黄昏流星群1話あらすじ・ネタバレ感想!エリート銀行マンの人生の折り返しが始まる

黄昏流星群

木曜10時から放送されていますドラマ「黄昏流星群」1話のあらすじやネタバレなどをご紹介します!

ついに新木曜ドラマ「黄昏流星群」が始まります!!

主演は佐々木蔵之介さん。他にも中山美穂さんや黒木瞳さんなど豪華俳優陣が登場します。

では早速ドラマ「黄昏流星群」1話のあらすじ・ネタバレ・感想を見ていきましょう!

スポンサーリンク

黄昏流星群の1話あらすじ

まずは、1話の予告をご紹介!!


1話公式あらすじ

瀧沢完治(佐々木蔵之介)は勤続28年の銀行マン。懸命に勤めた甲斐あり、若葉銀行新宿支店長にまで上り詰め、自他共に認める出世頭だった。優秀ゆえ、部下の女性から熱い視線を送られることもあるが、完治は応えない。不倫は出世の致命傷になるし、興味がなかった。

妻の真璃子(中山美穂)もその点は完治を信用し、ずっと支え続けている。働き詰めの完治と時間をあまり共有出来ない真璃子の生きがいは娘、美咲(石川 恋)。その状態がもう20年以上続き、夫婦にはそれが日常になっていた。  そんな中、真璃子は美咲から、近々恋人の日野春輝(藤井流星)を紹介したいと言われ、ショックを受ける。自分から娘を取ったら何が残るのか、そしてこれから先どうすればいいのか…。

一方、最優秀店舗賞まで獲り、すぐにでも本店への昇進かという完治にも思わぬ出来事が起こる。出向を言い渡されてしまったのだ。派閥長の不祥事の巻き添えで自分は切られた、と知った完治は、街を彷徨い場末の居酒屋でボロボロに飲み潰れる。そんな完治は目の前のグラスの氷を見て、ふとあることを思いつき…。

数日後、完治の姿はスイスにあった。真璃子には出張だと嘘をつき、一人で来てしまった。しかし、生憎の悪天候でマッターホルンには登頂はもちろん見ることも出来ない。それでも完治はマッターホルンへのロープウェイに乗る。吹雪の中、自分一人だと思っていたゴンドラに日本人女性、目黒 栞(黒木 瞳)が乗り込んできて…。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/tasogare/

1話のストーリー展開・見所予想

1話ではそれぞれに悩みや喪失感を抱えた大人が、それぞれの場所で出会っていきます。

この出会いが今後どのような大人な恋愛劇に変わっていくのでしょうか!?

藤井流星さん演じる日野が婚約者の母親である、中山美穂さん演じる真璃子に近づいていく…

ゾクゾクしますね!

1話で重要!主要キャスト紹介!

瀧沢完治 / 佐々木蔵之介

若葉銀行新宿支店の支店長。ずっと仕事一筋で、荒波の中でもコツコツと仕事をこなし、支店長まで出世します。自分の人生を見つめ直す為にスイスに旅に出ます。

 

瀧沢真璃子 / 中山美穂
完治の妻。専業主婦として夫を支えるよき妻であり、一人娘を大切に育てる母でもあります。

 

日野春輝 / 藤井流星(ジャニーズWEST)

完治の一人娘・美咲の婚約者。優秀な弁護士として働いています。

目黒栞 / 黒木 瞳
旅行中の完治が、スイスで出会うミステリアスな女性。完治と同じく1人でスイスを旅行していました。

スポンサーリンク

黄昏流星群の1話を視聴してのあらすじ

完治(佐々木蔵之介)は若葉銀行の新宿支店長。

新宿支店は完治が支店長になってから成績が良くなり、完治は上からも気に入られ、出世頭と言われています。

完治は満員電車に揺られ、辛い接待を乗り越え、苦手な人間に頭を下げ必死に働いてきました。

そして一生銀行マンとして全うすると信じていました。

完治の妻・真璃子(中山美穂)は完治をしっかり支えるよき妻です。

そして娘の美咲(石川恋)をとても大事にする母でもあります。

ある時完治は表彰のお祝いとして部下からネクタイをもらいます。

そのネクタイを見て美咲は女性が選んだネクタイだと言い当てます。

完治はなぜか動揺していまい、真璃子は不安がよぎります。

真璃子と美咲はとても仲良しで買い物も2人で一緒に。

そしてある日美咲は彼氏を紹介したいと真璃子に打ち明けます。

真璃子は嬉しいと言いながら寂しい気持ちが大きく、複雑な気持ちになりました。

ついに完治は本店の頭取室に呼び出されます。

完治は栄転を期待し、意気揚々と頭取室へ入りますが、言い渡されたのは銀行の取引会社である荻野倉庫への出向でした。

勤続28年…完治は今までの銀行マンとしての生活はなんだったのかと考え出します。

完治はやけになって入った居酒屋で、空になったロックグラスの氷を見てマッターホルンを思い出します。

そして真璃子には出張だと嘘をつき、スイスのマッターホルンまで行ってしまいます。

しかしマッターホルンは悪天候のためロープーウェイは誰もいません。

そのロープーウェイが出発するギリギリに1人の日本人女性が入ってきました。

それが栞(黒木瞳)でした。

そして偶然にも2人は同じホテルに泊まっていました。

2人は一緒に食事をします。

栞の言葉は完治の傷ついた心を溶かしていきました。

その夜完治は部屋で飲み直そうと栞を自分の部屋へ誘います。

完治は栞にキスを迫りますが、栞は拒否をし部屋を立ち去ります。

次の日の朝完治は栞を探しますが、栞はすでにホテルを出ていました。

そして約束していた場所にも現れませんでした。

会えないまま日本に帰国することになりました。

完治の勤務先から自宅への電話により、真璃子は完治が出張と嘘をつきスイスへ行っていたと知ります。

ネクタイの件もあり真璃子は浮気ではないか不安になります。

美咲は浮気なのかはっきりさせたほうがいいと真璃子に強く言います。

完治が帰国するなり真璃子と美咲は出張でスイスに行っていたという嘘を問い詰めます。

完治は嘘をついていたことを謝り、1人で山を見たくなったから行っていたと言い訳をします。

真璃子は何かあったのかと心配しますが、完治は最後まで出向のことを2人に言い出せませんでした。

なんとも言えない重い空気が家の中に流れます。

完治は出向先である荻野倉庫へ向かいます。

そして荻野倉庫の食堂に立ち寄ります。

そこで出会ったのはまさかの栞だったのです。

一方、真璃子は庭で花を手入れしていると指を切ってしまいます。

そこに現れたのはある青年でした。

青年は「大丈夫ですか?」と笑顔で真璃子の怪我を手当てするのでした。

黄昏流星群の1話の感想

マッターホルンでの運命的な出会い!!

この展開、ザ・ドラマ!!と思わず突っ込んでしまいました!

それでも見てしまうのは、そんな運命的な出会いに憧れてるからなんでしょうか?

1話終了間際に登場した藤井流星さん、衝撃を残してくれました!

あのイケメン具合、マダムキラーですね!

爽やかさあり、怪しさありで2話もとても楽しみになりました。

スポンサーリンク

黄昏流星群の1話Twitterの反響

Twitterではどんな反響が出ているでしょう?

https://twitter.com/06240302/status/1050388159492542466

やはり不倫ドラマには反対意見も多いようですね。

Twitterでもあったように佐々木蔵之介さんだからキスを迫られてもOKですが、本当なら犯罪ですね。

ぜひ2話でも日本中に夢見るおばちゃんを増やして欲しいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です