グッドドクター5話あらすじネタバレ感想ゲスト!熱血親父vs湊の戦いの結末は?

グッドドクター

2018年夏の木曜ドラマ「グッド・ドクター」5話のあらすじ・ネタバレや感想やゲストキャストをご紹介します。

第5話では、患者の保護者と揉めた湊が小児科から異動させられてしまう!?

今までなんとかピンチを乗り越えて小児科に所属してきましたが、今回ばかりはかなり厳しい展開になっています。

そんなドラマ「グッド・ドクター」5話のあらすじ・ネタバレ・感想とゲストキャストはこちら↓

 

スポンサーリンク

グッド・ドクターの5話あらすじ

まずは、5話の予告をcheck☆!!

グッド・ドクター5話公式あらすじ

東郷記念病院の大部屋では新堂湊(山﨑賢人)や橋口太郎(浜野謙太)たちが患者の子どもたちとテレビを食い入るように見ている。番組には天才ボーイソプラノ歌手、羽山響(城桧吏)が素晴らしい歌声を披露していた。特に患者の武智倫太朗(斎藤汰鷹)は響の大ファン。そして、倫太朗たちは院内で行われるお楽しみ会で合唱を披露することになっていた。

その響が喉の不調を訴え、父の徹郎(三浦誠己)に伴われて東郷記念病院に来た。瀬戸夏美(上野樹里)が診察すると喉が酷い炎症を起こしている。カンファレンス室で響の造影CT結果を見ながら意見を交わす医師たち。すると高山誠司(藤木直人)が湊に所見を求めた。湊は画像から下咽頭梨状窩瘻と判断。高山が正解だと告げると喜ぶ湊。しかし、夏美は高山が湊を画像診断科に転科させると言っていたことが気になっていた。

響には早急の手術が必要だったが喉の手術のため、術後に高音が出なくなることが懸念される。夏美の説明に徹郎は、歌手である響にそんなリスクのある手術は受けさせられないと反発する。
ともかく入院することになった響。それを知った倫太朗たちは大喜び。湊は倫太朗たちと響の個室に行く。だが、響は倫太朗たちに冷たい。また、湊が響を倫太朗たちの合唱に誘おうとしたと知った徹郎の怒りも買ってしまう。その後、さらに響の早急な手術を求めた湊は徹郎とぶつかってしまい、高山から転科を直接求められることになった。

引用元:http://www.fujitv.co.jp/gooddoctor/story/story_05.html

 

スポンサーリンク

グッド・ドクター5話のゲストキャストご紹介!

グッド・ドクター5話では天才ボーイソプラノ歌手、羽山響役で城桧吏(じょう かいり)くんが出演することがわかりました!

ボーイソプラノ歌手・羽山響/城桧吏(じょう かいり)

城桧吏(じょう かいり)くんといえば、第71回カンヌ国際映画祭でパルム・ドール(最高賞)を獲得した映画「万引き家族」で重要な役どころを演じて一躍時の人となった名子役です!!
どんな演技を見せてくれるか楽しみですね!

白い服が城桧吏くんです!

羽山徹郎(響の父)/三浦誠己

熱血親父徹郎!昭和の怒り親父のごとく厳しく響に指導します!
そして、湊とももちろん激突します。彼が原因で湊は小児科にいられなくなる!?

こちらの俳優さん、どこかで見覚えはありませんか?

そう!4月から放送されていたモンテ・クリスト伯で真海さん(ディーン・フジオカ)の秘書を務めていた土屋さんとして登場していました!

https://twitter.com/MONTE_CRISTO_cx/status/993804223060918272

紳士的だった土屋さんから、怒り親父に激変します!

 

▼モンテ・クリスト伯の無料動画はこちら▼

 

グッド・ドクターの5話を視聴してのあらすじ

オンエア後に更新します。

 

スポンサーリンク

グッド・ドクターの5話の感想

こちらも、オンエア後に更新します!

 

グッド・ドクターの5話Twitterの反響

twitterではどのような感想が出ているでしょうか?

放送され次第ご紹介します!

最後までお読みいただきありがとうございました!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です