ゼロ一攫千金ゲーム8話のあらすじネタバレ感想!皆殺しの魔女の館脱落者は?

ゼロ一攫千金ゲーム

2018年夏のドラマ「ゼロ一攫千金ゲーム」8話のあらすじ・ネタバレや感想をご紹介します。

世にも恐ろしい魔女の館から零たちは生きて帰れるか?脱落者は?

そんなドラマ「ゼロ一攫千金ゲーム」8話のあらすじ・ネタバレ・感想について早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

ゼロ一攫千金ゲームの8話あらすじ

ゼロ一攫千金ゲーム8話公式あらすじ

ゼロ(加藤シゲアキ)のリングは2つになった。あと2つ…。そんな時、ゼロについて行けば確実にリングが獲れるからと、末崎(ケンドーコバヤシ)が、21人参加のゲーム「魔女の館」の挑戦者を勝手に集めてしまった。そんな他人任せの挑戦者達にゼロは不安を覚える。

「ケケケケケ…ようこそ魔女の館へ」
兵士が壁に描かれた部屋。その中央に立つ魔女像が、耳障りな高笑いと共に、峰子(小池栄子)の声で話し出す。
「捕らわれの21人が、生きて出る方法はただひとつ。この部屋にかけられた魔女の呪いを解くこと」
そのためには部屋に隠された「見えない数字」を解く必要があった。
数式の計算には全員の協力が必要。しかしついて行けない挑戦者はゼロを信用出来ずに反乱を起こす。

「うわあああ!」突然壁から無数の槍が飛び出し、ひとりの挑戦者の腹を刺した。
時間内に正解しなければ、全員串刺し―。槍の壁がじわじわと接近する中、間一髪でゼロが答えを送信するが…。
「馬鹿な!?」目に飛び込んできたのは『不正解』の文字。
「騙された!」「リーダー失格!」暴徒化した挑戦者が一斉にゼロを攻撃し始める。

引用元:http://www.ntv.co.jp/0/story/

 

スポンサーリンク

ゼロ一攫千金ゲームの8話を視聴してのあらすじ・感想

オンエア後に更新します。

 

 

ゼロ一攫千金ゲームの8話Twitterの反響

twitterではどのような感想が出ているでしょうか?

オンエア後に更新します。

最後までお読みいただきありがとうございました!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です