絶対零度3の5話あらすじ・ネタバレ感想ゲスト!直樹役の道枝駿佑がイケメンすぎる!

絶対零度

ドラマ「絶対零度3」5話のあらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します!

10代の犯罪にミハンチームはどう立ち向かっていくのでしょうか?

そして関西ジャニーズJr.の道枝駿佑さんと横山裕さんが共演するということで

ジャニーズファンの間ではかなり話題になっています!

今回も実際に見た感想とネタバレを含むあらすじ、SNSでの皆さんの反応をご紹介します!

 

スポンサーリンク

絶対零度3の5話あらすじ

まずは、絶対零度5話の予告をcheck☆!!

今回は10代の犯罪という難しい問題がテーマですね!ついに東堂さんの過去が明らかになるのでしょうか?

5話公式あらすじ

井沢(沢村一樹)たちの前にやってきた東堂(伊藤淳史)は、ミハンシステムがリストアップした新たな危険人物が17歳の高校生であることを告げる。私立青葉中央高校2年の岡崎直樹(道枝駿佑)だ。

直樹は、成績はトップクラス、バスケットボール部のエースで、父親は文科省の次期事務次官候補と言われている岡崎治(吉満寛人)というエリートだ。が、世田谷区で動物殺傷事件が相次ぎ、防犯カメラの映像から直樹に疑いがかかっていた。

東堂は、動物への虐待や殺傷は殺人事件を起こす予兆であるとして、過去の犯罪事例を提示する。そこには、25年前に起きた練馬台無差別殺傷事件も上がっていた。

山内(横山裕)は、バスケ部の外部指導員として青葉中央高校に潜入する。実はこのバスケ部では、指導員が次々と辞めていた。一方、小田切(本田翼)田村(平田満)は、制服警官になりすまし、岡崎家周辺の住人から情報を集めようとする。

そこに現れたのが、大手新聞社の元記者で、凶悪犯罪のルポを何冊も出版しているジャーナリストの川上邦明(近藤公園)だった。直樹に接触したという川上は、動物殺傷をしている少年少女に会い、殺人衝動をくい止めるために話を聞いているのだという。
直樹は果たして、川上との出会いにより、殺人を踏みとどまるのか、それとも、動物殺傷への衝動が、ついに殺人の衝動へと変わるのか――!?

東堂の過去も明らかになっていく中、ミハンメンバーは、十代の危うく揺れ動く殺意を未然に止めることができるのだろうか!?

引用元:https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/story/index.html

 

スポンサーリンク

絶対零度3のゲストキャスト紹介!

ジャーナリスト・川上邦明/近藤公園

最近は、コンフィデンスマンJPや家政婦のミタゾノにもご出演されていた近藤公園さん。

個性派ぞろいの劇団「大人計画」に所属する俳優さんです!

 

岡崎直樹/道枝駿(関西ジャニーズJr.)

第5話の危険人物を演じる道枝駿さんは関西ジャニーズJr.ということで、やっぱりイケメンですね!

岡崎直樹の役どころは、優秀なサイコパスというところでしょうか。

動物を傷つけるなんて怖すぎますね!

 

絶対零度3の5話を視聴してのあらすじ

今回ミハンシステムが危険人物と判断したのは、私立青葉中央高校2年の岡崎直樹(道枝駿佑)だ。

 

成績トップでバスケ部のエースである直樹は近所でも有名な優等生だった。父親は文部科学省の長官。

 

世田谷区で動物殺傷事件が多発しており、それが直樹の犯行で、いずれ殺人事件を犯すサインだとミハンが判断。

 

山内(横山裕)はバスケ部の指導員として青葉中央高校に潜入。

直樹は裏サイトで特定の人物を誹謗中傷し、いつも不都合な相手を辞めさせていた。

 

小田切(本田翼)田村(平田満)は直樹の自宅周辺を調査し、ジャーナリストの川上邦明(近藤公園)と接触。

 

川上は動物殺傷事件が直樹の仕業だと知りながら何度も2人で会っているという。

 

井沢(沢村一樹)は直樹が恐怖心や緊張感を持たない反社会的サイコパスだと判断。

 

小田切は川上と2人で会う。

川上は直樹が抑圧からの解放を求めて動物殺傷を繰り返している為、寄り添って殺傷を辞めさせたいと語る。

 

そんな中、東堂(伊藤淳史)は今回の事件に執拗に慎重な調査を求める。

 

東堂は練馬台無差別殺傷事件で、父親を殺され自身も首に傷を負った過去があった。

彼の父親を殺した犯人もまた、動物殺傷を繰り返したサイコパスだった。

 

そしてミハンチームは川上の自宅に侵入し監視カメラを仕掛け、1冊のスクラップブックを発見。

そこには彼自身が起こした完全犯罪の記事が載っていたのだ。

 

川上は自身も反社会的サイコパスで、殺傷を止めるのではなく、背中を押すために直樹と接触していたのだ。

 

しかも川上は監視カメラの存在に気づき、直接会ってすべて話すと笑顔で語った。

 

直樹の目的が文科省での無差別殺人だった。

文部科学省長官の息子である自分が文科省で無差別殺人を犯し、自分の存在を世間に知らしめたかったのだ。

 

文科省に入り込んだ直樹は、川上が用意した銃で次々に発砲。ついには自身の父親までも真顔で殺し、最終的には自身の首を切り自殺した。

ミハンチームは任務に失敗。

 

川上は直樹の父親と直樹の死体を写真に撮り続けた。

そんな川上を東堂は怒りに任せ、首を絞めるも田村に制止される。

 

またしても完全犯罪を成立したが罪に問われない川上の元へ、お天道様が罰を与える・・・。

 

 

スポンサーリンク

絶対零度3の5話の感想

5話はサイコパスがテーマでした。

関西ジャニーズJr.の道枝駿佑さんが見事にサイコパスな少年を演じていましたが、

それを上回る近藤公園さんのサイコパスさ。

 

さすがはベテラン個性派俳優さん、正直怖かったです。

 

そして今回は初めてミハンチームが任務に失敗しました。

 

被害者が出てしまったことはもちろん、

殺人を犯した17歳の少年までも自身で命を絶つという最悪な結果に。

 

ここからミハンチームは一気に崩れていきそうな予感がします。

 

東堂さんの過去も明らかになり、お天道産が再び登場し、罰を与えました。

個人的にはお天道様は井沢さんではないと思っていたのですが、あの後ろ姿は井沢さんでしたね。

 

さて真相はどうなんでしょうか?

 

来週の予告では川上殺しの犯人として容疑かかってましたが、私はまだまだ井沢さんではないという意見は捨ててません!

 

今後は一気に話が展開していきそうですね!?

 

絶対零度3の5話Twitterの反響

twitterではどのような感想が出ているでしょうか?

  • 道枝くんが… みっちーが…
    道枝くんじゃないんだけど…
    めちゃくちゃ怖かった…
    最後死んじゃったし…
    ほんと怖かった…
    演技が上手になったんだなって思ったし、これからいろんなお仕事増えてほしいです。
    道枝くんおつかれさまでした!!
    かっこよかったです!!

放送直後のSNSは道枝さんの演技力への評価でもちきりでした!!

サイコパスという難しい役柄をこなした道枝さんへの期待がますます高まりそうです!

5話への感想もたくさん上がっています!

確かに今作は興奮したり、ハラハラしたり夢中で見てしまいました!

https://twitter.com/drawing_365days/status/1026458720790700037

こちらもいろんな意見が出ていますね!

やはり井沢さんだと思う人は少ないですね。まだまだ裏がありそうです!

最後までお読みいただきありがとうございました!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です