ゼロ一攫千金ゲーム9話原作ネタバレ!ブレークダウンのルールはジャックルームと同じ?

ゼロ一攫千金ゲーム

加藤シゲアキさん主演「ゼロ一攫千金ゲーム」第9話(9月9日放送)

零(加藤シゲアキ)と標(佐藤龍我)が一対一の心理戦「ブレークダウン」に挑みます。

原作には「ブレークダウン」というゲームは登場しませんが、原作にある「ジャックルーム」とルールなどがそっくりのようです。

「ジャックルーム」のルールやネタバレをご紹介します!

ゼロ一獲千金ゲームの動画無料視聴はこちら>>

スポンサードリンク

「ジャックルーム」とは?

原作漫画の「ジャックルーム」では、零ひとりで挑戦します。

零が「ジャックルーム」に入ると、指を切られた男が「ぎゃああー」と悲鳴をあげていました。

その横には左半分だけ零の方へ向けて座っている男がいて、「指を賭け、彼は失い、わしは勝った」と言いました。

棚にはホルマリン漬けされた指の入ったボトルがたくさん並んでいます。

全て男のコレクションで、男の名前は「指切りジャック」

零がジャックの指を見ると、右手の小指が1本ありませんでした。

「人生でたった一度しか負けていない」「真実を見抜く神の目を持っとるからの」とジャックは笑いました。

「なぜ半身なんだ、こっちを向けよ」と零が言うと、正面が苦手だとジャックは言います。よく見てみると、ジャックの右半分の顔はつぶれていて、髪の毛で隠していました。

「ガキの頃ちょっとあっての・・・」と言うジャックに、零は「すまない」と謝りました。

スポンサードリンク

「ジャックルーム」のルールは?

ジャックルームは、完全クリアするとリングを2個、少しでも減点があれば暫定クリアでリングを1個獲得となります。敗北の代償は自分の手の指1本。

挑戦者・零と部屋の主・指切りジャックには、指入れ台、冷凍庫で冷やされた12枚の鉄板、ノミが渡されます。

ルーレットで攻撃と守備を決め、守備側は台に指を入れ、攻撃側に狙われそうな指を守ります。

攻撃側はガードされていない指を見抜いて、ノミを突きます。

ガードされていない指を突ければ攻撃側の勝ち。指は切断され、切断した相手のコレクションとなります。

鉄板を突いたら失敗となり、攻守入れ替わります。

ルーレットによる攻守の順番決めは1回ごとに行われ、勝敗がつくまで最大で3回くりかえします。

守る指は3回で計15本ですが、鉄板は12枚。つまり3本の指は守れないということです。

この守れない3本を3回戦の間にどう分配するのかが、重要になります。

恐ろしい指切りギャンブル。勝負の結果はどうなるのでしょうか?

スポンサードリンク

「ジャックルーム」ネタバレ

1回戦

ルーレットの結果、先行はジャック。

零は指入れ台に指を入れ、鉄板4枚を使用(親指・人差し指・中指・小指をガード)。

ガードしていない薬指を突かれれば”負け”、指は切り落とされてしまいます。

「中指か?薬指か?」と言うジャック。

零は内心焦ります。

その瞬間「もらった!」とジャックはノミを振り上げましたが、零の薬指3センチ上で寸止めにしました。ジャックは零の反応を見ていたのです。

零はポーカーフェイスで、このピンチをなんとか乗り切りました。

その後ジャックが他の指に狙いを変えても、一切表情を変えない零。ジャックは零の中指を選び、失敗します。

攻守交替です。

零は指切りという悪趣味に付き合うつもりはなく、ただゲームに勝ちたいだけなので、ノミの持ち手側(柄)をジャックの指にあてました。

「甘ったるいことを!貴様みたいな半端者は虫唾が走る!」とジャックは怒ります。

零の狙った指はハズレでした。ジャックは5枚の板を使って、全ての指をガードしていたからです。

「5本ガードすれば100%安心。でもその分次からの勝負にツケが回る」

零は次戦をどう戦うか考えます。

2回戦

2回戦は零が先攻になりました。

ジャックはまたしても5枚の板を使い、全ての指をカードしました。

後攻はジャック。

「裸指を魔王の力、眼力で見抜いてやるぞー」と言いながら、零の反応をうかがいますが、零はまったく表情を変えません。

しかしジャックは顔の右半分に埋め込んだ赤外線カメラで、零の裸指が人差し指だとわかっていました。そして人差し指にノミを振り落としますが、人差し指はガードされていました。

「確かに人差し指は裸だったのに」とジャックは驚きます。

すると突然零はジャックに頭突きをして、髪の毛で隠れているジャックの右目を出し、

「サーモグラフィー、赤外線カメラでの透視!いかさまだ!」と叫びます。

そしてジャックの手を触ってみると、ジャックの左手の指は全て義指でした。

攻守ともにいかさまだったと見抜いた零に、黒服は「素晴らしい」と拍手。

ジャックルームの完全クリアとは

ジャックルームは、ペテン(仕掛け)を見抜けるかどうかを試す試練だったのです。

黒服は零に、いつこの仕掛けがわかったかと問いました。

零は「道具一式を冷凍庫から持ってきたのは、サーモグラフィーの効果を高めるため。

ジャックが相手の顔を凝視していたのは、表情を読むためではなく、目をつぶったり反らした隙に、右目の赤外線カメラで裸指を確認するのが目的だった」と答えました。

相手に先に裸指を当てられないように、鉄板を5枚使い指を守り、2回の攻撃で確実に指切りするのがジャックのやり方でした。

「あの時確かに人差し指は裸だったのに、どうして鉄板があったんだ」とジャックは零に尋ねます。

「それは俺が鉄板を縦に使っていたから。指を少し上げて指入れの側面に鉄板を押し付けていた。後は振り下ろされる瞬間に、押さえていた指を下す。立てていた鉄板は指にもたれかかってくる。そこにやや上から振り下ろされるノミが来れば、指はガードされる」

さすが零ですね!すぐに相手のいかさまに気づき、逆に相手を騙したのです。

しかし零が獲得できたのは、リング1個。完全クリアには勝負前にジャックの顔や指を触りいかさまを見抜き、戦わずして勝つことが必要でした。

優しい零はジャックのつぶれた顔について触れるのは失礼と思ってしまい、顔や指に触れませんでした。

そんな零を黒服は「大甘だ」と罵るのでした。

スポンサードリンク

ゼロ一攫千金ゲーム9話「ブレークダウン」

ゼロ一攫千金ゲーム9話では、零と標が1対1の心理戦「ブレークダウン」を戦います。

それぞれの前にはリングの入った4つの箱。相手の箱の中から鉄板で守られていない1つを見破り、ハンマーで叩き割れば勝利。3回勝負で守りに使える鉄板の数は限られているため、駆け引きが必要なゲームです。

ジャックルームの指がリング、ミノがハンマーに代わっていますが、ルールは同じですね。

零と標、二人の壮絶な頭脳戦の行くへはどうなるのでしょうか?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。