ゼロ一攫千金ゲーム7話ネタバレ感想!城山小太郎の過去に隠された秘密は?手越版との違いも!

ゼロ一攫千金ゲーム

ドラマ「ゼロ一獲千金ゲーム」でザ・アンカーの司会者・城山小太郎(しろやま・こたろう)の過去に隠された秘密は?
漫画版の城山小太郎と、実写ドラマで手越祐也さんが演じる城山小太郎の違いとともにご紹介します!

漫画版の城山小太郎を見るとルックス違いすぎるだろ!!とツッコミを入れたくてたまらなくなりますよね!!ネタバレ感想!をご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

漫画版の城山小太郎と、手越実写版の違い

漫画版・城山小太郎の髪とかどうなってるの?

って思いますよね!笑

漫画のネタバレを言うと、漢字の城を逆にした文字が剃り込み編み込みされているんです。

実は、この逆さの城は、小太郎の過去に大きく関係しているんです。

 

スポンサーリンク

ネタバレ・城山小太郎はいじめられっ子のパシリ

小太郎は仲間を守ろうとする零に常軌を逸した拒絶反応を示していますね。

これはなぜでしょうか?実は、学生時代からずっと小太郎がいじめられていて不良のパシリだったんです。

城山小太郎(しろやま・こたろう)の城を逆さにして、こたろうの間に挟むと

こ+ろし+たろう

になります!

自分をいじめていた奴らを殺したろう!と言う思いでそんな髪型にしたんです。

ドラマでは、脇腹に彫った(焼き印を押した)という設定になっていましたね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です