【イノセンス 冤罪弁護士】4話視聴率、あらすじネタバレ感想!嫉妬が導く真実とは?

イノセンス

2月9日放送のイノセンス-冤罪弁護士-第4話のあらすじ、ネタバレ感想を書いていきます!

ネコ吉
女性が抱く嫉妬というのは恐ろしいものだニャ
パコ
急にどうしたの?

ネコ吉
ニャ……OL殺人事件の裏に潜んでいたのは嫉妬だったかもしれないのニャ

パコ
恋愛模様なら尚更ってところかな?拓たちはどう挑むのかな?

それでは、2月9日放送のイノセンス-冤罪弁護士-第4話のあらすじ、ネタバレ感想を書いていきます!

 

スポンサーリンク

ドラマ『イノセンス-冤罪弁護士-』のあらすじ

 

企業法務部門の弁護士・登別(正名僕蔵)が、好意を寄せる女性XXXXXの刑事事件弁護をこっそり引き受けていたことが発覚した保駿堂法律事務所では、拓(坂口健太郎)XXXXXが急遽弁護を引き継ぐことに。食品玩具メーカーに務める奈美は同僚のXXXXXを旅行先の海で殺害した容疑で逮捕されたキャリアウーマン。溺死した遺体の肺から大量の砂が出たことから殺人容疑をかけられたものの、本人は容疑を全面否認している。

XXXXXによると、奈美の人望は厚く、職場に聞き込みに行った拓と楓、XXXXXは同僚たちの証言から奈美と理沙の仲の良さを窺い知る。収穫のない中、拓と楓は現場の島へ。殺害現場とされている海岸に着いた拓は突然真冬の海に入ると、事件を再現すべく顔を海中に突っ込むが…。その帰り、楓は拓の実家の食事会に巻き込まれ、エリート検察官の父・真(草刈正雄)を交えて黒川家の気まずい食卓を一緒に囲むことになるが、そこで親子の確執を垣間見ることになる…。

そして、有力な弁護材料がないまま迎えた裁判初日、検察側証人として出廷した奈美の上司・鶴見(村上新悟)は、そこでとんでもない証言をし、拓たちは一気に苦境に立たされる!奈美が隠していた複雑な人間関係が明らかになり追い詰められる拓。
そんな中、事務所を訪ねてきたのは科学者の秋保(藤木直人)だった……。

引用元:https://www.ntv.co.jp/innocence/story/

 

スポンサーリンク

ドラマ『イノセンス-冤罪弁護士-』第4話のあらすじネタバレと感想

玩具メーカーのOLである小笠原が同僚の殺害容疑で逮捕されてしまいます。小笠原に密かに思いを寄せる登別が内緒に弁護依頼を受けていたことが発覚し、所長の別府から拓へ弁護依頼を引き継がせました。

玩具メーカーに勤務している小笠原がそんなことをするはずがないと職場からの評判に拓と楓らは2人の仲の良さを実感します。
思った収穫がない中、事件現場の島にやってきた拓と楓。拓は海へ入るなり顔を水面の中へ突っ込みます。
「な、なにやってるんですか冬の海で!」
遺体の手に傷がついているのを気になる拓。その傷が何であるかは分からないまま、帰り道に拓の実家へと寄ることになります。
拓の父である黒川真、そして明るく天然が入っていそうな母の麗と囲んで食事をとることに……。しかし、拓の考えと真逆な真の話に食卓は一気に気まずい雰囲気が流れてしまいます。
「父とは学生時代に色々とありまして」
そう言う拓ですが、詳細を話すことはありませんでした。

裁判当日。検察官の指宿が証人として呼んだのは上司である鶴見。鶴見の口から出た証言は小笠原からストーカー被害を受けていた、という驚きのものでした。鶴見が被害者である理沙に好意を抱いていると思いこんだ小笠原が嫉妬によって、理沙を殺害したと拓に言います。鶴見の証言により拓側は圧倒的に不利な状況へ追い込まれてしまいます。
介護と恋愛に疲れ果ててしまった小笠原は理沙と比べてしまい、嫉妬と憎しみを向けていましたが理沙が慕っていたためいい人を演じてきた小笠原。ですが、それほど憎んでいるのにも関わらず、自分が殺したと言っていない小笠原に拓は理沙が亡くなった詳細を聞き出します。
あの日、小笠原は理沙に自分の本心と会社を辞めることを告げようと思い、旅行に行きました。しかし、本心は告げられず会社を辞めることと、二度と理沙に会わないことしか言えませんでした。2人の友情の証である理沙が初めてデザインしたキャラクターのペンダントである「クリマル君」を海に捨てて小笠原は去ってしまったと言います。

逆転となりえる材料が見つからないまま苦戦を強いられている拓のもとにやってきたのは秋保でした。たまたま近くで用事があったのとついでに負けそうになっている拓の様子を見に来たのだと言います。秋保が資料を読み、ヒントを出すと閃いた拓は捨てられたペンダントを探しに行きます。一方秋保はプールでの実証実験を実施します。

実証映像の中で秋保は今回の原因となってしまった現象「逆潜流」についての説明を行います。
流れが速く、どんなに泳ぎが得意な人でも巻き込まれてしまえば抵抗ができなくなってしまうというもの。これにより、小笠原が捨てたペンダントを拾いに海へと入っていった理沙はこの逆潜流に巻き込まれてしまい、亡くなってしまったというものでした。
これらにより、小笠原に無罪の判決が言い渡されたのです。

「ごはんをご馳走するって……この狭い部屋ですか?」
裁判が終わり、お昼ご飯をご馳走すると言った拓の部屋へやってきた楓。人にふるまうなら部屋を片付けろとため息をつきながらファイルをどこうとする楓にある文字が飛び込みます。
“東央大学生 殺人事件 受刑者が自殺”との見出しがあるファイル。そのファイルを取り上げる拓なのでした。

次回へ続く。

ドラマ『イノセンス-冤罪弁護士-』第4話のネットの反応や評価は?

 

https://twitter.com/08082pm/status/1094593384835014663

 

ネコ吉
海は海水浴で楽しい場所でもあるニャ。でも、何が起こるか分からないのもまた海なのニャ

https://twitter.com/skyrandies/status/1094566051700862977

 

パコ
まさかこんな季節に過酷なロケだったろうね。みなさんお疲れ様でした

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ネコ吉
今回の視聴率はまだ調査中ニャ。それにしても大掛かりな実験だったニャ~
パコ
予算はいったいどこからおりているんだろうね……とはいえ、海の恐ろしさはみんなに伝わったと思うよ

ネコ吉
案の定親子は険悪ムードだったニャ。次回でまさか過去バレくるニャ?

パコ
それは来週までのお楽しみだね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です