【イノセンス 冤罪弁護士】3話視聴率、あらすじネタバレ感想!真実を暴けば拓が解雇!?

イノセンス

2月2日放送のイノセンス-冤罪弁護士-第3話のあらすじ、ネタバレ感想を書いていきます!

ネコ吉
今回の舞台は病院のようだニャ
パコ
医療ミスをなすりつけられてしまった人を弁護することになった拓だけど、思わぬ人物が立ちはだかるみたい!

ネコ吉
真実を暴いてしまったら解雇だニャんて理不尽すぎるニャ……でも拓のことだから止まらないニャね

パコ
遺族のためにも真実を明確化させなきゃ!

 

それでは、2月2日放送のイノセンス-冤罪弁護士-第3話のあらすじ、ネタバレ感想を書いていきます!

スポンサーリンク

ドラマ『イノセンス-冤罪弁護士-』のあらすじ

 

大学3年の時に理工学部から法学部に移ったという拓(坂口健太郎)の珍しい経歴を聞いた楓(川口春奈)
その頃から拓を知る湯布院(志賀廣太郎)は弁護士を目指す前の拓は今とは正反対の性格だったと話すが、拓が変わったきっかけについてはお茶を濁す。
そんな中、XXXXが青ヶ島病院の看護師・XXXXを連れてくる。美紀は、手術中に人工心肺が停止し患者が亡くなった医療ミスの責任を問われて逮捕された執刀医・雲仙(平岳大)の冤罪を晴らしてほしいと懇願する。実直な雲仙に思いを寄せるXXXXは、院内の内部告発が決め手となり雲仙一人に罪がなすりつけられたことを不審に思っていた……。

早速雲仙に接見した拓と楓は、雲仙が遺族側に直接説明したいと何度も頼んでいたにも関わらず、病院に止められていたことを知る。患者を救えなかった事実に変わりはないと自らを責める雲仙だが、拓は遺族のためにも事実関係を明らかにすべきだと弁護を持ちかける。
早速、雲仙の同期で出世頭の医師・磐梯(山本耕史)を訪ねた拓と楓、XXXXは病院が遺族に送った内部調査報告書を手に入れ、現場調査を開始。手術に立ち会ったスタッフの話も聞きたいと頼む拓だが、磐梯から急患が多いという理由で断られてしまう。
拓は内部調査報告書を手に再び雲仙に接見。その内容を見た雲仙は、愕然とする……!!病院側は雲仙個人の医療ミスとして事態を終息させるため、雲仙の指示ミスに見えるような嘘の記載をしていたのだ。

拓たちは人工心肺の電源が何の前触れもなく落ちたと話す雲仙の話を元に、電源が落ちた原因を探ることに。しかし、その前に立ちはだかったのはなんと別府所長(杉本哲太)登別(正名僕蔵)!人工心肺メーカーと顧問契約している保駿堂事務所がメーカーの機械トラブルを暴けば、事務所にも大損害が及んでしまうという。拓は事務所の不利益になる結論を出せば解雇されるのを承知の上で、徹底的な真実の追究を誓う。そんな中、雲仙の起訴が確定。手術に立ち会った研修医に裁判での証言をしてもらえるよう取り付ける拓だったが、裁判当日に思わぬトラブルが……!!打つ手がなくなった拓は、ある意外な場所で手がかりを掴むと、秋保(藤木直人)の助けを借りて、またもや大規模な実証実験を始める……!

引用元:https://www.ntv.co.jp/innocence/story/

 

 

スポンサーリンク

ドラマ『イノセンス-冤罪弁護士-』第3話のあらすじネタバレと感想

拓の経歴を聞いた楓は、大学時代から拓を知る湯布院に拓が変わったきっかけを聞きますがお茶を濁します。

「たまたま縁があっただけですよ」

そこに聡子が依頼人の仲介人を連れて事務所へやってきました。その仲介人とは、青ヶ島病院の看護師・白山美紀(青野楓)。

美紀は手術中に人工心肺が停止、患者が亡くなり医療ミスで逮捕されてしまった執刀医・雲仙の冤罪を晴らして欲しいと話します。

雲仙に片思いをしている美紀は、雲仙ひとりだけに罪をなすりつけられた事に不審がっていました。

早速接見を雲仙にした拓と楓。そこで雲仙は遺族へ直接説明をしたいと病院側へ訴えていたのに止められていたのだそうです。

「患者を救えなかったのは事実ですから」

自分を責める雲仙に拓は遺族のためにも事実を明確にするべきだと話します。

雲仙の同期である磐梯を訪ねた拓と楓、穂香は病院が遺族へ送った内部調査報告書を手に入れ現場調査を開始しますが、

現場のスタッフの話を聞きたいという拓らに磐梯は忙しいからと断られていまいます。しかも、報告書を見た雲仙は驚愕しまったくでたらめの内容であることだと告げます。病院側は雲仙の個人的なミスであると報告書の内容を改ざん。それを証拠として提出しています。

「うーん、まずは人工心肺の電源が落ちた原因を調べる必要がありますね」

しかし、人工心肺メーカーへの問い合わせを辞めるよう促したのは別府所長と登別でした。そのメーカーと顧問契約しているため、このまま調査を進めば拓を解雇する結末が待っています。たとえ事務所にとって不利益な結論を出すことになってしまっても構わないと覚悟を見せた拓。

そんな中、雲仙の起訴が決定します。美紀の説得により、手術に立ち会ったスタッフの研修医・赤城が証言することになりますが、磐梯が裏に手を回し、裁判当日に赤城の姿はありませんでした。悟った雲仙は拓にある頼みをします。それは磐梯にPCのパスワードを渡す事。雲仙の私物PCには病院の改善データが入っており、病院を変えたいと思う磐梯にとって必要なものでした。

裁判で有効な手段に思い悩む拓は、入院患者から病院の設備について不満を漏らしている話を聞いて、あることに確信をします。患者が話していたことは三か月前の雨の日。それは、雲仙が手術をしていたまさにその日だったのです。病院の屋上へ出てきて、周りを見渡します。

「ああ、やっぱり!」

秋保の協力を得た拓は人工的な雷を発生することが出来る大規模な実験装置を用意して検証を行います。

迎えた裁判の日に病院内の電子機器に逆流雷という現象が起きていたことを指摘します。それにより、影響を受ける範囲内の電子機器に異常が発生。避雷器を交換していなかった病院側の不備により人工心肺にも異常が起こったのだと説明をして、無罪を主張しました。
しかし、雲仙に言い渡されたのは懲役1年執行猶予3年の有罪判決。裁判長は被告人の注意義務違反に起因する事故だと結論を出します。控訴をすることも可能でしたが、雲仙は控訴をせず判決を受け止めることに。
その帰りに遺族から病院なのか、雲仙を憎めばいいのか拓に問い詰められます。検察官の指宿からはいらぬ事をしたと言われ、落ち込む拓。

「いまこれから、病院を変えるべきだ」

その後、磐梯による病院改革が始まり、雲仙は心機一転し地域のお手伝いをすることになります。

拓は裁判に敗れ、自室へ引きこもり公判記録を何度も読み返しながら落ち込んでいます。楓は拓の代わりに協力してくれた秋保へ謝罪をするため、秋保のもとへ訪れました。拓を心配する秋保。弁護士であれば負けることもあるだろうと呟きます。学生時代に拓が弁護士を目指したきっかけを秋保に聞いた楓ですが、秋保からは知っているものの話したくないと言われてしまいます。

「知りたいなら父親の方を調べろ」

……次回へ続く。

ドラマ『イノセンス-冤罪弁護士-』第3話のネットの反応や評価は?

 

ネコ吉
ここまで無罪を勝ち取っていたからニャ~……その分ショックも大きいニャ

パコ
これまでと違うのは、初めて人がなくなっている案件だったってことだね。それゆえに獲得した経験もあるんじゃないかな

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ネコ吉
ニャ~!一週間はあっという間すぎるニャ。今回の視聴率は9.4%だったニャ。順調にポイントアップ中ニャ
パコ
初めての敗北ルートだったからね、それに扱うものも重い題材だったし、覆すことが奇跡に近しいもの
ネコ吉
敗北の味をすすった主人公の闇がそろそろ見えるころ合いニャ。次回は父親と対面対決っぽい感じだニャ、ドキドキするニャ~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です