仮面ライダーゼロワン第36話ネタバレ感想!ここからが終わりの始まり

6月28日放送の仮面ライダーゼロワン第36話「ワタシがアークで仮面ライダー」のネタバレ感想です。6月28日の放送では、放送再開第1弾にして、ラスボス最有力候補である仮面ライダーアークゼロが登場しました。そんな第36話をネタバレ感想で振り返ります。

スポンサーリンク

仮面ライダーゼロワン第36話「ワタシがアークで仮面ライダー」

ついに滅亡迅雷.netが完全復活し、そのことでアークも復活した。アークは滅(演:砂川脩弥)の体を乗っ取ると、仮面ライダーアークゼロに変身した。

そのアークゼロを迅(演:中川大輔)と唯阿(演:井桁弘恵)が迎え撃つ。二人の目的は、わざとアークを復活させることで地上に引きずり出し、破壊することだった。

「今こそ僕たちの正義を示す時だ!」

だが、迅もバルキリーもアークゼロには歯が立たず、敗北してしまう。

買い物に出かけた或人(演:高橋文哉)とイズ(演:鶴嶋乃愛)。或人はイズに、飛電製作所だから作れるヒューマギアがあるのではないかという夢を語る。

そこでばったり不破(演:岡田龍太郎)に遭遇する二人。不破が占い師の行列に並んでいたことから、或人は不破に何か悩みがあるのではないかと考え、占い師ヒューマギアを用意し、悩みを打ち明けさせる。

本当の記憶を知り、死んだと思っていた家族が生きていたことを知った不破。だが、家族に会っていいものかどうか悩んでいたが、占いヒューマギアの答えは煮え切らない。その様子を知った或人はあることをひらめく。

或人が博士ヒューマギア・ボット(演:六角慎司)の力を借りて完成させた、飛電製作所初の人工知能、アイちゃん。それは或人の「AIは必ずしもヒューマギア、すなわち人型である必要はない。むしろ、人型でないほうが話しかけやすいのではないか」というひらめきから生まれた、人間の友達として、人間に寄り添うために生まれた人工知能だった。アイちゃんを受け取った不破は悩みを打ち明ける。

自分がどうしたいか自分に聞いてみればいい、とアイちゃんに促され、影から家族を見に行く不破。平凡だが幸せそうな時運の家族を見て、不破の心も晴れる。

「普通って、いいもんだな」

ZAIAがレイドライザーを一般販売したことを知る或人。人間を傷つけるための道具を販売したことに対し、或人は電話で福添(演:児嶋一哉:アンジャッシュ)に抗議する。そこに、唯阿が入院したという知らせが入る。

唯阿の病室に駆け付けた或人たち。唯阿はアークを倒すためとはいえ、アークを復活させ、滅亡迅雷に加担してしまったことを後悔していた。

それは、滅に雷(演:山口大地)のデータを渡してしまった或人も同じだった。アークゼロを止めなくては……。

そんな或人と不破の前にアークゼロが姿を現す。アークゼロを倒して、乗っ取られた滅を開放するため、或人と不破は仮面ライダーに変身して戦う。

メタルクラスタホッパーの攻撃がアークゼロを撃破した! と思われたが、変身解除して姿を現したのは、滅ではなく迅だった。迅を乗っ取っていたアークゼロは、再び滅の体に戻る。

「人間を騙し弄ぶ。人間から学んだ悪意の一つだ」

滅の体で変身したアークゼロは、ゼロワンを圧倒する……。

お願い! マキゾエさんをこれ以上責めないで上げて!

出展:https://pbs.twimg.com/media/Ebju9ScUwAEjvI_?format=jpg&name=small

スポンサーリンク

仮面ライダーゼロワン第36話ネタバレ・感想

或人、不破、迅と唯阿、ZAIA、アークゼロ、それぞれがそれぞれの思惑で動く、まさに仮面ライダーの真骨頂といったストーリーでした。

迅と唯阿の目的は、アークを破壊するためにわざと復活させることでした。しかし、アークゼロの圧倒的な力に負けてしまいます。アークゼロ、見た目も声もかっこよすぎます。

一方で、或人と不破を中心にしたドラマパートは、温かみがあるエピソードでした。今の自分だからこそ作れる人工知能を実現したいという或人の夢。そんな或人が悩む不破を見てひらめき、作り出したのが友達AIのアイちゃん。そのアイちゃんが不破を笑顔にするという、或人と不破が中心となった心温まるエピソードでした。

不破さんがこういうセリフを言うとはねぇ。

https://pbs.twimg.com/media/EbjwSf7U4AAc11n?format=jpg&name=small

仮面ライダーゼロワン第36話・感想のまとめ

「普通でつまらん人生」と揶揄された不破ですが、或人とアイちゃんのおかげで、「普通っていいもんだな」と笑顔を見せます。

そう、普通に仮面ライダーが見れるということが大事なのです。「つまらん」は余計ですが……。

「普通でいられること」って意外と難しいものです。

https://pbs.twimg.com/media/EbjxHALUMAAFkBv?format=jpg&name=small

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況はビデオパス公式サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です