グッドドクター6話あらすじネタバレ感想!湊の父が突然現れた理由は何?

グッドドクター

2018年夏の木曜ドラマ「グッド・ドクター」6話のあらすじ・ネタバレや感想やゲストキャストをご紹介します。

第6話では湊の父が突然、湊の前に現れたことによって兄の死について隠されていた重大な事実が明らかになりそうです。

いつも胸を叩いて亡き兄と会話していた湊ですが、それすらできない状況に。湊は医師をやめてしまうのでしょうか?

そんなドラマ「グッド・ドクター」6話のあらすじ・ネタバレ・感想について早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

グッド・ドクターの6話あらすじ

まずは、6話の予告をcheck☆!!

グッド・ドクター6話公式あらすじ

新堂湊(山﨑賢人)の転科は、瀬戸夏美(上野樹里)の高山誠司(藤木直人)への助言も得て無くなった。高山から当直医も任されることになった湊は、さらに活き活きと働き出す。だが、夏美は湊が心配。湊の父、航(遠山俊也)から連絡先が書かれたメモを渡して欲しいと頼まれていたからだ。湊が航から虐待を受けていたことを知る夏美は、司賀明(柄本明)に相談。すると司賀はこの件は自分に預けて欲しいとメモを預かった。

高山は医局に湊たちを集める。そこには産婦人科医の鶴田皐月(堀内敬子)が来ていた。皐月の要件は出産間近の患者、水野理香(篠原ゆき子)のこと。理香の胎児にリンパ管腫が見つかり、このままでは正常な分娩が出来ない。そのため、帝王切開の分娩時に臍帯を切り離さず血行を確保したまま胎児に処置を行うEXITという手術を、皐月は小児外科医に依頼する。だが、理香は周産期心筋症を患っているため胎児の処置は30分以内で終わらなければならない。リスクを伴う手術に間宮啓介(戸次重幸)は反対する。だが、高山は患者が望むならと請け負い、助手に夏美と湊を指名した。

湊と夏美は病室へ行き、子どもだけでも助けて欲しいという理香の強い思いを知る。湊は高山から渡されたEXITに関する大量の文献を読み漁った。だが、その帰り道、湊は航に声をかけられる。怯える湊を、会いたかったと抱きしめる航。湊は航と食事に行くことを約束する。これを知った夏美は司賀に報告して…。

引用元:http://www.fujitv.co.jp/gooddoctor/story/story_06.html

 

グッド・ドクター6話展開予想

湊を虐待していた父親が、湊に急接近してきます。

ダメ親父が大人になった子供にすり寄ってくるっちゃー、お金の無心と相場が決まっていますが、なんだか今回は様子が違うようですね。

湊が心の支えにしているお兄さんの死の真相が明らかになりそうです。

それに伴い、大きなショックを受ける湊ですが、サヴァン症候群の湊が隠されてきた真実を知るとどんな風になってしまうか心配ですね。

このままお医者さんを続けて欲しいですが、夏美先生の力で湊は持ち直せるのか?

湊と夏美に恋愛要素は入ってくるのでしょうか?この先の展開が楽しみですね!

 

グッド・ドクター6話ゲストキャストは!?

リンパ管腫が見つかった胎児と妊婦が登場します。

妊婦・水野理香を篠原ゆき子さん、妊婦を担当する産婦人科医・鶴田皐月を堀内敬子さんが演じます。

スポンサーリンク

グッド・ドクターの6話を視聴してのあらすじ

仕事にもなれ、テキパキと仕事をこなすようになった湊(山崎賢人)は周りから信頼されるようになっています。

病院に産婦人科医の鶴田皐月(堀内敬子)が小児科の協力を得たいと来ました。鶴田が連れて来た妊婦・水野理香(篠原ゆき子)は危ない状態です。

カンファレンスで治療方針が話し合われ、助手に湊が抜擢されます。

理香は流産も経験し、長い不妊治療の末、妊娠しました。

どうしてもお母さんになりたい、何かあっても子供の命を優先させてほしいと希望します。

 

手術を控え、勉強をしている湊の前に父・航(遠山俊也)が現れます。

そして航と一緒に食事に行くことになりました。

夏美(上野樹里)は航と2人で大丈夫なのかと心配します。

理香の旦那である水野悟(森岡龍)が病院を訪れます。悟はEXIT手術を反対しています。

 

湊は航と食事をするために予約していたレストランに行きます。

その頃医院長・司賀明(柄本明)は航を呼び出し、湊の前に現れた理由を問い詰めます。

結局航はレストランにはやって来ませんでした。

レストランからの帰り道湊は航を見つけます。

必死に「お父さん」と呼びながら追いかけ、「なぜ来てくれなかったのか」と問い詰めます。

航の目的はお金でした。

司賀から湊に会わないことを条件にお金をもらっていたのでした。

航は湊に「お前が人生をめちゃくちゃにした」兄が死んだのは湊のせいだとひどい言葉を浴びせ、立ち去ります。

 

湊は真実を確かめるため、司賀を訪ねます。

2人が事故にあったとき、助かる確率が高かったのは湊でした。だから湊を助けたのだと。

「僕が死んだ方がみんな幸せだ」と湊は自分を責めます。

 

次の日湊は病院に来ません。

そして理香の容態が悪化します。

手術に踏み切るか、母体を優先させるのか、悟の判断は母体優先でした。

理香は何としてでも子供を助けてほしいと希望していたため、夏美は悩みます。

相談したいから病院に来てほしいと湊に電話を入れますが…

 

湊は病院に来ましたが、「医者を辞める」と言い出しました。

兄のために1人でも子供を大人にすると医者になった湊、完全に自信をなくしていました。

夏美は湊に理香の命も赤ちゃんの命も助けたい。手伝ってほしいと訴えます。

 

湊は理香の病室へ行きます。

そこには悟がいました。

悟は理香がいない人生など考えられないと。

湊は残された者の苦しみを語り、悟によりそいます。

 

悟は手術を決断し、湊は決意します。

リスクはありますが、EXIT手術を行うことになりました。

途中危険な状態になりましたが、湊が的確な方法を見つけ出します。

手術はなんとか成功し、理香はついにお母さんになることができました。

 

そして病院の存続問題。

病院を存続させるために、病院は買収されることに。

小児外科はどうなるのでしょうか。

 

 

グッド・ドクターの6話の感想

流産、不妊治療、そして胎児の病気。

辛く苦しい戦いを続けている理香を見ると心が締め付けられました。

「みんなは当たり前のように母親になっていく」という理香のセリフを聞くと、母になれることは本当に幸せなことなのだと改めて思います。

母体か子供の命かいろんな思いが交差する6話でした。

母子ともに助かって本当に良かったですね。

悟の「産んでくれてありがとう」という言葉に涙が止まりません。

 

航の言葉は本当に残酷だと思いました。

演技とわかってはいますが、航を演じている遠山俊也さんが鬼のように見えました。

結局お金のために子供に近づくのか!許せねぇー!!

視聴者全員の敵になりましたね。

結局父との関係はこれで終わりなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

グッド・ドクターの6話Twitterの反響

twitterではどのような感想が出ているでしょうか?

https://twitter.com/miraimem/status/1030081561100603392

やはり皆さんの意見も湊の父が毒親だ!という意見と命の優先の意見が多いですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です