絶対正義 5話ネタバレ感想!約束の日に何が、範子は生きている!?

絶対正義

絶対正義5話(2月23日放送)のネタバレ感想を書いていきます!

5話では範子が心待ちにしていた「約束の日」がやってきます。そこで衝撃的な展開が!

範子は死んでない?生きている!?

では、絶対正義5話のネタバレ感想を見ていきましょう。

▼FODで動画無料配信中▼

絶対正義の無料動画配信はこちら>>

スポンサーリンク

絶対正義5話ネタバレ感想

5話では、これまでのエピソードが範子の目線でつづられています。

4人と範子

範子は母を亡くして、心の拠り所を無くしていたが、高校時代に4人がのことを「家族」だと受け入れてくれたことで生きる希望を取り戻した過去があった。

範子は、「卒業から15年後に再開しよう」という約束を何よりも大切にして生きてきた。

4人の家族を正してあげるのが範子の役目、範子は家族だからこそ厳しく4人を正してきたのだった。

範子と夫

範子は政治家の夫・啓介とのやり取りを全て貸借りにしていた。

啓介が不倫していようが、範子は正そうとしない。夫は家族ではないから・・・

夫の不倫相手の下着が部屋に落ちていようが、夫がそれに見え見えの嘘を使うが、範子は気にも留めない。

約束の場所

15年前に再会を約束した「えびいろの丘」へ向かう範子の前に矢沢先生が現れる。

矢沢先生に、「4人のことを家族だと思い込んだ、かわいそうな人間。」

と言い当てられた範子

範子の一番大切な4人に危害を加えることをほのめかす矢沢先生。

その後、4人もえびいろの丘に到着する。

先について、写真撮影の準備をしている範子を見て4人は驚愕する。

なんと、範子は返り血を浴びていた。

範子は5人での再会を邪魔する矢沢先生を殺していた。

そして、写真撮影のあとに自首すると言う範子。

4人は範子が刑務所に入ってくれれば、今抱えている範子によってもたらされた問題が解決すると思いホッとした。

しかし、範子は刑務所に入っていても4人のことは正せるから心配いらないと言った。

それを聞いた由美子がプッツン切れて範子の首を絞める。

理穂と和樹も範子につかみ掛かって応戦。

麗香は後ろの方で縮こまって怯えていた。

動かなくなる範子・・・

息を引き取ったかと思ったらパッと目を開けて咳き込む。

「私たち家族じゃなかったの?」泣きそうな目をして何度も尋ねる範子。

そんな範子に止めをさしたのは、さっきまで震えていた麗香!

麗香は丘から突き落とされて絶命する。

 

前回のあらすじを確認→→前回、絶対正義4話のあらすじ

 

スポンサーリンク

絶対正義5話視聴者の感想

視聴者の反応を見ていきましょう。

 

 範子は死んでないような気がするんだが!!

絶対正義5話まとめ

範子が正していたのは、4人だけだったんですね〜。

しかし、夫に関して笑っちゃうくらい無関心でしたね。心配なのは娘の律子。

何かやらかすと、部屋にガッチガチに鍵をかけて監禁したり。

律子は範子を超える正義モンスターになるか、反面教師でアウトローになるか・・・

5話で死んだように見えた範子ですが、実は生きている?

最後まで二転三転ありそうですね〜次回も楽しみです。

 

▼FODで見逃し動画配信中▼

絶対正義の動画配信はこちら>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です