アライブ(ドラマ)原作あらすじとキャスト相関図!松下奈緒と木村佳乃が女医に!

2020年がいよいよスタートしましたね!2020年最初のドラマは「アライブ・がん専門医のカルテ」がオススメです。

日本でも発症者が多く存在し、難しい病気と知られている「がん」をテーマに繰り広げられる医療ドラマ「アライブ」について、原作・あらすじやキャスト相関図など、詳しくご紹介していきます。

\「アライブ」を見逃した人はFODで無料視聴!/

↓1ヶ月間無料お試しはこちら↓

スポンサーリンク

アライブ・がん専門医のカルテの原作・あらすじは?

まずは、予告動画をチェックしてみましょう♩

がんと戦う難しさを、どう表現していくのか気になりますね…。感動作になっている予感!

「アライブ・がん専門医のカルテ」概要

年間およそ100万人(厚生労働省発表2016年間の新たな診断例数:995,132人)の人々が新たに診断され、2人に1人が生涯のうちにかかると言われている“がん”。誰もがなり得るこの“国民病”に立ち向かうべく、最強のタッグを組んだ内科医と外科医2人の女医。内科の中でも腫瘍内科〈メディカル・オンコロジー〉というがんに特化した診療科を舞台に、今の医療現場に最も求められているがんのスペシャリストたちの戦いと苦悩を描く“メディカル・ヒューマン・ストーリー”です。また、彼らが伴走する患者たちの生き様や、2人の女医がそれぞれに痛みと秘密を抱えながらも、絆を深め合い人生を生き抜いていく姿を、繊細かつユーモラスに描いていきます。 薬物療法を専門とするがん治療に取り組む腫瘍内科は、欧米に比べ、日本ではまだ歴史が浅い診療科ですが、全ての種類のがん患者の診療にあたり、複雑化したがん診療を適切に行うために必要とされている存在です。本作は、日本のドラマでは初めて本格的に“腫瘍内科”にスポットを当て、医療現場の新たな一面を描き、これからの時代を生きるすべての人に贈る“新たな医療ドラマ”としてお届けします。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/alive/introduction/index.html

アライブ・がん専門医のカルテ原作

アライブ・がん専門医のカルテは、「刑事ゆがみ」や「ラブソング」を描いた脚本家・倉光泰子の完全オリジナル作品です。

なので、原作はありません。

アライブ・がん専門医のカルテ第1話あらすじ

恩田心(松下奈緒)は横浜みなと総合病院に勤務する腫瘍内科医。様々な症状のがん患者と日々向き合い、忙しい毎日。
この日、心は、担当患者・高坂民代(高畑淳子)に再発の告知をしていた。民代にとっては幾度目かの経験で、軽口を叩き去っていく。一息つく間もなく、次は、化学療法室から緊急の連絡。初日の研修医・結城涼(清原翔)と共に駆けつけると、初来院の男性患者が倒れていた。心たちが適切な処置を施し落ち着きを取り戻すが、紹介状に添えられたカルテを見て、心は違和感を感じる。担当医である消化器外科部長の美川に生検を進言しようとするが、「勝手に人の患者を診るな」と言われてしまう。仕事を切り上げ、向かったのは別の病院。3ヶ月前に事故に遭い意識不明となっている夫を見舞うためだ。少しの滞在の後、すぐに息子の蓮を迎えに行き帰宅すると、義父・京太郎(北大路欣也)が出迎える。来ることは聞いていない。世話を焼いてくれるのはいいが、気を使う相手。公私共に息つく暇がない…これが、最近の心の日常だった。

数日後、先の男性患者に検査をオーダーしようとすると、すでに受けていることがわかり、結果を見ると予想は的中。カンファで美川に確認しようとするも「勝手に検査をするな」と言われる。身に覚えがない心が反論しようとすると、自分が検査をしたと名乗り出る医師の姿が…。見慣れない彼女は、別の病院から転籍して来た消化器外科医の梶山薫(木村佳乃)だった。
果たして、内科医と外科医、立場の違う2人の医師のタッグが始動する。と、同時に、心の人生を一変させる、運命の歯車が少しずつ動き出そうとしていた…。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/alive/story/story_01.html

スポンサーリンク

アライブ・がん専門医のカルテのキャスト

「アライブ」に出演するキャストをご紹介します!

恩田心役/松下奈緒

 

腫瘍内科の医師で、国内でも数少ないがんのスペシャリスト。

「人を救うのは心だ」という信念の元、患者に寄り添った治療を心がけている。

3か月前に夫が交通事故で意識不明のまま、その現実を受け止められずにいる…。

松下奈緒プロフィール

生年月日:1985年2月8日(34歳)

出生地:奈良県生駒市
身長:174cm
血液型:AB型
事務所:ジェイアイプロモーション

梶山薫役/木村佳乃

 

がんを切る女医として、その実績と知識は豊富。

消化器外科医になり15年のキャリアを持ち、評判も腕もよい。

仕事は冷静沈着だが、恋愛は難ありな相手を選びがちである。

木村佳乃プロフィール

生年月日:1976年4月10日(43歳)
出生地:イギリスロンドン
身長:167cm
血液型:A型

配偶者:東山紀之(2010年~)
事務所:トップコート

結城涼役/清原翔

 

2年目になる研修医。研修医最後の期間に、腫瘍内科に来た。

家族全員が外科医というエリート家系で、結城も外科を目指しているがその理由は、外科医になるためにはがんの知識が必要だという考えからである。

クールで不器用な性格だが、胸の内には熱い思いを持っている。

清原翔プロフィール
生年月日:1993年2月2日(26歳)
出生地:神奈川県
身長:185cm
血液型:O型
事務所:スターダストプロモーション

夏樹奈海役/岡崎紗絵

 

2年目の研修医。結城と同じく、研修医最後の期間に脳瘍内科にきた。

あることをきっかけに小児科医を目指し、小児のがんを治すため脳瘍内科にて学ぶ。

心の診療方針を学ぶ真面目な性格、しかし、空回りすることが多々ある。

岡崎紗絵プロフィール
生年月日:1995年11月2日(24歳)
出身地:愛知県名古屋市
身長:165cm
血液型:B型
事務所:T-TRIBE ENTERTAINMENT

佐倉莉子役/小川紗良

 

心が務める横浜みなと総合病院に入院している、乳がん患者。

心から乳房を全摘する手術を提案されるも、現実を受け止めきれずにいる。

小川紗良プロフィール

生年月日:1996年6月8日(23歳)
出生地:東京都

身長:159cm
事務所:ヒラタオフィス

若くして乳房の全摘手術…。経験のない中、どんな風に演じてくれるのでしょうか。

恩田匠役/中村俊介

 

心の夫。売れない小説家で、女医として忙しく働く心の代わりに家事を担当している。

しかし、ある日の転落事故で意識不明の重体となってしまう。

意識不明になってしまった夫、ストーリーの中で意識を取り戻すのか、そのまま死を選ぶのか…。

阿久津晃役/木下ほうか

 

横浜みなと総合病院腫瘍内科部長。院内に腫瘍内科を設立させた人物でもある。

心たちに診療を任せていて、部下たちには寛容。明るい性格。

光野守男役/藤井隆

 

心の同僚。5番目の子供が出来たことをきっかけに、麻酔科から勤務時間が安定している腫瘍内科にきた。

キャリアはないが、明るい性格から医師や患者からも信頼が厚い。

その他

  • 関河隆一役/三浦翔平
  • 須藤進役/田辺誠一
  • 高坂民代役/高畑淳子
  • 恩田京太郎役/北大路欣也
  • 恩田漣役/桑名愛斗 ほか

アライブ・がん専門医のカルテ人物相関図

相関図を見ていきましょう!

アライブ相関図

引用元:https://www.fujitv.co.jp/alive/chart/index.html

 

心と薫のバディが、どんなドラマを作り上げてくれるのかとても楽しみですね!

登場する様々な医師が、どうがんと向き合っていくのかも見どころです。

スポンサーリンク

アライブ・がん専門医のカルテの脚本・スタッフ

脚本:倉光泰子

幼少期から映画が好きで、高校生の時に見た「祭りの準備」などに影響され脚本家を目指し始めた。

2014年、シナリオコンクールに応募した第26回フジテレビヤングシナリオ大賞にて、「隣のレジの梅木さん」にて大賞受賞。

その後、2016年には月9ドラマ「ラブソング」、2017年には「刑事ゆがみ」の脚本、2018年には「グッド・ドクター」の脚本協力と、実績は確かである。

スタッフ

  • プロデュース:太田 大/有賀 聡
  • 演出:髙野 舞/石井祐介/水田成英
  • 音楽:眞鍋昭大

アライブ・がん専門医のカルテの主題歌は?

「アライブ・がん専門医のカルテ」主題歌は、須田景凪が歌う「はるどなり」。

ほんの少し、聞いてみましょう!

アライブ・がん専門医のカルテの番組情報

気になる「アライブ・がん専門医のカルテ」は、2020年1月9日(木)スタート!

毎週木曜夜10時(木曜劇場)フジテレビでの放送になります。

アライブ・がん専門医のカルテまとめ

日本全国だけでも、とても多くの人が「がん」に悩み苦しんでいます。がんとどう立ち向かい、どう受け入れていくのか…。

がん患者だけではなく、支える家族や医師の力にもなるドラマとなりそうですね。

松下奈緒と木村佳乃のタッグも見どころです!

2020年冬、心温まる感動作をみなさんお見逃しなく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です