絶対零度シーズン3の4話あらすじ・ネタバレ感想!本田翼のアクションすごすぎ!

絶対零度

ドラマ「絶対零度シーズン3」4話のあらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します!

少しずつミハンチームのそれぞれの秘密も明かされつつある絶対零度シーズン3!

お天道様の存在も気になるところですし、SNSでの反響をうけて、本田翼さんのアクションシーンが追加されたようです!

今回もネタバレを含む絶対零度シーズン3のあらすじと実際に見た感想をご紹介します!

絶対零度3の無料動画配信はこちら!>>

スポンサードリンク

絶対零度シーズン3の4話あらすじ

まずは、4話の予告をcheck☆!!

基本的にいつも潜入捜査を担当するのは、小田切さん(本田翼)なんですね。いつも危険な目にあっていますが、今回は銀行強盗に遭遇します。今回も本田翼さんのアクションシーンが見れそうですね!

4話公式あらすじ

井沢(沢村一樹)たちは、「ミハン」がリストアップした危険人物・佐伯卓郎(小野了)の捜査を始める。
佐伯はわかば銀行勤続36年。妻に先立たれてからはアパートでひとり暮らしをしており、毎朝決まった電車で出勤し、定時に真っ直ぐ家に帰る、殺人とは無縁そうな真面目な男だ。

だがこの1年の間に多額の出金記録があり、預金残高はわずか。また前夜は、仕事終わりに西麻布の会員制バーに立ち寄っていた。小田切(本田翼)は、行員としてわかば銀行に潜入。

そこに、客を装って田村(平田満)もやってくる。その際、意外な事実が判明した。なんと佐伯は、田村の小学校時代の同級生だった。
そのとき、行内に銃声が鳴り響き、2人組の強盗が現れる。

防犯カメラや通報ボタンの位置を熟知し、テキパキと金を詰め込んでいく強盗たち。しかし、ほどなく警察が駆けつける。外の車で待機していた共犯者が逃走。強盗犯は、小田切らを人質に行内に立てこもる。

山内(横山裕)南(柄本時生)が予期せぬ事態に緊迫する中、監視カメラで佐伯の動きを注視していた井沢は、彼が強盗犯とアイコンタクトをとっていたことに気づく。
「佐伯は強盗が入ることを知っていた――」 危険人物である佐伯が、もし強盗を手引きしているとしたら、彼はいったい何をしようとしているのか!?
山内は、犯行グループの情報を捜査一課に渡すよう進言。しかし東堂(伊藤淳史)はそれを拒否し……。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/story/index.html

スポンサードリンク

絶対零度シーズン3の4話を視聴してのあらすじ

犯罪予測システム「ミハン」が次に殺人を犯す危険人物と判断したのは、わかば銀行に勤める佐伯卓郎(小野了)だった。

定時上がり、趣味もなく、妻に先立たれ一人住まいの佐伯。

とても殺人を明かすような人物には見えない佐伯だったが、預貯金が全くないことに違和感を覚えたミハンチーム。

 

小田切(本田翼)は銀行員として、佐伯の勤めるわかば銀行に潜入。

そこへ客に扮した田村(平田満)が現れ、顔合わせた田村と佐伯はお互いに同級生だったことに気づく。

 

その時、わかば銀行に強盗が押し入り、佐伯が人質に取られてしまった。

金庫を開けるように指示されたが、エラーがはっせ金庫が発生し開かなかった。

 

そこへパトカーが到着。

そのあまりにも早すぎる到着に驚き、佐伯と強盗犯がアイコンタクトをとったことを井沢(沢村一樹)は見逃さなかった。

佐伯と強盗犯が繋がってた。

 

捜査一課が銀行の外から銀行犯と交渉を始めるが、中の様子が分からない為難航する。

山内(横山裕)が一課への情報提供を提案するが、ミハンチームの捜査は極秘任務のため、

捜査一課に情報を渡すことを東堂(伊藤淳史)は頑なに拒否。

 

山内は佐伯の自宅へ侵入し、そこで闇金の返済証明書が見つける。

しかしの借主は強盗犯の1人である立石悠馬だった。佐伯は立石の借金を肩代わりしていたのだ。

 

田村はロッカーに隠れていたが、佐伯に見つかってしまう。

 

そこで佐伯は田村と同じく同級生だった岡本修二を殺したと告白。

岡本が経営している工場の融資を打ち切ったのが佐伯であり、それが原因で岡本は自殺したというのだ。

 

そして岡本の娘、由梨が強盗犯の企みによって銀行に居合わせた。

由梨の母親は再婚し、由梨自身も来月に結婚を控えていた。

 

話し終えた後、田村は佐伯に襲われ気絶してしまう。

さらに強盗犯に歯向かった小田切が強盗犯に拘束されてしまう。

 

人質解放の条件に銀行のロックが解除され金庫の中で佐伯は立石に銃を向けた。

 

佐伯は由梨の為に立石を殺害するに銀行強盗を計画したのだった。

そこへ強盗犯の格好をした井沢が到着し、佐伯から銃を取り上げ、立石を気絶させ事なきを得た。

 

一方銀行の待合で手を縛られたままの小田切が強盗犯を撃退し、無事に目を覚ました田村も合流した。

 

岡本は経営している工場の資金を盗んだ大島を争った拍子に殺してしまったのだ。

佐伯は由梨の為に大島の罪を隠そうとしたが、罪の意識に耐えれなくなった大島は自殺してしまった。

 

由梨の為に自殺の理由を隠し続けた佐伯だったが、立石に知られてしまい殺人を計画したというのが事実だった。

 

事件解決後、東堂より、井沢自身がミハンシステムに危険人物として判断された過去があると知らされた山内。

妻と娘を殺した犯人を殺そうとしたが未遂に終わっていた。

 

そこで東堂は井沢からまだ殺害の意思がまだ完全に消えていないという言い、井沢から目を離すなと山内に指示したのだった・・・。

スポンサードリンク

絶対零度シーズン3の4話の感想

今回もありました、本田翼さんのアクションシーン!

今回は腕が拘束されたままのアクションでかなり爽快でしたね!

SNSで本田翼さんのアクションシーンが話題になり急遽追加されたらしいですよ!

 

そしてお天道さまの出番はなし!桜木泉の事件に関しても何の進展はなかったですね。不思議とお天道様の登場を期待していたのでちょっぴり残念です。

井沢さんの過去には新しい情報がありました、犯人殺したものだと思ってましたが、未遂でした。

てことは今後、犯人と井沢さんとの接触がある可能性大です!

そして東堂さんの首の後ろに傷を発見しました!直観ですがあの傷は東堂さんの傷になにか関係がありそうですね。

スポンサードリンク

絶対零度シーズン3の4話Twitterの反響

twitterではどのような感想が出ているでしょうか?

https://twitter.com/3210_tsu/status/1023911169197625344

アクションシーンの後のこの笑顔!今後も見れることに期待しましょう!

そして今回が出番少なかったですが横山裕さんに関する投稿も相変わらず多かったです!

そしてSNSへの投稿が多かったのは次話に出演することが決まっている道枝駿佑さんに関することでした!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。