【家売るオンナの逆襲】キャストと人物相関図!松田翔太が北川景子の宿敵に!

家売るオンナの逆襲

2019年1月9日(水)夜10時スタートの新ドラマ「家売るオンナの逆襲」キャストと人物相関図をご紹介します!初回は10分拡大スペシャルです♩

今作では、松田翔太が北川景子演じるサンチーの宿敵として登場するよ!

2016年大好評作品の家売るオンナがパワーアップして戻ってきました!!
前作に出演のキャストもそのままに今回もパワフルに出演します。

サンチーの「go!go!go!」がまた炸裂するにゃ〜

go!と目を見開いてもキレイな北川景子ってすごい…

スポンサーリンク

【家売るオンナの逆襲】前作からのキャスト

北川景子/三軒屋万智

goの一言でテーコー不動産を
動かしてしまう敏腕不動産営業ウーマン

工藤阿須加/庭野聖司

万智のgoの一言に振り回されながらも
従順に仕事をこなす若手営業マン

白州美加/イモトアヤコ

入社後営業成績ゼロだったが
万智の影響に感化され
万智を慕う若手営業ウーマン

鈴木祐樹/八戸大輔

後輩ながら優秀で課長の信頼も厚い足立への敵対心は強いが、まだ若い庭野には優しさも見せる。続編の二時間スペシャルでは、中国語も話せるもよう
最後は下の名前を八男に改名した

本多力/宅間剛太

白洲の夫となる。続編の二時間スペシャルでは、白州が子育てや仕事を怠けるようになり、その分負担が増えて仕事でも家でも休む暇がなく、テレビを見る時間もなくなった

千葉雄大/足立聡

万智と屋代が会社を辞めた後、チーフに昇進し、売り上げは相変わらず好調だったが態度も相変わらずで、テーコー不動産の売り上げの低迷など気にもとめない様子だったが、仕事ときちんと向き合うようになった

臼田あさ美/珠城こころ

ちちんぷいぷいのママ夜間はバーを営業し
昼間の営業は喫茶店業務も始め、従業員を雇うほど賑わっている

布施誠/梶原善

万智と屋代が会社を辞めた後は、課長に昇進。続編の二時間スペシャルでは、ライバル社の追い上げをうけて社の売り上げ低迷の為、解決案として万智を呼ぶことを提案する

屋代大/仲村トオル

サンチー不動産社長となった万智と立場が逆転している。
万智の逆プロポーズで結婚し二人の間には子供もいる

長井短/床嶋ゆかり

テーコー不動産のデスク

草川拓弥/鍵村洋一

天然生意気キャラの営業マン

スポンサーリンク

【家売るオンナの逆襲】新キャスト

松田翔太/留守堂謙治

留守堂
引用元:https://www.ntv.co.jp/ieuru_gyakushu/articles/102lhhafaf8mpzzrnj1.html

最強の家売るオトコ!留守堂謙治(るすどうけんじ)

サンチーのライバル的存在
フリーで不動産販売を行っている組織に属さない麗しき貴公子

外見とは裏腹に、人間味あふれる方法で家を売っていく。
仕事は完璧なのに、Tシャツを裏表反対に着ちゃうような天然ドジ男の一面も。
三軒家万智(北川景子)のいく先々に現れては客を横取りしたり、ピンチを救ったり。
そんなミステリアスな留守堂には三軒家万智との知られざる秘密が!?

【家売るオンナの逆襲】見どころ

今作は前作と異なりレギュラーでライバルが出演する作品となっています。

キャラが立っているオリジナルメンバーとライバルの留守堂がいかに化学変化をして行くのかが今作の見所です。

留守堂の登場により万智と夫の屋代(仲村トオル)の関係はかき乱されて…
さらに、足立王子(千葉雄大)は留守堂の魅力に取り憑かれてボーイズラブの世界へ!?

万智が結婚してしまったのに、まだ気になっている様子の庭野の動きも気になります!!

足立や留守堂にブリブリ媚びても相手にされない相変わらずの白洲美加…

新キャラ「留守堂」の登場で物語がどう動いていくのか!?嵐の予感です!!

スポンサーリンク

【家売るオンナの逆襲】SNSの反応

みんなワクワクしてますね!!

【家売るオンナの逆襲】まとめ

昨今は会社をテーマにしたヒューマン現実的過ぎる作品が目立つなか、新たな角度で少し現実より離れた目線で世の中の息苦しさや、人のそれぞれの悩みを万智が家を売るという行動で解決してくれることに期待しています。

家売るオンナの逆襲はセカンドシーズンが予告される以前からsnsなどでは次回作に期待を膨らませる
視聴者が多く、オリジナルキャストは出演するのか新キャストの予定は等沢山の声もあり帰ってきました。

工藤亜須加さん、千葉雄大さんの女性ファンだけでなく作品のファンも多いのが特徴です

家を売るだけではない万智の過去や、結婚出産人間模様

本当は、普通の女性となんら変わりない万智が平成最後の波乱を起こすでしょう!

脚本は大恋愛も大ヒットの大石静

今作の脚本を務める大石静さんは女性、母親、恋愛女性とは何か?
そして、強く芯のある女性を作る事に長けている人物だけらこそ三軒屋万智という人物を作り上げていけたのだと思います。

2018年秋のTBS系ドラマ「大恋愛」の脚本も大石静さんでしたが、とっても面白くて評判もよかったですよね。

万智の行動には理由があったことや過去に捕らわれて家を売ることに執着している彼女の行動は誰しもしていることだと思っています。
誰もが何かに捕らわれているその行動を誇張したのが万智の家を売るという行動に繋がるんだと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です