、夏美はひどく落ち込んでいました。

湊は夏美に「なぜいつも通りに仕事ができるのか」と聞きます。

夏美は「医者が悲しんでも意味がない。助けられなかった。」と泣きながら湊に打ち明けます。

美結の両親から美結を奪ったと、自分の無力さを悔いるのでした。

 

美結の両親は美結の手術が医療ミスではないかと訴えてきました。

夏美は独断で手術をしたと判断され、病院から守れないと突き放されてしまいます。

しかし、担当している石山舞(中島琴音)の手術を執刀してほしいと舞本人と舞の両親から頼まれ、高山からも執刀するように言われます。

 

その頃、湊は美結の自宅に訪問します。

両親からは相手にしてもらえませんが、夜になってもずっと粘ります。

朝になりようやく詩織に服を渡すことができましたが、英雄に怒鳴られます。

湊が病院に帰ってくると、間宮からの説教が待っていました。

しかし、そこに英雄が病院に訪れます。

冷静になった英雄は、夏美と話します。

 

なぜ、冷静になったのか。湊が美結の持っていたものを直して届けたからでした。

その行動が両親の心を溶かしたのです。

父親は夏美に「最後まで娘と向き合ってくれたのは先生だけだった」と感謝します。

 

心を取り戻した夏美は舞の手術を執刀する決意を固めます。

そして、舞の手術は成功しました。

湊と夏美はアイスを食べながら話します。

「舞ちゃんを直してくれてありがとうございます。」

「美結ちゃんの大事なものを直してくれてありがとう。」

そして、湊は大人になれない子供をなくしたいと医者になる夢を誓う。

 

しかし、なぜ高山はこんなにも湊に対して厳しくあたるのか?

 

グッド・ドクターの3話の感想

3話終了です。

 

なんとも胸の苦しい回でした。

 

せっかく救急車に乗れても、病院をたらい回しにされ、治療を受けることができないもどかしさ。

小児医療の闇がよくわかりました。

そんな中で手術を受けることができれば、助かったと思ってしまいますね。

急に娘を失った両親が夏美先生にぶつけるシーンは、本当に苦しかったです。

 

今回はアイスでしたね。

湊と夏美のほっこりシーンは心があったかくなります。

 

高山先生は湊に厳しくあたりすぎですよね。

あそこまで強くあたるのには何か理由がありそうですね。

 

副院長の陰謀もどんどん明らかになってきそうです。

板尾さんの怪しい演技がたまりません。

4話も楽しみです。

 

 

スポンサーリンク

グッド・ドクターの3話Twitterの反響

twitterではどのような感想が出ているでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました!
 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です