サイン-法医学者 柚木貴志の事件- 原作ネタバレとキャスト!ラストが衝撃的すぎる!

2019年7月テレビ朝日系の木曜21時から放送される「サイン -法医学者 柚木貴志の事件-」

韓国ドラマのリメイクが決定!

「サイン」は、韓国で初めて法医学を扱った医療ドラマ最高視聴率は25.5%の大ヒットドラマでした。

遺体の声なき声に耳を傾け続ける法医学者たちが、不都合な事実を隠ぺいする権力社会に立ち向かっていく!

 

「サイン」は韓国版のリメイクですが、違いはあるのでしょうか?

現在出ているあらすじから違いも確認していきましょう!

早速「サイン -法医学者 柚木貴志の事件-」の原作ネタバレ、あらすじ、キャストをご紹介していきます!

スポンサーリンク

サイン ドラマ原作

2011年に韓国で放送されていたドラマ「サイン」。

主演は、ベテラン俳優のパク・シニャンさんが演じ、「パク・シニャンの演技が凄かった!」と高い評価と視聴率をキープしました。

韓国ドラマの「サイン」は1話完結型ではなく、別のエピソードも入れながら、メインエピソードを少しずつ追っていくという構成だったので、視聴者さんも毎回しっかり見ないと話しがわからなくなってしまったようです。

日本版「サイン」も1話完結型ではないのか!?評価や、視聴率はどうなるのか気になりますね!

スポンサーリンク

サイン ドラマあらすじ

まずは、「サイン」1話のあらすじを見てみましょう!

 国民的人気歌手・北見永士(横山涼)がライブ会場の控室で死んでいるのが発見された! だが、事件現場からは指紋もろくに採れず、北見の遺体が唯一の証拠と言っても過言ではない状況…。そこで、警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖(松雪泰子)は遺体をすぐさま、死因究明に特化した国家機関「日本法医学研究院」へ搬送するよう指示を出す。

 一方、地道な捜査を続ける警視庁捜査一課の刑事・高橋紀理人(高杉真宙)は、北見がただの病死ではないとにらむ。所属事務所の社長・会田幹彦(猪野学)、そして第一発見者であるスタイリスト・宮島清花(柳美稀)がそれぞれ、北見と揉めていたとの情報を入手したからだ。しかし、紀理人から報告を受けた千聖は、解剖結果が出るまで捜査は一旦保留だと一蹴し…。

 そんな中、「日本法医学研究院」の院長・兵藤邦昭(西田敏行)はもっとも信頼する解剖医・柚木貴志(大森南朋)に、北見の司法解剖を一任する。ところが、どんな力が働いたのか…解剖直前になって、想定外の横槍が入ってしまう。なんと、警察庁の依頼を受けたという国立大学の法医学教授・伊達明義(仲村トオル)が突然現れ、自分が北見を解剖することになったと告げたのだ!

 不可解な解剖医変更に納得のいかない柚木。彼は何を思ったか、北見の遺体を保管庫から盗み出すという暴挙に出てしまう。しかも、偶発的に解剖室へ引きずり込んだ新人解剖医・中園景(飯豊まりえ)も巻き込み、無許可で解剖を開始! 死因は「100%他殺」と断言し…!?

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/

韓国版との違いはある?

韓国ドラマのあらすじも、ほぼ一緒だということが分かりました!

韓国ドラマのあらすじは、こちらです♪

ある晩、人気アイドルグループ「ヴォイス」の公演中に、リードボーカル、ソ・ユニョンの遺体が楽屋で発見される。

警察庁科学捜査班の新米検視官コ・ダギョンは初めての現場検証に意気込むが、有力な物証を見つけられず、その死は謎に包まれていた。

死因究明のため遺体は国立科学捜査研究院(科捜研)に回され、天才法医官と知られるユン・ジフンが解剖を担当することに。

一方で刑事チェ・イハンは聞き込み捜査をする中、ユニョンの恋人カン・ソヨンの存在を知る。そして解剖手術当日、検察の圧力により執刀医が急遽ジフンとは犬猿の仲であるサンムン大学法医学学科長イ・ミョンハンに変更される。

裏で陰謀が働いていることを察したジフンは・・・。

引用元:https://knda.tv/kntv/program/synopsis/21919/

日本版リメイクも、原作に忠実に描かれる可能性が高いかな!?

サイン 韓国版ドラマネタバレ

韓国版「サイン」のドラマ内容から、結末をご紹介します。(韓国キャスト名を日本キャスト名に変更しています。)

ネコ吉
ネタバレが嫌な人は見ないでね!

1話で、北見永士(横山涼)の解剖依頼が来たのに、直前になって伊達明義(仲村トオル)に変更になる。

直前の変更に納得のいかなかった、主人公・柚木(大森南明)中園(飯豊まりえ)は遺体をすり替えて解剖を行います。

喉から見つかった異物で、窒息死と判明。

 

ところが、警察から発表された内容は「青酸カリによる中毒死」

自首したコーディネーターの女性が逮捕されますが、解剖した時に青酸カリの匂いはしなかったので柚木は納得がいきません。

ですが、伊達は「真実は勝つことだ!勝負に勝った方が真実になる」と言い切ってしまいます。

 

実は、この北見を殺したのは「大物政治家の娘・島崎楓(森川葵)」だったのです。

権力の手先になる議員秘書の佐々岡充(木下ほうか)

出世のために目をつむり黙っている管理官の和泉千聖(松雪泰子)

逮捕されたコーディネーターも、弁護士も、芸能事務所の社長(猪野学)も実は、島崎の事件を隠ぺいするためのグルだったのです。

 

証拠は完全に消したと思ったのですが、実は証拠の動画が残っていました。

最終回間近では、柚木が「動画のコピーがある」を犯人をおびき寄せ、そこに現れた島崎に自首するように訴えかけます。

が、隠ぺいまでした大物政治家の娘が自首なんてするわけがありません。

 

柚木は、中園に犯人との待ち合わせ場所に「1時間後」に来るようにメールをしていました。

1時間後、その場に行った中園は衝撃的な場面に出くわします。

 

柚木の死。

 

柚木の解剖は、伊達に任され「死因は過労や自殺」とされてしまいました。

もちろん、これも隠ぺいです。

 

中園は怒り、1話で行った時のように遺体をすり替えて柚木の解剖を行います。

伊達に邪魔されるも、周りの協力もあり解剖が進みます。

 

解剖結果は、北見の時と同じく「窒息死」でした。

高橋(高杉真宙)は、柚木が亡くなった現場から隠しカメラを発見します!

 

そのカメラの中には、柚木が島崎に殺され、証拠を片付ける様子までがデータとして残っていました。

残されていたデータはもう1つ。

その映像データには、島崎が飲み物に薬物を入れる瞬間をじっと見ている柚木の姿が…。

 

その後の記者会見で、死因を明らかにされ、殺害した犯人が島崎だと伝えられます。

 

亡くなってしまった柚木の荷物整理をする中園。

カメラを見つけ、その中に映っている自分、そして柚木が言っていた言葉を思い出します。

「何も考えていない。感謝するだけだ。自分が生きていることにな…。」

 

柚木らしい言葉を思い出しながら、複雑な心境のまま「サイン」の幕は閉じました。

 

実は、柚木と和泉は元恋人関係!

こちらもドラマ内でどう演じられるのか見どころです。

スポンサーリンク

サイン ドラマキャスト・相関図

「サイン -法医学者 柚木貴志の事件-」の豪華キャストを紹介します!

柚木貴志/大森南明

「日本法医学研究院」の解剖医。

権力に屈することなく真実と正義を追求する、愚直なまでに真っ直ぐな法医学者。

「日本法医学研究院」の院長・兵藤邦昭の一番弟子で、解剖の腕は超一流。

すこぶる口が悪くて偏屈な無頼派だが、表になかなか出さない胸の奥底には、人としての温かい心が宿っている。

名前:大森南朋(おおもり なお)

生年月日:1972年2月19日

出身地:東京都

 

【主な作品】

ハゲタカ(2009年)

龍馬伝(2010年)

コウノドリ(2015年)

殺し屋1(2001年)

和泉千聖/松雪泰子

View this post on Instagram

サイン撮影中 #大森南朋 #サイン

A post shared by 松雪泰子 (@yasukomatsuyuki_official) on

警視庁捜査一課の管理官。

女性初の捜査一課長を目指す野心家。

圧倒的な男性社会である警察組織の中で悔しさをバネに、必死に勉強して今の地位まで這い上がってきた。

勝ち気で、芯が強い。柚木貴志とはかつて恋人関係にあり、一時は婚約もしていた。

普段は冷静で落ち着き払っている大人の女性だが、酒癖が悪い。

名前:松雪泰子(まつゆき やすこ)

生年月日:1972年11月28日

出身地:佐賀県神栖市

 

【主な出演作品】

フラガール(2006年)

救命病棟24時(1999年)

半分、青い。(2018年)

中園景/飯豊まりえ

「日本法医学研究院」の新人解剖医。

真摯に法医学と向き合う女性。

尊敬する「日本法医学研究院」の院長・兵藤邦昭の一番弟子である柚木貴志のもとで、自ら弟子になることを志願。

柚木に虐げられながらも、くじけず食らいついていく、打たれ強く天真爛漫な女性。

実は、過去に身内がある事件に巻き込まれており…!?

名前:飯豊まりえ(いいとよ まりえ)

生年月日:1998年1月5日

出身地:千葉県

 

【主な出演作品】

獣電戦隊キョウリュウジャー(2013年)

花のち晴れ~花男Next Season~(2018年)

高橋記理人/高杉真宙

警視庁捜査一課の警部補。千聖の部下。

女たらしの一匹狼。

若手ゆえに経験値はまだまだ浅いが、刑事としての勘が冴えており、仕事は優秀。

千聖の迫力に時折ビビりながらも、臆することなくズケズケと物を言うなど、かなり生意気だが、なぜか憎めない新世代刑事。

名前:高杉真宙(たかすぎ まひろ)

生年月日:1996年7月4日

出身地:福岡県

 

【主な出演作品】

仮面ライダー鎧武(2013年)

35歳の高校生(2013年)

映画・賭ケグルイ(2019年)

春日美晴/佐津川愛美

「日本法医学研究院」の薬毒物検査責任者。

可愛い顔だがロック好きでパンクな性格。服も派手。

ストレートにものを言う理系女子。

名前:佐津川愛美(さつかわ あいみ)

生年月日:1988年8月20日

出身地:静岡県静岡市葵区

 

【主な出演作品】

コンフィデンスマンJP(2018年)

貞子VS伽椰子(2016年)

ヒメアノ~ル(2016年)

橘祐輔/淵上泰史

国立大学の法医学准教授。同じ大学の法医学教授・伊達明義の忠実なしもべ。

やがて伊達から下された“とんでもない密命”に従い、こそこそと動き回り始め…!?

名前:淵上泰史(ふちがみ やすし)

生年月日:1984年4月30日

出身地:和歌山県新宮氏

 

【主な出演作品】

昼顔~平日午後3時の恋人たち~(2014年)

彼氏をローンで買いました(2018年)

花宵道中(2014年)

松沢大輝/吉田ウーロン太

(※左が吉田ウーロン太さんです)

「日本法医学研究院」の解剖医助手。柚木貴志の腕は認めているものの、そのパワハラまがいの言動には手をこまねいている。

美晴のことが好きで時々ちょっかいを出す。

名前:吉田ウーロン太(よしだ うーろんた)

生年月日:1978年2月9日

出身地:東京都

 

主な出演作品】

アンナチュラル(2018年)

きみはペット(2017年)

科捜研の女(2019年)

四方田隼斗/小久保寿人

「日本法医学研究院」の解剖医助手。

松沢と同じく柚木貴志の威圧感に怯えながらも心の底では畏敬の念も抱いている。

名前:小久保寿人(こくぼ としひと)

生年月日:1984年11月4日

出身地:愛知県

 

【主な出演作品】

劇場霊(2015年)

シン・ゴジラ(2016年)

旅立ちの島唄~十五の春~(2013年)

北見永士/横山涼

国民的人気歌手。ライブ会場の控室で死んでいるのが発見される。

世間では、派手な女性関係や薬物使用疑惑、性格の悪さなどがたびたび噂されてきた。

そんな中、所属事務所の社長・会田幹彦や、遺体の第一発見者であるスタイリスト・宮島清花とそれぞれ揉めていたとの情報も飛び出し…。

名前:横山涼(よこやま りょう)

生年月日:1995年3月7日

出身地:東京都

 

【主な出演作品】

悪の教典(2012年)

先に生まれただけの僕(2017年)

宮島清花/柳美稀

国民的人気歌手・北見永士を担当するスタイリスト。

北見がライブ会場の控室で死んでいるのを、最初に発見した人物。

遺体発見時は涙ぐんで震えるなど、かなり動揺した様子を見せる。

やがて、あることで北見と揉めていたことが発覚し…!?

名前:柳美稀(やなぎ みき)

生年月日:1997年8月24日

出身地:大阪府

 

【主な出演作品】

動物戦隊ジュウオウジャー(2106年)

映画・賭ケグルイ(2019年)

ふたりモノローグ

会田幹彦/猪野学

国民的人気歌手・北見永士が所属する芸能事務所の社長。

北見に関する悪い噂については完全否定し、「人としても歌手としても最高の奴だった」と証言するが、のちに北見とは不仲で、たびたび揉めていたことが明るみになる。

名前:猪野学(いの まなぶ)

生年月日:1972年10月7日

出身地:三重県

 

【主な出演作品】

Missデビル 人事の悪魔・椿眞子(2018年)

警視庁・捜査一課長(2018年)

琥珀の夢(2018年)

島崎楓/森川葵

謎の女。

国民的人気歌手・北見永士がライブ会場で死亡した事件の捜査線上に、その存在が突如浮かび上がる。

だが、正体はまるで不明で…!?

名前:森川葵(もりかわ あおい)

生年月日:1995年6月17日

出身地:愛知県

 

【主な出演作品】

渇き。(2014年)

おんなのこきらい(2015年)

映画・賭ケグルイ(2019年)

佐々岡充/木下ほうか

自由民政党副総裁の秘書。

権力の手先として暗躍する、悪の化身のような男。

ある企みから、「日本法医学研究院」院長の座を狙う法医学教授・伊達明義に近づき、よからぬ入れ知恵をする。

名前木下ほうか(きのした ほうか)

生年月日:1964年1月24日

出身地:大阪府大東市

 

【主な出演作品】

仮面ライダーキバ(2008年)

グレイトフルデッド(2013年)

なつぞら(2019年)

下山益男/利重剛


警視庁・捜査一課長。

和泉千聖や高橋紀理人の上司。冷静に捜査の指揮をとる一方で、人間味あふれる人柄を随所ににじませる。

徹底的な捜査にまい進する千聖にも、必要とあらば力を貸す。

名前:利重剛(りじゅう ごう)

生年月日:1962年7月31日

出身地:神奈川県横浜市鶴見区

 

【主な出演作品】

人魚の眠る家(2018年)

半沢直樹(2013年)

恨みや本舗(2009年)

兵藤邦昭/西田敏行

「日本法医学研究院」の院長。

「死者にも人権がある」と考え、遺体の声なき声に真摯に耳を傾け続ける“日本法医学界の良心”。

一番弟子である柚木貴志にとっては恩人であり、育ての親。

柚木を心からかわいがり、解剖の腕も認めている。

そんな兵藤もやがて“予期せぬ窮地”に追い込まれ…!?

名前:西田敏行(にしだ としゆき)

生年月日:1947年11月4日

出身地:福島県郡山市

 

【主な出演作品】

釣りバカ日誌シリーズ(1988年)

アウトレイジ 最終章(2107年)

任侠学園(2019年公開予定)

伊達明義/仲村トオル

国立大学の法医学教授。「真実とは勝者に与えられるものだ」と言い切り、権力側に寄り添う危険な男。

自らの保身のためなら、時には解剖結果の改ざんもいとわない。

かつて兵藤邦昭と「日本法医学研究院」院長の座を争って負けたが、今もなおその椅子を虎視眈々と狙っている。

名前:仲村トオル(なかむら とおる)

生年月日:1965年9月5日

出身地:東京都大田区

 

【主な出演作品】

家売るオンナ(2016年)

あぶない刑事シリーズ(1986年)

僕の初恋をキミに捧ぐ(2009年)

相関図

「サイン」のキャスト相関図はこちらです。

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/sign/cast/

サイン ドラマ化ネットの反応は?

サインのドラマ化で、ネットではどのような声が上がっているのでしょうか!?


楽しみに待っている方、試写会に行かれた方で盛り上がっていますね!

木9が楽しみですね♪

サイン ドラマ放送日

サイン -法医学者 柚木貴志の事件-は、2019年7月11日(木)夜20時から、テレビ朝日系列で放送スタート。

第一話は拡大スペシャルなので20時スタートです。

2話から21時からになりますので、お間違いなく!

サイン ドラマまとめ

2019年7月11日放送の、木9ドラマ「サイン -法医学者 柚木貴志の事件-」のネタバレ・あらすじ・キャストをご紹介しました。

韓国で大ヒットしたドラマを日本でリメイク!

日本ではどのような評価になるのかが非常に気になりますね。

サスペンスや医療系は1話完結が多い中、1話から伏線回収をしていく物語構成!

こんなドラマ見たこと無い…!という感想になること間違いありません。

韓国版は見てない、韓国版だとみる気が起きないな…ってかたも、ぜひ日本版「サイン -法医学者 柚木貴志の事件-」をご覧になってください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です