モトカレマニア(ドラマ実写)のキャスト相関図あらすじ!新木優子と高良健吾W主演

モトカレマニア

10月スタートの新木曜ドラマは新木優子と高良健吾W主演!漫画「モトカレマニア」を実写ドラマ化!原作あらすじ、キャスト相関図も!

2019年10月スタートの『木10』ドラマとして「モトカレマニア」が放送されます!新木優子・高良健吾・浜野謙太らが出演!

元カレが忘れられない“イタカワMKM”(イタいけどカワイイモトカレマニア)を新木さんが演じます。恐ろしいまでも元カレを引きずる姿に共感しちゃう!?女子“あるある”な行動やセリフを一緒に楽しめるラブコメディー!

それでは、「モトカレマニア」のキャスト相関図、原作あらすじも見ていきましょう!

動画配信はこちら⇒「モトカレマニア」の動画はフジテレビ公式のFODで配信予定!

スポンサーリンク

モトカレマニア|あらすじは?

公式サイトより、あらすじをご紹介します!

見た目が悪いわけではなく、コミュニケーション下手ということでもないのにうまく恋愛ができない難波ユリカ。その理由は、初めて付き合った彼氏・マコチこと斉藤真との恋愛にあった。10代、20代の恋は、“恋愛教習所”のようなもので、失敗したり、あがいたり、みっともなかったりと恋愛スキルを磨くはずだった時期。だが、その大切な時期にユリカの最初の恋愛は、あまりにもうまくすんなりと行きすぎた。好きになった人といい雰囲気になり、自然と付き合う。これはいま考えると貴重な経験なのだが、ユリカにはその尊さがわからなかった。自分の就職をきっかけに生まれたすれ違いから、ユリカはマコチを振ってしまう。「すぐに次の彼氏と素敵な恋愛できるでしょ!」と思っていたが、次に付き合った男はクズ!2人目に付き合った男はもっとクズ!さすがに3人目のクズを引く勇気はなく、彼氏も好きな人も作らず、現在に至る。「好きってなんだっけ??」「恋愛ってどうするんだっけ!?」など、頭でグルグル考えるだけの日々は過ぎていくなか、ユリカが出した答えは、『幸せだった過去の恋の時間に浸っていよう』。最初に付き合った彼氏・マコチ。唯一、恋愛で幸せだった頃の思い出。モトカレの幸せな思い出を、日々の楽しみとして妄想する日々を送るユリカ。モトカレマニアの爆誕である!!
「現実の恋はドラマみたいにキラキラしているわけじゃない」とは頭ではわかっているが、モトカレマニアとして生きることを“幸せ”だと思い込んでいる。だが、ユリカの美しい思い出に浸る時間を破壊する出来事が起きる。それは、ユリカのキラキラした幸せの象徴であるモトカレ・マコチとの再会だった。ユリカが就職した不動産会社の同僚として再び出会うことになるマコチ。モトカレとの再会は運命か!?それとも……。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/motokaremania/index.html#intro

元カレを忘れられない女子ならではの“あるある”と頷ける要素たっぷりのラブコメディーだよ!

スポンサーリンク

モトカレマニア|原作紹介

原作は、瀧波ユカリ先生が『Kiss』で連載中の「モトカレマニア」(講談社)です。現在、3巻まで発売中です。

瀧波ユカリ先生は、2004年にアフタヌーン四季賞冬において「臨死!!江古田ちゃん」が四コマ漫画としては異例の四季大賞を受賞しデビューしました。

瀧波ユカリ先生は漫画家でもあり、エッセイストとしても活躍されています。瀧波先生の発信する漫画やSNSは女子を引き付ける力があり、常に注目が集まります。また、1児の母である瀧波先生の子育て論にも関心が寄せられています。

瀧波先生のツイッターにはおもしろい投稿が沢山あります!凡人には思いつかない着眼点も素晴らしく、面白いんです。「モトカレマニア」も瀧波先生ならではの世界観が楽しめますよ!

▼瀧波先生のドラマに対する想いもご紹介!▼

“モトカレマニア”ドラマ化、すごーくうれしいです!新木優子さんの演じるユリカが楽しみすぎます。妄想を突っ走らせるユリカ、脳内会議で増殖しまくるユリカ、ツーンとしたり、赤面したり、感情暴走列車状態のユリカ…。それを演じる新木優子さんの愛らしさを想像してキュンキュンしています。そして、マコチ役に高良健吾さん…!“忘れられないモトカレ”としての魅力がありすぎます!“高良健吾さんがモトカレだったら”という妄想をしてみましたが、ステキすぎてつらすぎて泣きたくなりました…!ほかにも、優しさあふれる山下さん、個性豊かなチロリアン不動産のメンバーなどなど、ドラマの見どころがありすぎて今から困ってます!昔の恋人を忘れられないモトカレ&モトカノマニアの方々も、そして昔の恋人なんて思い出しもしないという方々も、共感したり、悶絶(もんぜつ)したり、ハラハラドキドキしたり、きっといろんなふうに楽しめるドラマになるはず。とっても楽しみにしています!

引用元:https://www.fujitv.co.jp/motokaremania/index.html#intro

モトカレマニア|キャストは?

難波ユリカ役/新木優子

新木優子/プロフィール

生年月日:1993年12月15日(25歳)
身長:165cm
血液型:A型
事務所:スターダストプロモーション

元カレを忘れられない“モトカレマニア”の主人公・難波ユリカ(なんば・ゆりか)は、元カレのマコチを好きすぎるあまり、毎朝SNSで名前を検索したり、心の中でマコチと妄想の会話をしたり、初対面の男性に対し、“モトカレスカウター”なるものを起動させ、マコチとのかすかな共通点を見つけると恍惚の表情を浮かべる27歳独身のぶっ飛びOL。見た目が悪いわけではなく、まわりの女の子と比べても、彼女が持ち合わせているスペックは決して低くないにも関わらず、うまく恋愛ができない……。

斉藤真役/高良健吾

高良健吾/プロフィール
生年月日:1987年11月12日(31歳)
身長:176cm
血液型:O型
事務所:テンカラット

元カレのマコチこと斉藤真(さいとう・まこと)は、不動産会社に勤務する30歳独身のイケメン。元カノ・ユリカの妄想の中にたびたび現れ、彼女の大きな心の支えとなっています。5年前にふたりが別れることになってから姿を消していましたが、ユリカが働くことになった不動産会社で“同僚”として再会することに……。真っすぐすぎる性格のあまり、知らず知らずのうちに自らの言動でユリカの心を大きく揺さぶってしまう。

山下章生役/浜野謙太

浜野謙太/プロフィール
生年月日:1981年8月5日(38歳)
身長:157cm
血液型:O型
事務所:カクバリズム
大手食品メーカーに勤める将来有望なサラリーマン・山下章生は、食べ歩きが趣味でグルメアプリ“食べモグ”を使っておいしいお店を探し、レビューを投稿するのが楽しみ。優しくて誠実な性格ですが、恋愛には奥手。自分が傷つくことも他人を傷つけることも怖いと思っている“ザ・いい人”。そんな山下は不動産会社の営業をするユリカにとっての初めてのお客。ユリカに好意を持った山下は、付き合おうと提案するのですが、あることをこじらせていて……。だがそのこじらせにより、ユリカと意気投合することに…。

ハマケンは星野源のインストバンドでトロンボーン吹いてたんだよ!知ってた!?

安藤一朗役/小手伸也


ユリカと高良健吾さん演じる斉藤真が働くチロリアン不動産の社長・安藤一朗を演じるのは、小手伸也さん。安藤は、女性へのハラスメントを防止するため、女性とはお酒を飲みに行かない“ハラミ会(ハラスメントを未然に防ぐ会)”を結成するなど、リスクヘッジに敏感な男。だが、ユリカのマニア度の高さは仕事に生かせると考えています。また自身の苦い恋の経験をもとに、男目線の恋愛アドバイスをマコチに送るなど部下思いの一面ものぞかせます。

詐欺師のドラマコンフィデンスマンJPに出てからドラマに引っ張りだこの小手さん

丸の内さくら役/山口紗弥加

新木優子さん演じる難波ユリカが愛読する小説の作者・丸の内さくらを演じるのは、山口紗弥加さん。甘酸っぱい切なさや繊細な恋愛描写が持ち味のさくらの小説の源泉は、元カレとの思い出となっており、さくら自身もユリカと同じく根っからの“モトカレマニア”。心の奥底は素直な女性ですが、防衛本能が強すぎるあまり、周囲への攻撃力が高くなってしまうかわいらしさをちょくちょく垣間見せています。

来栖むぎ役/田中みな実

地元の北海道でコミュニティーラジオのパーソナリティーとして活躍しているむぎちゃんこと来栖むぎを演じるのは、田中みな実さん。むぎちゃんは地元・北海道を愛し、自分の仕事に誇りを持つ女性。高潔さゆえに気持ちを表に出すことができず、周囲に誤解されやすい女性ですですが、誤解されても夢をかなえるために邁進したい、他人にどう思われても構わないという芯の強さを持っています。だがそれゆえに、仕事の目標と恋愛の間で揺れ動くことに……。

その他のキャスト

大沢将役/森田甘路

小手さん演じる安藤一朗が社長を務めるチロリアン不動産の社員でユリカの同僚。大沢は、布団に入ると2秒で寝てしまうなど、本能に忠実でくだらないダジャレを連発する男。

新田浩二役/大地

山口さん演じる丸ノ内さくらの担当編集者で、さくらに新しい作品の執筆を熱望している。

増田隆志役/加藤虎ノ介

ユリカと親友の周防ひろ美行きつけの“BARネコ目”のマスターで、ユリカとマコチの行く末を優しく見守る。

近藤康役/井上翔太

そして、“BARネコ目”のアルバイトで、空気を読まない軽口でユリカを怒らせてしまう。

周防ひろ実/よしこ(ガンバレルーヤ)

新木さん演じる難波ユリカの大学時代からの親友でネイリストの“いい女”。既婚者のひろ美は、素直で突っ走りがちなユリカのことが心配で、あらゆるアドバイスを講じます。時におせっかいとも思えますが、それも大親友のユリカに幸せになってほしいという思いが強すぎるゆえのピュアな行動。

スポンサーリンク

モトカレマニア|人物相関図

「モトカレマニア」相関図はまだ公式サイトにはありませんでした。

ネコ吉
公式サイトでアップされたら更新しますね~!

モトカレマニア|見どころは?

今回、ゴールデンタイムの地上波初主演となる新木優子さん。女性向けエンタメ&ライフスタイルニュースサイト「モデルプレス」の年末恒例企画「モデルプレスヒット予測」の女優部門1位で、若い女性の間では絶大な人気を誇る新木さん!ナチュラルな演技だけでなく、華やかなルックスと柔らかく品のある声、誰もが納得するドラマや映画の王道ヒロインそのものですよね!

「カワイイ系もカッコイイ系もどんな役でも合う!綺麗で自然と目がいく」などと評判も上々!画面に映るだけでひときわ華があり“映える”女優の代表と言えます!

そんな彼女がどんな“イタカワ女子”を演じてくれるのか楽しみですね。

また、原作「モトカレマニア」はまだ完結していないので、ドラマの結末はドラマオリジナルだと予想されます。最近では原作が漫画であったり小説のドラマが多いですが、ドラマ結末を先に知ってしまうこともないので最後まで楽しめそ!うですね

モトカレマニア|脚本やスタッフは?

原作/瀧波ユカリ
「モトカレマニア」コミックス3巻まで発売中(講談社)

脚本/坪田 文

主な作品「コウノドリ」シリーズ、映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」 他

プロデュース/草ヶ谷大輔

主な作品「トレース~科捜研の男~」、「コンフィデンスマンJP」シリーズ 他

演出/並木道子

主な作品 フジテレビ開局60周年特別企画「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」、
「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」他

演出/相沢秀幸
主な作品「トレース~科捜研の男~」、「グッド・ドクター」 他

制作著作/フジテレビ
ネコ吉
スタッフ陣は女性がほとんど!女子の心を分かっているスタッフならではの、面白いラブコメディーになること間違いなしだね!

モトカレマニア|キャスト相関図まとめ

10月スタートの新木曜ドラマ「モトカレマニア」のキャスト、原作、あらすじ相関図についてご紹介しました。

元カレをひきずる…と言う多くの女性が一度は直面した経験がある出来事を、瀧波ユカリ先生原作ならではの視点でコミカルに楽しめます!女子の“あるある”なツボを付いてくるところが女性の支持を集めること間違いなしです!

若手女優の中でも特に大人気の新木優子さんが演じる“イタカワ女子”と、高良健吾さん演じる、知らず知らずに“女心を惑わす罪な男子”に賛否両論巻き起こりそうです!

10月スタート、木曜夜10時から「モトカレマニア」ご期待ください!

▼「モトカレマニア」はFODで動画配信予定!▼

↓1ヶ月間無料お試しはこちら↓

本ページの情報は2019年9月時点のものです。
最新の配信状況はFOD公式サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です