シャーロック(月9ドラマ )のキャスト相関図あらすじ!ディーンとがんちゃんが最狂バディ!

シャーロック アイキャッチ

フジテレビの秋の月9「シャーロック」あらすじ・キャストを紹介!

2019年10月7日スタートフジテレビの月9ドラマに、ディーン・フジオカさん岩田剛典さんのダブルタッグで送る「シャーロック」が決定しました!

世界で最も有名なミステリー小説「シャーロック・ホームズ」を原作とし、令和のオリンピックを控えた東京が舞台の「シャーロック」。

いったいどんなお話になるのか、原作・あらすじ・キャストについてまとめていきます!

スポンサーリンク

シャーロックドラマ原作

「シャーロック・ホームズ」は130年前のイギリスで活躍した小説家のアーサー・コナン・ドイルの作品です。

探偵のシャーロック・ホームズと、友人であり書き手のジョン・H・ワトソンが事件を推理し解決していくミステリーになっています。

全60編にもなるこの作品、日本でも明治時代から翻訳され多くの方に読まれてきた、世界で最も有名なミステリー小説です。

スポンサーリンク

シャーロックドラマあらすじ

ディーン・フジオカさんが演じるシャーロックこと誉獅子雄(ほまれ・ししお)は、フリーランスの犯罪捜査専門のコンサルタント。

幼い頃から、人間の犯罪心理に強く魅せられており、多くの不可解な事件を解決してきた天才。しかしその人柄は、自分が興味のある調査依頼だけを請け負う自由気ままで危険な男

岩田剛典さん演じるワトソンこと若宮潤一は、都内の病院に勤務する精神科医。冷静で常識のある善良な人間だが、実際は自分に自信のないナイーブな性格の男

シャーロックとはある事件を通じて知り合い、初めは「失礼なヤツ」とネガティブ第一印象を持つが、だんだんとシャーロックの人間性に惹かれ、同居生活を送ることに…。

2019年10月期の月9ドラマでは、世界一有名なミステリー小説『シャーロック・ホームズ』を原作にしたミステリーエンターテインメント『シャーロック』を放送することが決定しました。名探偵・シャーロックと医師・ワトソンがバディを組んで難事件を解決していく古典ミステリーの傑作は、誕生から130年が経った今なお世界中で愛され続けています。このたび、 月9ドラマ『シャーロック』では満を持して、“令和の東京”を舞台にスリリングかつ痛快なテイストで映像化。アーサー・コナン・ドイルが生んだ原作の魅力をそのままに、令和で“外見最強、内面最狂!?”のバディが数々の難事件に立ち向かいます!

『シャーロック』で描く事件の舞台は、オリンピック開催を翌年に控え、かつてない活気に沸く街・東京。東京は東西に長く伸び、ニューヨークやロンドン、パリなど、どんな世界の大都市よりも広い都市部分の面積を誇るだけに、地区ごとに全く違う顔を見せます。そんな東京で毎回起きる事件を通して、それぞれの町がオリンピック開催に向けて変わりゆく最新の様子も掘り下げていきます。『シャーロック』のスタイリッシュな映像とともに、大規模再開発まっただ中のエリアや、オリンピック会場にゆかりのあるエリア、下町風情漂うエリアなど、毎話フィーチャーされる東京の街並みにもぜひ注目してください。そして、初共演となるディーン・フジオカさんと岩田剛典さんという、最強に画になる二人組がどんな化学反応を見せるのかが最大の注目ポイント! “令和の東京”をさっそうと駆け回る、軽妙かつ“最狂”な名コンビにぜひご期待ください!

引用元:https://www.fujitv.co.jp/sherlock/#introduction

 

スポンサーリンク

 シャーロックドラマキャスト・相関図

 

誉獅子雄(シャーロック)/ディーン・フジオカ

ディーン・フジオカさんコメント

本企画を最初に聞いたときの印象はいかがでしたか?
「このチームでまた一緒に新たなチャレンジ、新たな作品作りができるという喜び、とにかくその一言です。その題材は、まさかのシャーロック・ホームズ。一筋縄ではいかない、やり甲斐のあるプロジェクトになることは間違いないでしょう」
世界一有名な探偵“シャーロック”を演じることになりましたが…
「原作のシャーロック・ホームズから受け継ぐべき部分はしっかりと受け継ぎ、このチームでしか作り得ない新しい探偵シャーロックの物語とそのキャラクター像を生み出したいと思っています。未来のどの時代、どの地点から振り返って見ても、日本の今の息遣いが感じられるような作品を後世に残せるよう、全力を尽くします」

引用元:https://www.fujitv.co.jp/sherlock/#introduction

若宮潤一(ワトソン)/岩田剛典

https://twitter.com/mamiponhappy/status/1167935594242031617

岩田剛典さんコメント

本企画を最初に聞いたときの印象はいかがでしたか?
「初めてお話を伺ったとき、あのシャーロック・ホームズと聞いて驚きました。誰もが知っているような有名な作品に参加させていただけることを光栄に思いますし、現代の日本にどのように蘇るのか、井上由美子さんの脚本も心から楽しみにしています」
スマートな仮面をかぶった医師“ワトソン”を演じることになりました。
「医師役は初めてです。原作の中でもシャーロックとワトソンは対照的なキャラクターだと思いますが、シャーロックを演じるディーンさんと最高のバディになれたらなと思います」
月9へは初出演になりました。
「月9という響きに思わずグッと力が入ってしまいそうですが、なるべくあまり意識せずにお茶の間のみなさまに楽しんでいただける作品をお届けすることに集中していきたいです」

引用元:https://www.fujitv.co.jp/sherlock/#introduction

江藤礼二(レストレード警部)/佐々木蔵之介

サボり癖のある警視庁刑事部捜査一課の警部。シャーロックに依頼を持ってくるが、捜査を無自覚に邪魔してしまう物語のキーマンの一人。

 

役名もシャーロック・ホームズ「S・H」(ししお・ほまれ)、ジョン・ワトソン「J・W」(わかみや・じゅんいち)というイニシャルを生かした日本名がつけられたようですね。

また、佐々木蔵之介さん演じる江藤警部とにかく足手まといでシャーロックの捜査を引っかき回す役だそうです。

ベテラン俳優の佐々木蔵之介さんがハチャメチャな警部をどのように演じるかも楽しみですね。

追加キャストの発表も期待大です!

スポンサーリンク

シャーロックドラマスタッフ

脚本/井上由美子

代表作:『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』、『白い巨塔』

プロデュース/太田 大

代表作:『モンテ・クリスト伯−華麗なる復讐−』、『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』

演出/西谷 弘

代表作:『モンテ・クリスト伯−華麗なる復讐−』、『刑事ゆがみ』

 

脚本は映画化もされたあの「昼顔」を手掛けた井上由美子さん
またプロデュースの太田大さん、演出の西谷弘さんも数々の話題作を手掛けています。

ディーンさまと岩ちゃんの魅力を最大限引き出してくれることでしょう!

シャーロックドラマ主題歌

主題歌は未発表です

歌手としても活躍されるディーン・フジオカさん

はたまた、岩田剛典さんがパフォーマーを務める三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE

岩田さんはCMで歌っていたこともありますし、もしかしてコラボもありえるかも?
本編同様かっこいい主題歌が期待されますね。

シャーロックドラマ期待値

有名なミステリー小説「シャーロック・ホームズ」外見最強の2人が演じるということで、SNSでは放送を待ちわびる声が続々と投稿されています。

ディーン・フジオカさんといえば、大人の魅力が素晴らしい俳優さんですが、「シャーロック」という危険な男をどう演じるのでしょうか。

また、岩田剛典さんはその可愛らしい顔立ちから、恋愛作品やホームドラマでの活躍が多いですが、今回の役はスマートな医師役ということで新しい一面が見られそうですね!

 

スポンサーリンク

シャーロックドラマまとめ

いかがでしたでしょうか。

月9ドラマ「シャーロック」あらすじ・キャストについてご紹介しました。

原作小説とは別物の、令和の東京を舞台にしたオリジナル作品ということですので、ストーリー展開も見どころですね。一話完結型のドラマとのことなので、毎回どんなゲストが登場するのかも楽しみですね。

 

秋のフジテレビ月9ドラマ「シャーロック」2019年10月7日夜9時スタートです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です