絶対零度ロボットのような刑事・板倉役は?元ミス・ワールドで9頭身の田中道子!

絶対零度

7月9日スタートのフジテレビ系月9ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」に、女優の田中道子さんがレギュラー出演することが決まりました!女優デビューしてから、わずか2年でなんと2度目の月9ドラマ出演となります。

スタイル抜群の田中道子さんのプロフィールや経歴をご紹介します!

 

スポンサーリンク

田中道子さんのプロフィール

生年月日:1989年8月24日

出身地:静岡県浜松市

血液型:O型

身長:172cm

2011年にオスカープロモーション社長からスカウトされ、芸能界入りを決意。

2013年にミス・ワールド2013の日本代表に選ばれ、2016年に女優へ転身することを発表しました。

身長172cmで9頭身という抜群のスタイルの持ち主です!とにかく足が長い!

浜松市立高等学校から静岡文化芸術大学へ進み、運動神経も良かったそうです。

バラエティー番組で自ら「才色兼備なんです」「(画面に映る自分を見て)キレイですよね」と言ったことも。天然キャラなんでしょうか。

また「食事は一日一食」と公言しており、しかもその1食はゼリーだそう。「自分でも危機感を覚えてるんですけど、食事を摂るのが面倒くさい。食事をするのが嫌い」とコメントされていました。ゼリーだけであのスタイルをキープされているなんて驚きです!

 

スポンサーリンク

田中道子さんの過去出演作品は?

2016年の女優転身発表後、「ドクターX~外科医・大門未知子~」でドラマ初出演を果たします。病院長の秘書で魔性の美女という役を、ドラマ初出演とは思えないほど堂々と演じ、悪女キャラでブレイクした菜々緒さんを脅かす存在になるのではと注目を集めました。

2017年には月9ドラマ「貴族探偵」に冬樹和泉役で出演。「不思議な遺体を見たらわくわくする」という変わったキャラクターでしたが、見事に演じていました。

https://twitter.com/kizoku_gozen/status/859694417413677056

そして現在放送中の大河ドラマ「西郷どん」に、宿屋「磯田屋」で働くタマ役で大河初出演!オファーが来たときは、「ドッキリなんじゃないか」と本人も疑うほど驚いたそうです。

田中さんの初登場後、ネットでは「びっくりするほどの美人が出てきた!」「あれは一体誰?」と反響が相次ぎました。

 

「絶対零度」板倉麻衣とは?

田中さんが演じる板倉麻衣は、主人公・井沢範人(沢村一樹)率いる未然犯罪潜入捜査班に絡んでいく無表情でロボットのような女刑事。真面目すぎるゆえに、人との距離がつかめず、コミュニケーションが苦手という役どころです。

今までとは全く違う役柄に挑戦する田中さんですが、「挑戦して良かったと思えるよう、そしてそれがきっとこれからの自分の演技の幅にもなると思いますので精いっぱいやりたいと思います」と抱負を語っていました。

田中さんの新たな一面が見られそうですね!

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」は、7月9日21時スタートです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です