この世界の片隅にで隣の奥さん・刈谷幸子役は伊藤沙莉!子役出身だった!

7月からスタートする「この世界の片隅に」で隣の奥さん・刈谷幸子役は伊藤沙莉さんに決定しました。

伊藤沙莉さんは子役出身の女優さんです。芸歴は長いんですね。
「この世界の片隅に」で隣の奥さん・刈谷幸子役は伊藤沙莉さんとはどんな人なのでしょうか。

伊藤沙莉さんは子役時代も含め紹介します。

 

スポンサードリンク

「この世界の片隅に」とは

まずは予告動画をcheck!!

この夏スタートする松本穂香さん主演の日曜ドラマ「この世界の片隅に」のあらすじをご紹介します。

伊藤沙莉さんが演じる刈谷幸子は主人公浦野すず(松本穂香)の嫁ぎ先である北條家の隣に住んでいます。
また、刈谷幸子はドラマのオリジナルキャラクターです。

舞台は広島県、戦争の最中を浦野すずと北條周作(松坂桃李)を中心とした家族が懸命に生きる物語です。

原作はこうの史代さんの「この世界の片隅に」、音楽は久石譲さんが担当されます。

昭和9年、少女の浦野すず(新井美羽)はお使いの途中で人攫いに捕まってしまいます。
しかしそこには少年の周作(浅川大治)が先に捕まっていました。2人は機転を利かし無事に逃げ出します。すずはこの出来事を夢のように感じます。

9年後の昭和18年、大人になったすず(松本穂香)は妹・すみ(久保田紗友)と一緒に、祖母・森田イト(宮本信子)の家で手伝いをしていました。
そこに叔母が縁談の話を持って突然訪ねてきます。
てっきり幼馴染の水原哲(村上虹郎)がその相手だと思っていたすずでしたが、縁談相手は北條周作(松坂桃李)という青年でした。

すずは浦野家に挨拶にきた周作と周作の父・円太郎(田口トモロヲ)をこっそり覗き見ますが、周作に全く見覚えがありません。
一方周作は以前すずを見たことがあると…。

刈谷幸子はドラマオリジナルキャラクターのため、未だどのように登場するかは明らかになっていません。
ドラマの展開が楽しみですね。

スポンサードリンク

 

伊藤沙莉さんとはどんな人物!?

伊藤沙莉さんはどんな人なんでしょうか。伊藤沙莉さんのプロフィールや出演作品をご紹介します。

伊藤沙莉さんのプロフィールを紹介

  • 名前:伊藤沙莉(いとうさいり)
  • 生年月日:1994年5月4日
  • 出身地:千葉県
  • 身長:151cm
  • 血液型:A型

 

伊藤沙莉さんの出演作品

伊藤沙莉さんは映画・ドラマと多方面で大活躍です。
2018年に出演される作品をまとめてみました。

映画
榎田貿易堂
blank 13
パンとバスと2度目のハツコイ
寝ても覚めても

 

 

テレビ・ドラマ
「スペシャルコント『志村けんin探偵佐平60歳』」(NHK)
「隣の家族は青く見える」(CX)
「いつまでも白い羽根」(東海テレビ・フジテレビ系)

最近毎クールドラマ出演されていますね!ハスキーボイスが個性的で可愛い!

スポンサードリンク

 

伊藤沙莉さんは子役出身!?実はベテラン女優だった!

伊藤沙莉さんの子役デビュー作とは!?

伊藤沙莉さんは2003年に放送されたドラマ「14ヶ月~妻が子供に還っていく~」のナツキ役でドラマデビューしました。
この役は、若返りの薬を飲んで子供の体になってしまった大人というとても役で、高い演技力が要求されるとても難しい役です。
ドラマの初出演が難しい役となりましたが、持ち前の演技力で役を演じ切ります。

そこから立て続けに「みんな昔はこどもだった」や「女王の教室」などの話題作に出演し、演技力を磨いていきます。

 

伊藤沙莉さんの体当たり演技がすごい!

2017年に公開された映画「獣道」では須賀健太さんとW主演で出演されました。
この映画でも体当たりの演技が話題となっています。

 

スポンサードリンク

「この世界の片隅に」に出演の伊藤沙莉さんのまとめ

「この世界の片隅に」隣の奥さん・刈谷幸子役の伊藤沙莉さんを紹介しました。

伊藤沙莉さんの最大の武器は子役時代から培った高い演技力です。
「この世界の片隅に」ではどんな体当たりの演技を見せてくれるのでしょうか。

ドラマ「この世界の片隅に」は7月スタートです。ぜひご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。