あなたの番です 幸子を殺したのは誰?交換殺人ゲームの元凶と最後の挑戦状!?

あなたの番です考察

あなたの番です 幸子を殺したのは誰?交換殺人ゲームの元凶と、最後の挑戦状!?

2クールにおよんだ「あなたの番です」もついに最終回を迎えました!

そして迎えた衝撃のラストシーン!
製作陣から投げかけられた最後の挑戦状とは!?

「あなたの番です」は、最後の最後まで考察の余地を残してくれました。

最後の考察をしていきましょう。

スポンサーリンク

あなたの番です キーワードと衝撃のラストシーン

最終回放送直前、いくつかのヒント・キーワードが挙げられていました。

それは、ガムテープ・ミイラ取りがミイラに・最終回も最後が衝撃、というものでした。

それらをひとつずつ挙げて考察していきましょう。

衝撃のラストシーンとガムテープ

これまでもラスト5分の衝撃が話題になっていました。
それが今回は、ついに衝撃のラストシーンとなってしまいました…。

赤池幸子が、1人どこかの施設の屋上に座らされています。
怯えた表情、漏れる嗚咽、両手首には黒いガムテープ…。

黒いガムテープといえば、最終回冒頭で翔太と黒島の手足を拘束していたものと同じです。

View this post on Instagram

ゾウさんですか?キリンさんですか?

A post shared by てづかしょうた (@shouta.anaban1019) on

同じ黒いガムテープを使うということは、それらがつながっていないはずがありません。

そして、悲鳴と共に自ら飛び降りる幸子…。

もう黒幕である黒島沙和は逮捕されているはずでは?
それならば、いったい誰がこんなことを仕組んだというのでしょうか?

ミイラ取りがミイラに

ミイラ取りがミイラになる、とは、

人を探しに行った者がそのまま帰ってこないで、捜される立場になってしまう。また、人を説得しに行った者が、かえって説得され、先方と同意見になってしまう。

引用元:https://dictionary.goo.ne.jp/jn/210810/meaning/m0u/

という意味です。

この場合、誰のことなのでしょうか。

殺人事件の犯人を追っていたけれど、自分も殺人者になってしまった…ということになるのでしょうか。

この場合、犯人を追っていた人物が、その犯人の意思に同調してしまったという意味になってしまいそうです。

犯人である黒島が翔太によって警察に突き出された以上、本来であれば新しい殺人事件は起きないはずです。
しかし、赤池幸子は殺害されることになってしまった…。

 

単純に見れば、赤池幸子から全てを聞き出す場面にいた水城刑事江藤祐樹が怪しく思えます。

しかし、彼らがなりえるでしょうか?

水城刑事はずっと事件を追っていました。
多くの犠牲者を出し、相棒まで奪われてしまった水城刑事はもちろん犯人を恨んでいますが、犯人の思想に同調しそうには思えません。

江藤にいたっては、事件を追っていたかもわかりませんし、犯人を恨んでいるそぶりも見せていません。

幸子を睨んでいるような描写は一瞬ありましたが、あれだけでは弱いように思えるのです。

赤池幸子を殺害したのは誰なのか

赤池幸子の両手首を黒いガムテープで拘束し、建物の屋上から身を投げさせた人物…。
それは、これまでのヒントから考察するに、二階堂ではないでしょうか。

黒島を愛し、犯した罪の数々を聞き、受け入れた。

真の意味で同調したかはわかりません。
理解できなくても、愛する人を全て受け入れる…それが二階堂が選んだ道なのでは?

二階堂だとしたならば、ガムテープ・ミイラ取りがミイラになるという言葉が合致するとは思えませんか?

まだ先が続いていく、二階堂が愛する黒島の意思を継ぐ…。
歪んでいても、それもまたひとつの愛の形…そういうことなのかもしれません。

 

答え合わせと、問題提起。

それが、「あなたの番です」製作陣からの挑戦状であり、メッセージなのではないかな、と思うのです。

水城刑事が言った、「皆があなたを恨みますよ」という言葉。
これも、とても重く身に染み入るような言葉ですよね。

赤池幸子を恨んだ視聴者が、赤池幸子を殺してもらった。

そして、画面を通して見せつけられる「あなたの番です」

悪意と思惑だらけの交換殺人ゲームを次に実行するのは、テレビの前の「あなたの番です」ってこと!?

背筋が凍る思いがしませんか…?

スポンサーリンク

あなたの番です 交換殺人ゲームの元凶

衝撃のラストシーンを迎えた「あなたの番です」。
その大きなテーマであったのは、交換殺人ゲームでした。

住民会の流れで、偶然始まったかのように見えたゲームは、実は仕組まれたものでした

その元凶と、因果応報…。
最後にまとめていきましょう。

赤池美里が企んだこととは?

赤池美里は、赤池幸子が連れてきた血の繋がらない孫である黒島沙和の異常性を知っていました。

「きっかけさえあれば、あの子は必ずやる」と、美里は確信していたのです。

例えば…と、床島に住民会で交換殺人ゲームをやることを提案したのでしょう。

そして美里は、幸子を殺させ、遺産を手に入れようと持ちかける…。

結局、黒島に慰められるフリをされ、幸子を心臓麻痺で殺してしまえるかと期待するも、美里は黒島の手にかかってしまうのでした。

赤池幸子は全てを知っていた

赤池幸子も美里同様に、ずっと以前から黒島の異常性を知っていました

それでも、「過去の少々の過ちで、将来を台無しにはさせられない」と言い、殺人行為を知りながらも見て見ぬフリをしていたのでした…。

一緒に暮らしたことはない。
危ない子だけれど、自分に懐いていたからと…。

一連の事件の全ての元凶は、赤池家だったといっても過言ではありませんよね。

美里さんも幸子おばあちゃんも殺されちゃって…でも、自業自得、因果応報だよにゃ…。

あまりにも衝撃的で、あまりにも多くの悲しみを生んだ事件でしたね。

あなたの番です 最終回の見逃し配信や動画情報

「あなたの番です」は日本テレビ系列で放送されていました。
放送後1週間は、「Tver」で配信されます。

日テレ公式動画配信サイトの「Hulu」を利用すると、1話から最終話まで全て無料で見放題です!

さらに入会後2週間は無料期間があるのでオススメですよ!是非試してみてくださいね!

 

サイドストーリー「扉の向こう」は、キウンクエ蔵前の住民たちの日常が本人たちの目線で語られます。

本編のヒントや、これまでの伏線回収など、「あなたの番です」の世界をより楽しめる構成になっています。

藤井、佐野、浮田など、思わず笑ってしまうシーンも満載で、オススメです!

 

今すぐクリック!

→Hulu公式サイトをチェック!

スポンサーリンク

あなたの番です 衝撃のラストシーン!交換殺人ゲームの元凶と、最後の挑戦状まとめ

2クールを使って描かれた「あなたの番です」の世界。

製作陣から投げかけられたメッセージは、ドラマ内で木下あかねが言っていたセリフに集約されているのかもしれませんね。

そのつもりはなくても、取り返しのつかない引き金を引いてしまうことがある、ということです。

愛の形、罪のあり方、愛があるからこその苦悩…様々なことを考えさせられたドラマでした!

何らかの形で続編が製作されることを願ってしまうほど、魅力的なドラマでしたね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です