グッド・ドクター9話あらすじ・ネタバレ感想!恋する少女の運命は!?

グッドドクター

ドラマ「グッド・ドクター」9話のあらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します!

山﨑賢人さん主演のサヴァン症候群の小児外科医の物語が木曜10時から放送されています。

9月6日(木)放送の9話は湊が担当する少女・伊代の物語です。

9話は15分拡大です!

早速ドラマ「グッド・ドクター」9話のあらすじ・ネタバレ・感想をチェックしましょう!

 

スポンサーリンク

グッド・ドクターの9話あらすじ

まずは、9話の予告をcheck☆!!

9話公式あらすじ

新堂湊(山﨑賢人)は、瀬戸夏美(上野樹里)や高山誠司(藤木直人)たち小児外科チームの一員として認められてきた。 東郷記念病院の経営を立て直すために、病院を高齢者向け療養施設にする改革案が会議で可決される。小児外科と産婦人科の年内廃止も決定されてしまった。
湊が担当する森下伊代(松風理咲)が倒れた。湊は夏美とともに伊代の姉、汐里(松井愛莉)に病状を説明。伊代には小腸の移植が必要と聞いた汐里はドナーになると言う。また、汐里は湊たちに伊代には自分から説明したいと頼んだ。

高山は脳神経外科の盛岡豊(東根作寿英)から患者の滝川亮平(萩原利久)についての相談を持ちかけられる。亮平はバスケの練習中に頭を強打したことから水頭症を発症。通常なら脳内に溜まった脳脊髄液を腹腔に流す手術を行うのだが、亮平は腹膜炎の既往で腹腔に酷い癒着があるためこの方法が取れない。また、盛岡は亮平が頭を打った時に腰髄も損傷したため、水頭症が改善されても歩行が困難になることも話す。それは両親の希望で亮平には伝えていないと言う。高山は自分たちに出来ることをするだけだと、小児外科チームにまずは水頭症の治療法を見つけることを指示する。

亮平は伊代の隣の病室に移されて来る。大喜びの伊代だが、自分の症状やドナーの件は、まだ汐里から知らされていなかった。一方、夏美は担当となった亮平の病状を猪口隆之介(板尾創路)から聞かれる。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/gooddoctor/index.html

グッド・ドクター9話ストーリー展開予想!

次回の理事会で病院の改革案が可決か!?

つまり小児外科がなくなってしまう…

小児外科の様子を美智は見ていました。

美智の心は動いているはずです。

病院の改革問題は進展するのか!?

猪口副医院長がそろそろ出て来ますよ!!

グッド・ドクター9話ゲスト出演者とは?

萩原利久 / 滝川亮平役

  • 生年月日:1999年2月28日
  • 出身地:埼玉県

https://twitter.com/GoodDoctor2018/status/1034405905247363073

松風理咲 / 森下伊代役

  • 生年月日:2001年1月17日
  • 出身地:岐阜県
  • 血液型:B型
  • 趣味:ピアノ・音楽鑑賞・読書
 

スポンサーリンク

グッド・ドクターの9話を視聴してのあらすじ

伊代(松風理咲)が姉・汐里(松井愛莉)に恋の報告をしている時に伊代は倒れてしまいます。

伊代に残された道は移植が必要です。

しかし、伊代は今までの治療の影響で体内に抗体ができており拒絶反応を示す可能性があります。

汐里は伊代が助かるならと自分がドナーになると夏美(上野樹里)と湊(山﨑賢人)に申し出ます。

汐里がドナーになることはタイミングを見計らって自分から伝えたいので黙っててほしいと頼まれます。

 

脳神経外科から相談したい患者がいるという話がきます。

水頭症で、治療法がなく手足に麻痺があると…それが亮平(萩原利久)でした。

亮平は伊代の隣の隣の病室になり、伊代は大喜びです。

伊代は亮平の病室を訪ね、楽しそうに話します。

2人はお互いに自分の病状を知りません。

湊はそんな2人を見ながら思い悩むのでした。

 

副医院長の猪口(板尾創路)が亮平の様子を探りに来ました。

不可解な動きに小児外科のみんなは不信がります。

 

伊代は亮平とのことを汐里に楽しそうに話していました。

汐里が少し席を外した際に、伊代は汐里のドナーに関する書類を見てしまいます。

伊代は今まで何回も手術し、その度に苦しい思いをしてきたからもう手術はしないと怒ってしまいます。

汐里は両親が生きていたらなんと言っただろうと自信をなくし悩みます。

そんな汐里を見かねた湊が自分が説得すると、伊代への説得を試みますが伊代は怒ったままです。

湊は司賀(柄本明)に相談しアドバイスをもらいます。

そしてまた伊代を説得します。

すると伊代は過去の辛かったことを少しづつ湊に話し出しました。

手術によってついた傷が辛かったと…

汐里がドナーになると汐里にも傷がつく。

伊代のために苦労する汐里の重荷になりたくないと…

 

一方、亮平の治療方針は全く決まりません。

そんな中、亮平を別の病院に転院させたいという要望が入りました。

夏美は全く理解できません。

高山(藤木直人)は亮平の前に現れた猪口を問い詰めます。

実は猪口は亮平の父親だったのです。

 

亮平の転院の日亮平が倒れてしまいます。

その連絡は高山、夏美、湊に入ります。

湊と一緒にいた伊代も事実を知りました。

高山は猪口にも事実を伝えました。

猪口は息子を助けてほしいと高山に頭を下げます。

亮平は緊急手術となりました。

難しい手術となりましたが手術は成功しました。

しかし亮平の足は動きません。

 

伊代はふさぎこんでいました。

そんな伊代を湊はある場所に誘い出します。

そこでは亮平が車椅子でバスケの練習をしていました。

亮平は自分の足が動かないことを知っていたのです。

しかし諦めない。いつか車椅子でバスケの試合に出れたら伊代にも見にきてほしいと。

湊は伊代は汐里にとって重荷ではなく、支えだと伝えます。

亮平も2人で生きていくためにドナーになるんだと伊代を説得します。

 

そして病院の改革案は理事会で可決されてしまいます。
年内に小児外科の廃止が決定となりました。高山は決まったことを夏美に話します。
夏美はこの地域に小児外科はないと高山に詰め寄りますが、どうすることもできないのは高山も同じです。
今できることは今入院している子供を1人でも多く救うこと。
高山は夏美に手伝ってくれと頼みます。

 

猪口は高山を呼び止めます。

今回は小児外科に助けられた。

小児外科には可能性がある。息子の命を救ってくれてありがとう。

 

伊代の検査結果が出ました。

伊代は肝硬変になっておりもう移植できる状態ではありませんでした。

そんな中伊代は血を吐いて倒れてしまいます。

 

一方湊の携帯がなります。

湊が携帯に出ると、電話口で何かが落ちる音が…

湊が電話の相手のところへ向かいます。

そこでは司賀が倒れているのでした。

 

グッド・ドクターの9話の感想

伊代と汐里の姉妹愛が素晴らしかったですね。

伊代が汐里に亮平の話をする姿はとても可愛らしかったですね!

その話を聞いている汐里も嬉しそうで、とても絆が強い姉妹として描かれていました。

お互いに相手を思いすれ違うシーンは胸が苦しくなりました。

 

亮平役の萩原君も爽やかでした。

車椅子に乗りながらバスケをするシーン、好きになってしまいますねー!

伊代の気持ちがわかります!

手術後、足が動かないと叩くシーンは胸が苦しくなりました。

今まで動いていた足が、全く動かなくなる。どんな気持ちなんでしょうか…

 

次回最終回、伊代の手術成功したらいいですね。

 

スポンサーリンク

グッド・ドクターの9話Twitterの反響

twitterではどのような感想が出ているでしょうか?

湊先生が可愛いという意見がとても多かったです。

Twitterでもあるように確かに回を追うごとに、自閉症の症状がなくなっている気がします。

自閉症と子供の命という大きなテーマを扱った故に、描ききれなかったのでしょうか?

次回の最終話で湊の成長はどのように描かれるのでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です