ポイズンドーター・ホーリーマザー WOWOWドラマキャストとあらすじ!湊かなえ原作のイヤミス

ポイズンドーター

WOWOW連続ドラマ「ポイズンドーター・ホーリーマザー」のドラマキャストとあらすじを書いていきます。

2019年7月6日(土)よる10時から「ポイズンドーター・ホーリーマザー」が全6話で放送されます。

人気作家・湊かなえが、母と娘の関係を軸にしながら人間の情念をえぐりとるように描いた短編集を連続ドラマ化。

では、「ポイズンドーター・ホーリーマザー」のキャストとあらすじをご紹介します。

スポンサーリンク

ポイズンドーター・ホーリーマザー ドラマあらすじ

「ポイズンドーター・ホーリーマザー」は1話完結型(1話のみ2話連続)のストーリーが5本放送されます。

原作は、イヤミスの女王・湊かなえ。

彼女の作品がドラマ化されるのは、もう13本目になるそうです。

今回も、湊かなえワールドが堪能できそうです!

女優・藤吉弓香(足立梨花)は、自分を思うようにコントロールしようとする母親・佳香(寺島しのぶ)の存在に小さいころから悩まされてきた。佳香は、弓香にとってまさに「毒親」。

佳香に反発して上京した弓香だったが、束縛から逃れられていたわけではなかった。

佳香が裏で動いたことで恋人と別れ、大切な仕事を失っていたと知った弓香はトーク番組で佳香を告発、それが大きな反響を呼ぶ。

弓香の発言を聞いた佳香は、自分の人生を振り返ることになり、「子離れ」を決意するが…(「ポイズンドーター」「ホーリーマザー」)。

ほかに、すべては自分のせいだと信じ続ける(「罪深き女」)、脚本家を目指しライバルの活躍にいらだちを募らせる(「ベストフレンド」)、「優し過ぎて」殺人を犯してしまう(「優しい人」)、奔放な妹と対照的に40歳近くまで猫だけに心を開いてきた(「マイディアレスト」)、といったさまざまな女性たちの姿が描かれていく。

引用元:https://www.wowow.co.jp/detail/111576#program-contents-position

タイトルにもある通り「ポイズン(毒)」を抱えた女性たちが各話に登場するのですが、このドラマの最大のテーマは「人生も人間もある一面だけで判断してはならない。」

果たしてその真意とは?

また、このドラマ内では各話のある登場人物が他の話にも顔を出したり、同じロケーションが別のところで使われていたり、ある食べ物が共通していたり…と様々な「クロス」が見られるようになっています。

ぜひ各話に注目して、クロスしているところはどこかじっくり探してみてください!

スポンサーリンク

ポイズンドーター・ホーリーマザー ドラマキャスト

各話に登場する、豪華キャストをご紹介します!

佳香/寺島しのぶ

1話と2話では、ベルリン国際映画祭の銀熊賞をはじめ多数の賞を受賞、「まだ世界に名前は売れていないが、演技力のある日本の俳優7人」の一人に選ばれた女優、寺島しのぶが母を演じます。

果たして彼女は、「毒親」なのか「聖母」なのか…。

2012年に自身も男子を出産し、母となった寺島しのぶの感情がどう投影できるのか楽しみです。

弓香/足立梨花

1話と2話の娘役には、バラエティーでも活躍中の足立梨花。

寺島しのぶとのバトルシーンは見逃せないそうですよ!(本人談)

天野幸奈/清原果耶

3話では、オロナミンCのCMでおなじみの注目若手女優・清原果耶が、真実と妄想の境界線を行き来する女性・幸奈を演じる。

不思議な空気が漂う異色作を爽やかな清原がどのように演じているのだろうか。

黒田正幸/高橋優斗(ジャニーズJr.)

3話で、連続殺傷事件を起こしてしまう青年・黒田正幸役を演じる。

暗い過去を背負った青年役のため、撮影中は「家族ともあまりしゃべらず、大きい声も出さないようにしていた」と役作りを語っています。

 

涼香/中村ゆり

4話では、脚本家を目指す女性・涼香を中村ゆりが演じます。

ライバルへの嫉妬心、苦悩、劣等感、ふがいなさ、悔しい思いに共感できたそう。

誰もが抱くそんな気持ちを無垢なものとして捉えて撮られていると語っています。

いろいろな事件の絶えない世の中で、「みんな悩んでいるのだ…」と少しでも救われる気持ちになれるのでしょうか…。

明日実/倉科カナ

5話に出演するのは、倉科カナ。

テレビ朝日で放送されていた「刑事7人」では、帰国子女のキャリアウーマン水田、NHK放送の「特撮ガガガ」では特撮オタクの吉田役と、さまざまな役を演じる彼女が、このドラマでは優しい人。

自分の意思も感情も押し殺し、全てを飲み込んでいく明日美を演じる。

吐き出したいけど吐き出せず、役でいるのもつらいほどの孤独を感じたとか。

人間関係が希薄になっていると言われる昨今、本当の優しさとはなんなのかじっくりくり考えるきっかけになるのでは。

淑子役/伊藤歩

6話に出演するのは、伊藤歩。

愛猫だけに心を開いて生きてきた淑子。奔放な妹とは対照的に地元から出る事もなく暮らしてきた。

彼女が大切にしてきた自分だけの世界が壊れた時、家族の崩壊、姉妹の軋轢…衝撃的な結末が…。

1996年に岩井俊二監督の映画「スワロウテイル」に出演し、当時16歳にして新人俳優賞および優秀助演女優賞を受賞。

この出演をきっかけに、英語の重要さに気づき、ニューヨークに語学留学。

帰国後は、ドラマ「リップスティック」でメインキャスト、森永乳業のCMなど、テレビでよく見かけるようになる。

2014年にはドラマ「昼顔」の斎藤工の妻役で、不倫相手に取られまいとする妻の役を熱演。

そんな彼女が本シリーズのラストにふさわしい衝撃的な結末を、どのように演じるのかとても気になるところです。

ポイズンドーター・ホーリーマザーへの期待値は?

「ポイズンドーター・ホーリーマザー」ドラマ化に関する視聴者さんの期待値をまとめました。

湊かなえさんの原作を読まれた方や、出演者のファンの方たちがドラマ化にかなり期待されているのが伝わってきました。

原作のキャラクターを重視した企画性の高いキャスティングが実現したと言われている作品なだけに、かなり期待値が高まりますね!

スポンサーリンク

ポイズンドーター・ホーリーマザーまとめ

WOWOW連続ドラマ「ポイズンドーター・ホーリーマザー」のキャスト・あらすじをご紹介しました。

それぞれに「毒」を持った女性が登場するこのドラマ。

母と娘、姉と妹、友達、男と女…、それぞれのいったい何が正常で何が異常なのか…。

見る角度によってさまざまな解釈ができるこの作品を、ぜひ堪能してください!

初回放送は7月6日(土)よる10時から!1話は無料視聴できるので、お見逃しなく!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です