だから私は推しました あらすじキャスト相関図!桜井ユキが地下アイドルにはまる女オタ!

だから私は推しました

「だから私は推しました」のあらすじキャスト相関図!桜井ユキが地下アイドルにはまる女オタに!

2019年7月から始まる桜井ユキさん主演のドラマ「だから私は推しました」。

見栄っ張りで三十路間近の女性が、あるアイドルと出会ったことでオタク沼にずぶずぶハマっていくドラマ。

2019年5月に制作が開始され、いよいよ初回放送まであと少し!となりました。

今回は、大注目の「だから私は推しました」のあらすじ・キャスト・相関図を紹介します。

スポンサーリンク

だから私は推しました あらすじ

主人公は三十路間近のOL、遠藤愛(桜井ユキ)。

愛は友達へマウンティングをしたり、SNS映えを気にして見栄を張る毎日を送っています。

しかし、心の奥底ではそんな毎日に疲れを感じていました。

ある日、ひょんな事から愛は地下アイドルのライブに行くことになります。

そこには地下アイドルのくせにぎこちない笑い方をしている女性・ハナ(白石聖)がいました。

ハナのへたくそな笑い方に苛立ちを覚えた愛でしたが、徐々に彼女を自分の分身として推すようになっていきます。

しかし、これこそが底の見えないオタク沼の始まりでした…。

スポンサーリンク

だから私は推しました キャスト・相関図

※キャスト相関図は、発表され次第追記します

遠藤愛/桜井ユキ

主人公。

友人とのマウンティングやSNS映え競争に疲れ切っている三十路間近のOL。

ひょんなことから、地下アイドルにはまる女オタになっていく。

 

栗本ハナ/白石聖

地下アイドルの女の子。

ある事がきっかけで遠藤愛の「推し」になる

 

小豆沢大夢/細田善彦

オタクリーダー

原花梨/松田るか

地下アイドルのリーダー

聖護院実/澤部佑

刑事

椎葉貴文/村杉蝉之介

古参オタク

だから私は推しました 脚本は?

脚本は「世界の中心で愛を叫ぶ」「白夜行」など、数々のヒット作を生んでいる森下佳子先生です。

森下先生は2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」でも話題を呼びましたね。

以下は脚本家森下涼子さんのコメントです。

「若い人の若い人たちによる若い人たちのためのドラマを!」

そんなとこを目標に頑張りたいというこの『よるドラ』枠。正直、「そんなところにこんなおばはんが……」となかなか戸惑ったこのお誘い。

しかしながら、「地下アイドル」と「女オタ」「自己承認欲求」というモチーフはいかにも今っぽく、その奥に横たわる「青春」というテーマはすこぶる普遍的。つまり、とても魅力的。

聞けばプロデューサーはNHKで一番若い人だというし……。

「ここは足して2で割って若手に入っちゃえ!」と開き直り、厚かましくも関わらせていただくことになりました。

今作のヒロインは人からの「いいね!」ばかりを気にして生きてきた少々頭が窮屈な女の子。

そんな彼女が伸び代だけの地下アイドルと出会い、生まれて初めて人を「推す」。たったそれだけのことで、スカスカだった日々はガンガンに密度を増し、窮屈だった頭はどんどん自由になって行く。

そして、その日々の行き着く先は……?

笑いと涙、そして愛すべきオタクたちに彩られた2人の青春を見守ってくださると嬉しいです。

引用元:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/319666.html

スポンサーリンク

だから私は推しました スタッフ情報

脚本:森下佳子

音楽:蔡忠浩(bonobos)

演出:保坂慶太・姜暎樹・渡邊良雄

プロデューサー:高橋優香子

制作統括:三鬼一希

だから私は推しました 放送日情報

「だから私は推しました」はNHK総合で放送されます!

放送局:NHK総合

放送開始日:2019年7月27日(土)

放送日時:毎週土曜日夜11時30分

※再放送は毎週土曜日、午前0時40分から1時9分です

だから私は推しましたへの反応・期待値は?

ここでは「だから私は推しました」のみんなの反応・期待値・をまとめています。

だから私は推しました まとめ

以上「だから私は推しました」のあらすじキャストを紹介しました。

脚本が「世界の中心で愛を叫ぶ」「女城主 直虎」で有名な森下涼子先生なので、それぞれの人間模様がしっかり描かれたドラマになるでしょう。

放送が待ちきれないです。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です