黄昏流星群2話あらすじ・ネタバレ感想!加速する危険な恋!

黄昏流星群

木曜10時から放送されていますドラマ「黄昏流星群」2話のあらすじやネタバレなどをご紹介します!

1話では2組が運命の出会いを果たしました!

佐々木蔵之介さん演じる完治と黒木瞳さん演じる栞の恋が始まります。

では早速ドラマ「黄昏流星群」2話のあらすじ・ネタバレ・感想を見ていきましょう!

スポンサーリンク

黄昏流星群の2話あらすじ

まずは2話の予告や公式あらすじをチェックしてみましょう!

2話予告

2話公式あらすじ

瀧沢完治(佐々木蔵之介)はスイスで出会った女性、目黒 栞(黒木 瞳)のことが忘れられずにいた。そんな時、出向先の荻野倉庫の食堂で働く栞と偶然再会。完治を見つけた途端に逃げ出す栞を引き止め、「会いたかったです」と思わず口にしてしまう。既婚者である完治の言動に戸惑いを隠せない栞だったが、スイスで飛ばされた傘の代わりを買ったから送りたいと言われ、母が入居している施設の住所を書いたメモを渡した。

一方、真璃子(中山美穂)は完治の浮気疑惑への憤りを抑えきれずにいた。そんな中、娘の恋人、日野春輝(藤井流星)と鮮烈な出会いを果たす。美咲と完治に会う約束で自宅を訪れた春輝に、真璃子は庭の手入れ中に怪我をした指の手当をしてもらったのだ。娘の恋人だと知りながらも、冷静で心優しい春輝に惹かれてしまう自分に呆れる真璃子。その後、完治は仕事を理由に帰宅せず、春輝はまた出直すと瀧沢家をあとにした。美咲は仕事のことしか頭にない完治に怒り心頭、瀧沢家の中に溝が生まれ始める。

完治は正式に荻野倉庫への出向内示を受けたものの、真璃子と美咲には言えずにいた。思いに沈みながら、私物を整理していた完治に栞から電話が入る。傘のお礼を直接会って話したいと言われ舞い上がる完治。嬉しそうに電話する完治を、部下の篠田薫(本仮屋ユイカ)が見ていて…。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/tasogare/

2話のストーリー展開・見所予想

1話の最後で完治と栞が運命的に再会しました。

2話では2人の関係がぐっと進むのではないでしょうか!?

1話で完治の部下である篠田薫(本仮屋ユイカ)が完治のことをずっと見ていただけにキーパーソンになりそうな予感がします。

美咲の恋人である日野春輝(藤井流星)の出番が予想以上に少なかったですね。

2話でもっと出てくることを期待します。

2話で重要!キーパーソンになりそうなキャストを紹介!

1話で小悪魔な演技が光りました。

今後の物語でキーパーソンになるかもしれません。

篠田 薫 / 本仮屋ユイカ

完治の秘書。

完治に恋心を抱いている。完治を誘うが、あまり相手にされていない。

スポンサーリンク

黄昏流星群の2話を視聴してのあらすじ

栞(黒木瞳)との運命的な再会を果たした完治(佐々木蔵之介)は栞をお茶に誘います。

抵抗する栞に、飛ばされた傘を返すからと栞の母が入居している介護施設の住所を聞き出します。

 

一方、真璃子(中山美穂)は庭の手入れをしているときに指を怪我してしまいます。

大丈夫ですかと声をかけられふとトキめいた相手は、娘・美咲(石川恋)の婚約者である日野(藤井流星)でした。

美咲が日野を紹介するために家に招いていたのです。

しかし、そんな大事な約束を完治は忘れていました。

そんな完治に美咲は激怒し、日野は改めると帰って行きました。

日野は帰り際、真璃子をじっと見つめるのです。

完治は家に帰るなり、美咲の彼氏のことを真璃子に根掘り葉掘り聞きます。

2人の出会いが合コンだと知ると、文句ばかり言います。

真璃子は文句を言うなら会えばいいのにと呆れてしまいます。

 

そして、栞の母の施設に完治からの傘が届きました。

それを見た栞は男性からの贈り物は何年ぶりだろうとときめくのでした。

 

完治は支店長室で出向に向けて荷物の整理をしていました。

そこに栞から傘のお礼にと電話がかかってきました。

完治は飛び上がるほど喜びます。

そして栞は直接会ってお礼がしたいと完治を誘います。

 

完治は新宿支店の最終日を迎えます。

その朝完治は真璃子に話したいことがあると言い家を出ました。

完治が出勤してから、自宅に完治宛の荷物が届きます。

真璃子が玄関から運んでいた時に荷物の底が抜け、中身が散らばってしまいます。

そこには「お世話になりました」とメッセージの書かれたプレゼントが入っていました。

 

完治と栞は2人で食事に行きました。

そしてお互いに完治は銀行をやめたこと、栞は独身で母を介護していることを告白しました。

栞自身も親の介護に人生の半分以上を費やし、自分の人生なんだったんだろうと思い悩んでスイスに行っていたのです。

そして2人の距離は縮まっていきます。

 

真璃子は完治の浮気の疑惑を拭きれず、プレゼントを開けます。

プレゼントはネクタイピンでした。

この前もらってきたネクタイのこともあり、疑惑は深まる一方でした。

 

完治と真璃子は共通の知り合いのパテシエのレセプションパーティーに出席します。

そこで完治は真璃子に出向のことを話そうとしますが、真璃子に先にネクタイピンのことを問い詰められてしまいます。

それは何もないと言い訳する完治に真璃子は怒り心頭で、友達の家に泊まると完治の話も聞かず、自宅にも戻りませんでした。

 

完治は荻野倉庫へ初めて出勤しました。

しかし、周りの目は冷たく誰にも相手されません。

 

自宅に戻った真璃子は完治が使い、流しに置いたままになっていた食器を洗いながら日野のことを思い出していました。

ふとテーブルを見ると完治が携帯を忘れていました。

真璃子は届けようと銀行へ向かいます。

そこで初めて完治の出向のことを聞くのでした。

黄昏流星群の2話の感想

完治と栞の距離が近づき、真璃子と日野もついに出会いました。

しかしまだ不倫というようなシーンはなく、個人的にはもどかしさを感じます。

不倫ドラマとして見るのではなく、人生を見つめ直すドラマとして見るべきなのか?

それも違うような??

今後ドラマが大きく動くびっくりするような展開を期待します。

スポンサーリンク

黄昏流星群の2話Twitterの反響

Twitterではどんな反響が出ているでしょう?

様々な意見が出ていますね。

その中でも多いのは藤井流星さんにやられている世の女性が多いことですね!

ただ都合よく底が抜けるダンボールや不自然なCGなど、演出や脚本に荒さが目立っているようですね。

さて、3話はどうなるでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です