グッド・ドクター7話あらすじ・ネタバレ感想!病気を抱えた少女の運命!

グッドドクター

木曜夜10時から放送のドラマ「グッド・ドクター」7話のあらすじ・ネタバレやゲスト出演者を紹介します。

7話はかつて病気を抱えて卵巣を摘出した少女と婚約者が登場します。

卵巣摘出という事実を乗り越え、2人は結婚に向かいます。

その中、少女に再びトラブルが起こり…

ドラマ「グッド・ドクター」7話のあらすじ・ネタバレ・感想を見ていきましょう!

グッド・ドクター7話無料動画配信はこちら>>

スポンサードリンク

グッド・ドクターの7話あらすじ

まずは、7話の予告をcheck☆!!


7話公式あらすじ

小児外科でカンファレンスが行なわれている。新堂湊(山﨑賢人)は高山誠司(藤木直人)が質問する森下伊代(松風理咲)の肝障がいへの対処法を正確に答えた。高山は湊を伊代の担当医に任じるが、同じレジデントの中島仁(浅香航大)は面白くない。瀬戸夏美(上野樹里)は自分にもわからなかった対処法なので仕方がないと中島を慰める。

夏美を訪ねて倉田菜々子(福田麻由子)が病院に訪ねて来た。菜々子はかつて夏美が担当した患者。現在は保育師として働く菜々子は、同僚の馬渕健太郎(藤原季節)からプロポーズされたが卵巣摘出手術を受けたことを言い出せないでいた。そこで、夏美から健太郎へ話して欲しいのだ。夏美は健太郎に説明する。卵巣がひとつ残っていれば妊娠も可能だと言う説明に健太郎は、気持ちは変わらないと答えて結婚へと進むことになった。

一方、高山は東郷美智(中村ゆり)から別れを切り出された。経営者として小児外科廃止へ向かう美智は、高山とは一緒にいられないと告げる。高山もチームを必ず守ると別れを承諾。美智は司賀明(柄本明)にも病院の方針を告げた。その時、美智は院長室のゴミ箱に司賀本人の診断書を見つけてしまう。
菜々子は母の良枝(山下容莉枝)に健太郎との結婚を報告。だが、菜々子は激しい頭痛に見舞われて東郷記念病院に緊急搬送された。菜々子の担当医は本人の希望で夏美となり、伊代と同じ病室に入院する。菜々子は脳に異常はなかったが…。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/gooddoctor/

7話の展開予想

経営陣の小児外科廃止の動きが進んでいく中、高山先生と美智の破局しそうですね。

恋人同士なのに、仕事上での立場や考え方の違いで別れてしまうのはとても寂しい!

また6話の最後では司賀の病気が発覚しました!

司賀の病気を知った美智が、司賀の最後の意思を汲み取り副医院長・猪口達から小児外科存続の方向へ動くのではないでしょうか!?

いや、存続の方向に向かってほしいな!

7話ゲスト出演の注目俳優さんとは!?

7話のゲストはかつて夏美が担当した倉田菜々子と菜々子の同僚の馬渕健太郎、菜々子の母の良枝の3人です。

3人を演じる役者さんを紹介します。

福田麻由子 / 倉田菜々子役

  • 生年月日:1994年8月4日
  • 出身地:東京都
  • 身長:161cm
  • 血液型:B型
  • 所属:フラーム

藤原季節 / 馬渕健太郎役

  • 生年月日:1993年1月18日
  • 出身地:北海道札幌市
  • 身長:173cm
  • 所属:オフィス作

山下容莉枝 / 倉田良枝役

  • 生年月日:1964年9月29日
  • 出身地:神奈川県藤沢市
  • 血液型:O型
  • 所属:シスカンパニー

 

スポンサードリンク

グッド・ドクターの7話を視聴してのあらすじ

https://twitter.com/GoodDoctor2018/status/1032627470120284160

湊(山崎賢人)順調に働いていました。

高山(藤木直人)からの質問にも的確に答え、信頼を得てきています。

 

病院にかつて夏美(上野樹里)が担当していた菜々子(福田麻由子)が健太郎(藤原季節)を連れて訪ねて来ます。

菜々子と健太郎は結婚の約束をしていました。

菜々子は結婚前に自分の病気のことを健太郎に話さなければならないと夏美に頼みます。

夏美は健太郎に片方の卵巣摘出を摘出したために、妊娠しにくい体であるという事実を菜々子の病状を説明します。

健太郎はそれでも結婚の意思は変わらないと言います。

ほっとしたのもつかの間、菜々子は倒れてしまいます。

幼少期から菜々子を診ている夏美が担当することになりました。

 

検査の結果、菜々子の病状の原因が分かりました。

また腫瘍が卵巣にできていると…悪性の場合卵巣を全摘出することになります。

以前菜々子は母・倉田良枝(山下容莉枝)に自分は妊娠しにくい体だから結婚はしないと言っていました。

しかし、理解してくれる人が現れやっと幸せを掴むというところだったのに…

 

健太郎が夏美を訪ねて来ます。

本当は子供が欲しい、この気持ちのまま菜々子に会えないとモヤモヤした気持ちを夏美に打ち明けます。

 

夏美は菜々子に病気が卵巣奇形腫だったと打ち明けます。

手術しなければ、命がないということも。

 

菜々子の病状が急変します。

病状が落ち着くと夏美は健太郎に病状を説明します。

同時に、菜々子からの別れを健太郎に伝え婚約指輪を返しました。

 

湊には菜々子、健太郎の気持ちが理解できません。

司賀(柄本明)は湊に相手を思いやるからこそ辛い思いをすることもあると教えます。

 

ついに菜々子の手術が始まりました。

腫瘍部分は良性なのか、悪性なのか…

みんな祈る気持ちで検査結果を待ちます。

 

腫瘍は…悪性でした。卵巣は全摘出となりました。

 

手術後、菜々子は卵巣の全摘出を知りました。

すると返したはずの結婚指輪が自分の指にはめられていました。

健太郎は手術前からそばにいてくれていたのです。

モヤモヤしていた健太郎はなぜ、菜々子のそばにいる決意ができたのか。

湊が健太郎の元を訪れ、菜々子を治せるのは健太郎だけだと言ったのです。

2人はそれぞれの不安や思いを打ち明け合い、健太郎は改めて菜々子にプロポーズします。

 

卵巣を摘出する寸前に卵胞が見られ、それを摘出することができました。

菜々子の卵子を凍結保存することができました。

2人の未来の可能性が残りました。

スポンサードリンク

グッド・ドクターの7話の感想

グッド・ドクターは毎回心を打たれるストーリーですが、7話もグッとくるものがありました。

子供の頃の病気のせいで子供ができにくい体になった菜々子。

辛い現実を乗り越え、幸せを掴む寸前での卵巣摘出…

 

よくこんな辛い脚本書けるな!と見ながら突っ込んでしまいました。

 

結婚を誓った人が子供を産めない体だったら…健太郎の揺らぐ気持ちもリアルに描かれていました。

菜々子の手術後、返したはずの指輪が左薬指に光っていたシーンは思わず泣いてしまいましたね。

ハッピーエンドでほっとしました。

自分が本当に辛い時、心を支えてくれる人は近くにいるでしょうか?

改めて家族について考えるドラマとなりました。

 

小児外科廃止問題と司賀の病気の件は次回大きく進展するのでしょうか?

8話も楽しみです!

スポンサードリンク

グッド・ドクターの7話Twitterの反響

twitterではどのような感想が出ているでしょうか?

様々な意見があります。

自分の実体験と重ねた方もいらっしゃったみたいですね。

テーマが重いだけに、いろんな角度から見ている方が多いですが。

皆さんは何を感じられましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。