絶対零度3の10話!あらすじ・ネタバレ感想!井沢は再び人を殺す!?衝撃の真実とは!?

絶対零度

ドラマ「絶対零度3」10話のあらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します!

とうとう最終回を迎えるドラマ「絶対零度3」

桜木泉の登場と井沢に突き付けられた真実、

そして井沢は一線を超えてしまうのか!?

衝撃のラストを迎える「絶対零度3」!

ネタバレを含んだあらすじと感想、SNSでの皆さんの反応をご紹介したいと思います!

9話のおさらいをしたい方はこちら↓↓

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~の9話動画を無料視聴する方法!(9月3日放送)pandoraでも見れる?

絶対零度3、9話あらすじ・ネタバレ感想!桜木泉(上戸彩)は生きていた!彼女の計画とは!?

 

 

スポンサーリンク

絶対零度3の10話あらすじ

まずは、10話の予告をcheck☆!!

井沢さんのサイコパスな表情とても怖いですね・・・

10話公式あらすじ

井沢(沢村一樹)は、誘拐ビジネスを手がける犯行グループに拉致された山内(横山裕)の救出に向かう。

するとそこに、ベトナムで死んだはずの桜木泉(上戸彩)の姿があった。

桜木はすでに犯人たちを倒して拘束していたが、何故か井沢に銃を向ける。「あなたは、ミハンに組み込まれた人間?」。

桜木は憎しみの眼差しで井沢にそう告げると、現場から立ち去る。

井沢は、桜木がミハンを知っていたこと、彼女の上司だった長嶋(北大路欣也)が資料課を探っていたことに触れ、何か知っているのか、と東堂(伊藤淳史)に尋ねる。

すると東堂は、新たな危険人物を表示する――それは、「桜木泉」。

死んだと偽装し、日本に潜伏する彼女は、いったい誰を殺そうとしているのか!?

桜木泉を捜査することになったミハンチーム。すべての発端はベトナムにある。

ベトナムへと向かった井沢と山内は、桜木の事件を担当した元刑事のグエン(フォンチー)に接触する。

捜査していく中で、桜木は、証券会社社員の谷口正博(斉藤佑介)を追っていたことがわかる。

谷口は、日本からベトナムに赴任した同社の支店長とその娘・由紀子(桜井ユキ)を爆発物を使って殺そうとしていた。

谷口を射殺してそれを食い止めたのが、井沢の妻の元同僚だった刑事・赤川武志(須田邦裕)だった。

だが事件後、赤川はホテルの屋上から転落死し、その翌日、桜木も失踪していた。――謎が深まる中、ミハンと桜木の意外な繋がりが浮かび上がってきて……。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/story/index.html

 

スポンサーリンク

SNSでの最終回みんなの気になるポイント!!

https://twitter.com/ylQqwDZ4N94CHkb/status/1036600828470091776

https://twitter.com/toru_samaru/status/1036599114136313856

ミハンは犯罪を未然に防ぐ正義のシステムかと思われていますが、

その真実はどうなのか気になりますね。

そして、本当の黒幕、井沢が殺人を犯してしまうのか皆さん気になっているようです!

絶対零度3の10話を視聴してのあらすじ

拉致され暴行を受ける山内(横山裕)の元に現れた桜木泉(上戸彩)

駆けつけた井沢(沢村一樹)とも対面し、

 

井沢に対し、「ミハンに組み込まれた人間?」と言い残してその場を去る。

 

そして今回ミハンシステムが危険人物と判断したのは桜木泉だった。

 

井沢と山内はベトナムへ向かって、桜木泉の死亡の偽装に関わったグエンという元刑事と接触。

 

井沢の元同僚、赤川が転落死した翌日に桜木泉は失踪し、

1年後 “罪を犯してまでやらなければならない事” のために桜木泉は再び動き出した。

 

桜木泉の過去、ベトナムでは朝日証券に勤める谷口正博が婚約者とその父親、

相馬かずひさを殺そうとしていた事件を、桜木泉と赤川が捜査していた。

 

この操作はミハンシステムによるものだった。

桜木泉はかつて責任者の東堂(伊藤淳史)と、赤川とミハン捜査に関わっていたのだ。

 

そして赤川が犯行を犯す前に谷口を射殺。

しかしこの事件は何者かが谷口を犯人に仕立て上げるために仕組まれた冤罪事件だった。

 

ミハンシステム導入後、初めのケースで冤罪事件が起こってしまったのだ。

 

赤川は無実の人間を殺してしまった罪に対し、すべて公表すると東堂に言い

事実の隠ぺいのため、事故に見せかけて殺された。

さらに赤川は死亡する前に、警察の罪を暴く元監察官だった井沢の妻に

事実の公表の件を頼ったが、その結果、娘とともに殺されてしまった。

 

ミハンシステムの成功のため何人もの犠牲を払い、

その殺人を実行していたのが宇佐美だった。

東堂は井沢に、自分を殺す権利があると銃を差し出すが、
東堂の心の痛みを知っているから殺せるわけがないという。

 

そして、東堂の背後には警察庁次長の町田ひろたかがいた。

ミハンシステムが成功すれば、町田は長官に出世できるため、

 

宇佐美を使って、隠ぺいの指示をしていたのは町田だった。

 

全てを知られてしまった東堂は真実を明らかにしようとしたものの

口封じのために刺されてしまう。

 

怒りに任せて井沢は警察庁へと向かう。

井沢は、町田と部屋に引きこもり銃を複数回発砲。

 

しかし、ミハンチームのみんなの声が届き、すべての銃弾は壁に打ち込まれた。

 

そして世間に事実が公表され、宇佐美、一命を取り留めた東堂、町田は逮捕された。

 

ミハンシステムのテストケースは続けれるが決定。

井沢はミハンシステムは使う人間によって、光にも闇にもなる、

だからこそ、使う側にいたいと東堂に話した。

 

そんな中、井沢にミハンシステムが新な危険人物をはじき出したと報告が入り、

井沢は捜査に向かうのだった・・・

 

スポンサーリンク

絶対零度3の10話の感想

色々な事実が一気に明らかになり一瞬たりとも目の離せない内容でした。

 

井沢さんの奥さんと娘さんが殺された事実が予想以上に残酷でしたね。

ミハンになんか全く関わっていない時代に、赤川さんに頼られた、

それだけで娘もろとも殺され、その後に何も知らない井沢さんはミハンの捜査につかされるなんて・・・

 

さらに予想していた方もいらっしゃったと思いますが、東堂さんも黒幕でしたね。

私も実はそんな感じがしていました。

 

しかし桜木泉がすでにミハンシステムによる捜査を行っていたのは予想外でしたね!

 

死亡を偽装し捜査を続けていたわけですが、

上戸彩さんが主役を務めていたころの桜木泉とは若干キャラが違うような気もします。

失踪中に色々覚悟を決めて法まで犯す方法を選んだので、仕方ないのでしょうか。

 

個人的には、ラストはなんだか盛沢山すぎて大変だったのですが、

事実は全てはっきりしたので良かったです。

 

一つ疑問が残るのは、あんなに問題起こしたミハンシステムがなぜ続行できるのか!?

なんですが。

 

ひょっとして、映画化でもするのでしょうか?

 

そうなるときっとたくさんいる絶対零度ロスの方はうれしいですね!!

 

絶対零度3の10話Twitterの反響

twitterではどのような感想が出ているでしょうか?

 

町田に銃を向けるシーンは本当に息をのむほど圧巻の演技でしたね。

心の内からこみ上げてくる怒りというのが本当に伝わってきました。

私と同じ意見の方いらっしゃいました!

人は変わるものですが、桜木泉の口から出た言葉とは思えないですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です