仮面ライダーゼロワン第16話動画の無料視聴方法とネタバレ感想!滅亡迅雷は滅んだのか?

12月22日放送の仮面ライダーゼロワン第16話「コレがZAIA(ザイア)の夜明け」のあらすじとネタバレ感想です。仮面ライダーゼロワン第16話をネタバレ感想で振り返り、12月22日の放送を見逃した方には、無料動画を紹介します。

\仮面ライダーゼロワンの動画はビデオパスで無料配信中/

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

仮面ライダーゼロワン第16話「コレがZAIA(ザイア)の夜明け」

シャイニングアサルトホッパーに変身した仮面ライダーゼロワン。滅亡迅雷.netの仮面ライダー迅と戦う。だが、ギーガの軍団に取り囲まれ、劣勢に陥る。

すると、或人(演:高橋文哉)の意識は衛星ゼアの中へ。そこで或人はイズ(演:鶴嶋乃愛)の意識と邂逅する。イズのデータそのものは無事だったのだ。ゼロワンの戦闘を補助するシャインシステムを起動するイズ。或人は自分は必ず帰るから、イズも必ず治るようにと約束を取り交わす。

シャインシステムを起動したゼロワンは、迅を圧倒する。人類滅亡をもくろむ迅に対し、ゼロワンはなぜそこまでして人類を滅ぼしたいのか尋ねる。迅にも理由はわからず、ただ滅(演:砂川脩弥)からそう教わっただけだと返す。それを聞いてゼロワンは、やはりヒューマギアは純粋だと思う。もし悪意のないラーニングを受けていたら、迅(演:中川大輔)とも分かり合えたのかもしれない、と。ゼロワンと迅は互いの必殺技を出し合い、軍配はゼロワンに。敗北した迅は爆散した。

イズが修理を終えて目を覚ました。喜ぶある人だったが、直後に或人の解任をめぐる緊急取締役会が控えていた。だが、解任に賛成したのは福添(演:児島一哉/アンジャッシュ)ただ一人。皆、会社の危機に立ち向かった或人のことを評価していたのだ。バツが悪くなった福添も賛成を取り下げ、満場一致で或人の続投が決まった。

A.I.M.S.は滅亡迅雷.netの壊滅を宣言し、飛電インテリジェンスも、もうヒューマギアは暴走しないことを発表する。唯阿(演:井桁弘恵)もZAIAに戻ることになった。不破(演:岡田龍太郎)は回収した滅を見て、自分はいったい何と戦っていたのかという思いを吐露する。

一方、唯阿は垓(演:桜木那智)から滅亡迅雷.netはアークがある限り滅びはしないと告げられる。アークは、12年前に垓が犯罪や戦争といった人間の愚かさをラーニングさせて作った人工知能だった。飛電インテリジェンスと滅亡迅雷.netさらにはA.I.M.S.までもが垓の手の上で踊らされていたことに唯阿は怒りを禁じえない。

クリスマスを楽しむ或人とイズ。が、そこに突如マギアたちが現れる。ヒューマギアはもう暴走しないはずじゃ……。或人と不破はそれぞれゼロワンとバルカンに変身してマギアを撃破する。飛電インテリジェンスは急遽、記者会見を開くが、もう暴走しないはずのヒューマギアが暴走したことについて或人もうまく答えられず、不信感ばかりを募らせてしまう。

そこに垓が現れる。垓は飛電インテリジェンスに対するTOBを宣言。飛電インテリジェンスの経営権を掌握し、すべてのヒューマギアを廃棄すると宣言する……。

きっと分かり合える道もあったはず

出展:https://pbs.twimg.com/media/EMWY8VtVUAIcHXO?format=jpg&name=small

スポンサーリンク

仮面ライダーゼロワン第16話ネタバレ・感想

滅亡迅雷との戦いにも終止符が打たれ、或人の解任が否決され、唯阿もZAIAに戻るなど、まるで最終回のようなお話。

「仮面ライダーゼロワン」年内最後の放送でもあり、滅亡迅雷との戦いを描いた「第1部完結」と言っても過言ではないでしょう。

一方で、ZAIAの垓の新たな動きや、アークとは何かについて語られるなど、年明けから始まる第2部につながる部分も多いです。

こうして滅亡迅雷は滅んだ……はず……。

出展:https://pbs.twimg.com/media/EMWZGerUYAEkuUd?format=jpg&name=large

仮面ライダーゼロワン第16話・感想のまとめ

第1部から第2部へと移行するとき、第1部の内容をよい意味で否定すると、物語は面白くなります。不破が言うように、滅亡迅雷との戦いはいったい何だったのか? それは単なる「正義と悪」の戦いだったのでしょうか。

「仮面ライダーゼロワン」は子供向け番組……のはず……。

本ページの情報は2019年12月時点のものです。
最新の配信状況はビデオパス公式サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です