ボイス110緊急指令室 ドラマあらすじとキャスト相関図!家族を殺害した真犯人は!?

ボイス

ボイス110緊急指令室 ドラマあらすじとキャスト相関図!家族を殺害した真犯人は!?

2019年7月13日よる10時からスタートする「ボイス 110緊急指令室」。

妻を殺害された敏腕刑事と、父親を殺害された声紋分析官が協力をして助けを求める人々を救っていくタイムリミットサスペンスとなっています。

ドラマ終盤では、愛する家族を無残に殺害した「真犯人」も明らかに!?

それでは「ボイス 110緊急指令室」の気になるあらすじと、豪華キャスト・相関図をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ボイス110緊急指令室 ドラマあらすじ

まずは「ボイス 110緊急指令室」のあらすじ動画をチェック!

3年前、横浜―。検挙率トップを誇る港東署強行犯一係の係長・『ハマの狂犬』の異名を持つ樋口彰吾(唐沢寿明)はその日、犯罪グループの張り込み中、妻・未希(菊池桃子)からの着信に気づくものの、業務を優先してしまう。その着信が妻からのSOSだとは知らずに……。

その頃、再開発地区では、謎の殺人鬼に追われ恐怖の中で息を潜める未希が、110番に助けを求めていた。
港東署の緊急指令室で未希のSOSに応じた警部補・橘ひかり(真木よう子)は、その声に緊急性を感じるが、一度切れた通話にコールバックしたことで殺人鬼に居場所を知らせ、電話越しに未希が惨殺される一部始終の音を聞いてしまう―。後輩の石川透(増田貴久)から事件の連絡を受けた樋口は、同期の強行犯二係・沖原隆志(木村祐一)の制止を振り切り、惨殺された妻の姿を目の当たりにして言葉を失うのだった。

1ヶ月後。法廷には未希殺害の被疑者・相良(平原テツ)の姿が。事件当日は泥酔状態で何も覚えていないという相良に対し、検察側の証人として証言台に立ったひかりが、相良の声が電話で聞いた犯人の声ではないと証言する。通話記録を調べればわかると話すひかりだが、提出された証拠には犯人の声は記録されておらず……。相良の犯行を確信する樋口は、ひかりの証言に逆上し、法廷は混乱に包まれる。

3年後―。交番勤務に配置換えになった樋口は、かつての同僚たちからも煙たがられるほど落ちぶれていた。一方、科捜研で難事件を解決し実績を積んだひかりは、自ら希望を出し港東署の緊急指令室長に就任。被害者を迅速に救出するためのチーム、“ECU(Emergency Call Unit)”の設置を警察幹部たちに提案する。ひかりは樋口を新しいチームの現場リーダーにするつもりだと話すが……。

そんな中、緊急指令室に若い女性・萩原夏美(吉川愛)から通報が入る!事態が一刻を争うことを察知したひかりは自ら指揮を執り、樋口に指示を出すが……!?通報者の身に危険が迫る緊迫のカウントダウンはすでに始まっていた!!

引用元:https://www.ntv.co.jp/voice/story/

妻を殺された刑事・樋口と、父を殺された声紋分析官のひかり。

2人は最愛の人を亡くす…という辛い経験をしていますが、それをバネに数々の事件に立ち向かっていきます。

はじめは妻の事件のことがあり、ひかりに反発する樋口ですが、2人の関係がどのように変化していくのか…も楽しみなところです!

そして、樋口の妻とひかりの父親を殺害した人物は同一人物なのですが、果たして最後に2人がたどり着く真犯人とは誰なのか!?

実は身近にいる人物が真犯人だったりするのかも!

スポンサーリンク

ボイス110緊急指令室 相関図

では、「ボイス 110緊急指令室」の相関図です!

ボイス相関図

引用元:https://www.ntv.co.jp/voice/chart/

 

続いて、豪華キャストをご紹介します!

樋口彰吾/唐沢寿明

港東署ECU緊急出動班・班長。かつては「ハマの狂犬」と呼ばれていた凄腕の刑事。

3年前に正体不明の暴漢により妻を撲殺された。

妻は殺害される前に樋口に電話をかけていたのだが、仕事中で樋口はそれに気づくことができず、愛する人を守れなかったことを今もずっと後悔している。

ある時、緊急指令室の中に新たにECU(Emergency Call Unit)が発足し、そのメンバーに樋口が召集された。

しかし、その室長が、3年前の妻が亡くなった事件で通報電話を受けた橘ひかりだと知り、樋口はチームに入ることを頑なに拒む。

 

橘ひかり/真木よう子

港東署ECU・室長。ボイスプロファイラー。

幼少期に事故で目をケガしてしまったが、それがきっかけで微かな音も聞くことができる絶対聴感能力を持つように。

緊急指令室で働いていた時に樋口の妻からの通報を受けたのだが、電話口の向こうで樋口の妻は正体不明の暴漢に無残に殺されてしまった。

さらに、現場付近を巡回していた警官だったひかりの父親も同じ男に撲殺されてしまう。

助けを求めている人が電話でつながったすぐ先にいるのに、何もできなかったという失意と悔しさに苛まれるひかりは、ボイスプロファイルの専門家となる。

そして「緊急指令室」の室長に就任し、室内に独自の捜査チーム・ECU(Emergency Call Unit)を新設する。

 

石川透/増田貴久(NEWS)

港東署ECU緊急出動班・捜査員。

もともとは強行犯係に在籍し、当時の上司だった樋口のことを今でも「兄貴」と呼んで慕っている。

樋口のECU(Emergency Call Unit)配属とともに、自身も配属となる。

現場では樋口のバディとして捜査活動にあたり、樋口も心を許せる存在。

 

沖原隆志/木村祐一

港東署・強行犯係・係長。

樋口と同期で、かつてコンビを組んで数々の事件を解決してきた人情味あるベテラン刑事。

ECUができてからは、勝手な捜査をする樋口たちとしばしば対立することになる。

 

田所賢一/小市慢太郎

港東警察署・署長。

ひかりからの提案を受け『ECU』の創設を許可する。

しかし、強行犯係を出し抜く勢いで活躍するECUを次第に苦々しく思いはじめる。

 

落合智明/安井順平

港東署ECU・副室長。

元は科捜研で働いていたが、ECU創設を機にひかりから誘われ共に異動。時にはひかりの代わりに指令室を指揮することも。

ECUメンバーからの信頼は厚く、温厚な性格。

 

森下栞/石橋菜津美

県警本部・教養課通訳センター・センター員。

叔母が、樋口たち刑事のいきつけの居酒屋を営んでいる。

幼い頃に両親を亡くし、裕福ではなかったが、勉学に励み警察学校を首席で卒業。5か国語をマスターする才女。

恋愛には全く興味が無く、人当たりも厳しい。遊んでばかりいる妹のことを心配する心優しい姉。

 

緒方拓海/田村健太郎

交番勤務の警察官だったが、セキュリティー専門家としての能力を買われ、ECUに異動。

主に情報分析を担当する。

 

樋口末希/菊池桃子

樋口の妻。

ソーシャルワーカーとして弱き人々への支援活動をしている。

夫と息子を何よりも大切にしている優しき妻だったが、3年前に正体不明の暴漢に襲われ亡くなる。

 

樋口大樹/鳥越壮真

樋口の一人息子。

実は体が弱く入院をしている。

 

森下葵/矢作穂香

森下栞の妹。市内にある企業の派遣社員。

時々、叔母の店でもアルバイトをしている。

姉の栞とは正反対の明るく奔放な性格で、お金や異性関係に少しだらしなく、トラブルになることも。

将来設計について口うるさい姉をわずらわしく思っているが、実は誰よりも姉を信頼している。

 

森下志津/YOU

樋口たち港東署刑事が行きつけの居酒屋店主。

幼い時に両親を亡くした森下栞・葵姉妹の叔母で、実の母親のように姉妹の面倒を見てきた。

樋口夫妻とは家族ぐるみで付き合いがある。

ボイス 110緊急指令室あらすじキャストまとめ

2019年7月13日よる10時からスタートする「ボイス 110緊急指令室」のあらすじキャスト・相関図をご紹介しました。

愛された人を失った2人の刑事が、助けを求める人々を救出する、決死のタイムリミットサスペンスドラマ。

そして、2人の家族を殺害した殺人鬼である「真犯人」を突き止めていく壮大な復讐劇が幕を開けます!

初回放送から見逃さないようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です