【イノセンス 冤罪弁護士】1話視聴率、あらすじネタバレ感想!恐怖の冤罪に若き弁護士が挑む!

イノセンス

1月19日放送のイノセンス-冤罪弁護士-第1話のあらすじ、ネタバレ感想を書いていきます!

ネコ吉
新土曜ドラマは冤罪に挑む若い弁護士を描いたものだニャ
パコ
冤罪って犯人じゃないのに犯罪者だと扱われてしまう恐ろしい事!主人公は意外な実証実験で解き明かしていくみたいだね?

 

スポンサーリンク

ドラマ『イノセンス-冤罪弁護士-』のあらすじ

 

保駿堂法律事務所で刑事事件を担当する若手弁護士の黒川拓(坂口健太郎)は、日本の司法制度の下では異例の3年で5件もの逆転無罪を勝ち取っている凄腕弁護士。しかしその素顔は、人当たりはいいものの、整理整頓が苦手で取材嫌い、事務所の物置に住み着いている変わり者。訳あって大手事務所をクビになり、ひと月前から保駿堂法律事務所で働く新米弁護士の和倉楓(川口春奈)は、不本意ながら拓を手伝うことになるが、独特のペースに振り回されてストレスが溜まるばかり。この日も拓は冤罪事件に関心を持つ報道ディレクター・有馬聡子(市川実日子)の取材をドタキャンし、勝手に依頼を受けていた依頼人との約束を優先させる。
依頼人・阿蘇恵美子(中島ひろ子)の夫・重雄(吉田栄作)は、自宅に放火をした容疑で逮捕された後、犯行を自白。阿蘇家には借金があり、偶然にも恵美子が不在の日に事件が起きたことから保険金目当ての犯行とされているが、恵美子は夫の犯行が信じられないと言葉を詰まらせる。拓は火事の際に重雄が慌てて持ち出したという戦隊ヒーローのフィギュアに興味を示す。それは5年前に10歳で亡くなった息子・幸雄の形見の品だった……。

早速接見に向かう拓と楓だが、今回の事件はすでに被疑者の重雄が自白済み。弁護方針を尋ねる楓に拓は、警察の調書が犯人像をイメージしやすい“よく出来た調書”だったと言う。さらに拓は、生気無く自白内容を認める重雄に“ある質問”を投げかけることで、警察から虚偽の自白を強要されたことを告白させる!
翌日、火事のあった阿蘇宅跡で証拠写真を撮る拓と楓、パラリーガルの城崎穂香(趣里)は、集まって来た小学生たちから“ユキオの呪い”で火事が起きた、と気になることを言われる。実は幸雄が亡くなったのは廃工場で花火をしていた際の失火が原因だった……。そんな中、所長の別府長治(杉本哲太)から呼び出された楓は、事務所の利益に無頓着な刑事事件担当の拓やベテラン弁護士の湯布院和人(志賀廣太郎)が暴走しないように監視役を任命される。冤罪にこだわるあまり警察や検察に批判的すぎる拓たちは、別府からあまり良く思われていないようで……。

そして迎えた公判初日。重雄の取り調べをした刑事の下呂が証人として出廷するが、下呂の挑発に乗った重雄は法廷で暴れ、心証を損なってしまう。さらに、検察側は弁護側が主張する1階の押入れにあったストーブからの失火を科学的に否定し、弁護側は窮地に!!
そんな状況でも焦った様子もなく再び現場に足を運ぶ拓にイラつきを抑えられない楓は、少しでも刑期を軽くするための情状弁護に切り替えることを提案するが、拓は意外な答えを返す……。そして、拓が最後に向かったのは大学の実験施設。待っていたのは物理学科准教授の肩書を持つ偏屈な科学者・秋保恭一郎(藤木直人)。そこで楓が目にしたのは想像を超える拓の大暴走!?
果たして放火事件の真実と裁判の行方は……!?

引用元:https://www.ntv.co.jp/innocence/story/

スポンサーリンク

ドラマ『イノセンス-冤罪弁護士-』第1話のあらすじネタバレと感想

保駿堂法律事務所で刑事事件を担当する“変わり者”の若き弁護士、黒川拓。覆すことが難しいとされる冤罪弁護に積極的に立ち向かい、異例の短期間で数回の逆転無罪を勝ち取っています。周りから見れば敏腕弁護士ですが、整理整頓→苦手。取材→嫌い。住みつき→事務所の物置。といった変わり者だったのです。そんな拓を手伝うのは、最近入ってきた新米弁護士である和倉楓。拓のマイペースさに日ごろから不満を抱いている様子。
取材嫌いの拓は報道ディレクター・有馬聡子の取材を踏み倒し、依頼を受けていた依頼人との約束を優先させます。

依頼人は、阿蘇恵美子。被告人は夫である重雄は自宅を放火した罪に問われていますが犯行を自白しています。阿蘇家には借金があり、保険金目当てでの犯行ではないかと推測されたそうです。
「夫はそんなことをするはずがないんです……!」
恵美子はそう話しました。資料の中で拓はあるものに興味を惹かれました。それは二体しかない戦隊ヒーローのフィギュア。
「それは……亡くなった息子の形見なんです。あとは全部燃えてしまって……」

とある疑問を解決するため、拓たちは接見をしにいきます。
「このあとの方針ってどうするんですか?」
「とくにこれといって決まっていません。それよりもあの調書、イメージしやすいですよね」
うまくまとめられすぎている調書。本当に重雄が犯人ならば息子の形見を全て持ち帰ったはず。
疑問を投げかけられた重雄は手を震わせます。自分ではない、と何度も何度も言ったそうです。しかし、警察はまともに相手にせず認めないと妻を捕まえるだの脅迫じみた言葉を投げかけたのです。身体が弱い妻を想い、重雄は自白することになりましたがその結果調書は偽物めいた文章となってしまったのです。酷い、とつぶやく楓。
「2つ聞いてもいいですか。1つ、取り調べのことを裁判で話せますか」
「もちろん」
「2つ、あなたは自宅に放火しましたか」
「……していません」
「分かりました。僕が徹底的に調べて戦います」
拓の言葉に力強く頷いた重雄。虚偽の調書に脅迫じみた取り調べ……拓は冤罪に挑もうとします。
翌日、火事のあった現場へやってきた拓たち。資料と現場を照らし合わせながら写真を撮りつつ、当時の状況を振り返ります。そこで集まってきた小学生から聞いた「ユキオの呪い」が気になり、調べることにします。その正体は、幸雄の死因が廃工場で花火をしていた際の失火

所長の別府から呼び出された楓は、拓の監視をするよう言われます。利益に無頓着で冤罪に拘る拓たちを別府はよく思っていないようです。
そして迎えた公判初日。検察側との顔合わせ時に父上に会ったといわれる拓。拓は素っ気なく反応をします。
証人として重雄の取り調べをした刑事が出廷をします。出廷した刑事の下呂の挑発に法廷で暴れ、裁判員の心証を下げることになりました。
検察側は出火の証明をし、弁護側のストーブからの出火を完全否定することに成功。拓らはピンチに陥ります。
それでももろともせず、現場へ足を運ぶ拓。楓は情状弁護に切り替えることを提案します。しかし拓はそうしませんでした。
「どうして決めつけるんですか?僕には分からないんです。だから、調べるんです」
何か答えにたどり着いた拓が向かった先は大学。待っていたのは物理学科准教授の肩書を持つ偏屈な科学者・秋保恭一郎。
「準備は出来ている、早速始めるぞ」
拓は実験を始めました。楓は拓が暴走をしたのかと思い止めようと思いますが、すでに実験で火があがっておりとても止められる状況ではありませんでした。実験を見た拓は何かを確信したかのように手を強く握りしめます。

 

法廷で弁護側の反対尋問がはじまりました。すでにピンチへ陥っている拓たち。
出火の証拠を証明した専門家に拓は尋問を始めました。
「わずかに隙間があれば1階からの火がそこへ流れ込んでくるでしょうな」
専門家からの言葉を受け、拓はとある証拠を提示します。それは家の設計図でした。
そこには根太と呼ばれる建築資材が記載されています。梁と2階床の間を補強していたものだと説明します。
つまり、隙間はそこにあったのです。更に追加証人として科学者・秋保を出廷させます。
検証映像を見せながら秋帆は説明をします。その検証映像では確かに、再現された梁と2階床の間に火が入り込んでいました。
実験後の梁の状態は阿蘇宅の梁と同一の状態となっていました。しかし、検察側は異議を唱えます。
「なので、実証してみました」
検証映像を巻き戻し、検証を始める状態から再生を始めました。そこにはストーブが。現場にあった同じタイプのストーブです。
そして、特定の周波数でストーブは点火したのです。違法な電波でストーブが点火したと推測されるのです。
「違法な電波?そんなものいったいどこに…」
「サバイバルゲームで使用された無線機だ」
そう、現場の近くにあった廃工場で行われていたサバイバルゲーム。事件当日、野次馬が撮影した映像にサバイバルゲーム参加者が映っていたのです。無許可で行われていたいわゆる野良サバゲを行っていたのです。彼らが使っていた無線機がストーブを点火させてしまったのです。
「今回の現象は息子さんの時も発生していたようです」
「……!」
重雄が持ち帰ったビデオテープに例の現象が映し出されていました。
息子の姿に涙ぐむ重雄。
「以上をもって、被告人の無罪を主張します」

見事、無罪を勝ち取った拓。しかし浮かない表情を浮かべます。冤罪が晴れても1度訴えられてしまった事に世間からの目は厳しいものになります。ひと段落がつき、楓は穂香に拓の父の事を聞きます。
拓の父である黒川真は検事でそれも最高検察庁 次長検事。拓とは真逆の立場だと言うことを楓は知るのでした……。

ドラマ『イノセンス-冤罪弁護士-』第1話のネットの反応や評価は?

 

ネコ吉
ガリレオや99.9を思い出した人は多かったみたいだニャ

パコ
〇〇に似ているって感想が散見したけど、うまくまとめている印象を受けたね。ちなみに脚本の古家さんはライアーゲームやガリレオなどの人気ドラマに携わった事がある人だよ

https://twitter.com/miyu257812/status/1088011955657355264

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ネコ吉
今期のドラマは何かと刑事ものが多い気がするニャ

 

パコ
“冤罪”をテーマに変わり者の主人公×科学要素のドラマだったね。脚本の古家さんの魅せ方がいいおかげか、初回の視聴率は8.3%だったよ!

 

ネコ吉
ほんほん。俳優陣も個性的かつ豪華だニャ。初共演のところもあるみたいニャから、絡みが新鮮に見えていいニャ

 

パコ
各話も冤罪がテーマになるみたいだから、私たちも他人事じゃなく身近な問題として見れるかもね~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です