イノセンス 冤罪弁護士| 5話視聴率、あらすじネタバレ感想!パワハラ教師の冤罪?と明かされる弁護士たちの過去

イノセンス

2月16日放送のイノセンス-冤罪弁護士-第5話のあらすじ、ネタバレ感想を書いていきます!

ネコ吉
えいえい!怒ったニャ?
パコ
んもう、そんなにぺしぺし叩かないでよね

ネコ吉
これが上司と部下の関係だったらパワハラになるかニャ?

パコ
うーん、立場が違っていたらもしかしたらなっているかもしれないね

ネコ吉
今回の話は教師と生徒のお話だニャ

 

スポンサーリンク

ドラマ『イノセンス-冤罪弁護士-』のあらすじ

 

高校の名門フェンシング部で顧問を務める高松たかまつ洋介ようすけ(豊原功補)から依頼を受けた拓たく(坂口健太郎)楓かえで(川口春奈)。高松は部活の指導中に剣で突いたエース選手の藤里ふじさと(清水尋也)が、不整脈による心停止を起こしたことで業務上過失傷害で在宅起訴をされたという。藤里は一命こそ取り留めたものの、現在も自宅で療養中。高松は必要以上に強く突いた可能性はないと話す。

藤里に話を聞くため自宅を訪ねる拓と楓、穂香ほのか(趣里)だが母親に門前払いをくらい学校へ。校長と部員たちは優秀な指導者だった高松と藤里の間にトラブルはなかったと証言し、部員の田代たしろ(柾木玲弥)は高松のためなら法廷で証言をしてもいいと申し出る。聡子さとこ(市川実日子)が手に入れた事故当時の練習の様子が映り込んだ映像をチェックする拓たちだが、肝心の事故の瞬間にちょうどノイズが入っていてよく見えない。

そんな中、かつて楓が所属していた大手弁護士事務所内での悪質なセクハラが表沙汰になり、週刊誌から取材依頼を受けた楓はセクハラ被害の辛い記憶を掘り返されることに思い悩んでいた。
そして迎えた高松の裁判の弁護側証人尋問の日。証言台に立った田代の発言に法廷は大混乱に陥る!
しかし、地道な調査と秋保あきう(藤木直人)の協力で拓があぶり出したのは誰も予想しなかった意外な真相だった…!

引用元:https://www.ntv.co.jp/innocence/story/

 

スポンサーリンク

ドラマ『イノセンス-冤罪弁護士-』第5話のあらすじネタバレと感想

拓の部屋で弁護士にったきっかけ?となる事件のファイルを見つける楓。
以前に秋保から聞きたいなら本人に聞けと言われたことを話すと、拓は意外にもすんなり楓に事件のファイルを渡すのでした。
「少し、抵抗ありますけどね」

拓と楓に高校の名門フェンシング部の顧問をしている高松から相談を受けます。
部活の指導中に剣で突いたエース選手である藤里が不整脈による心停止で倒れてしまったようで。
「業務上過失傷害で在宅起訴されまして……」
藤里は一命をとりとめたようですが、自宅で療養中とのこと。
「自分に非があれば潔く罪をを認めますが、強く突いたことはないですし……当日、藤里にも変わった様子はなかったんです」
「分かりました。僕が徹底的に調べて戦います」

翌日、事故当日の詳しいことを藤里本人から聞くため藤里家へ訪れますが
過保護気質な母親に水をかけられ門前払いをくらってしまいます。
その後学校へ向かい、教頭と部員たちへ聞き込みを行います。
2人の間にトラブルはなく、副部長である田代から裁判で証言させてもらいたいと申し出ます。
事務所に戻った拓は今一度事故当時のフェンシング部の練習映像を確認していました。
練習の様子はかなり厳しい様子ですが、高松が藤里を突いた瞬間に映像へノイズが走りました。
「…………?」

そんな中、かつて楓が所属していた大手の弁護士事務所で悪質なセクハラが表沙汰となってしまいました。
その影響により、楓のもとに週刊誌の取材依頼が殺到してしまうようになってしまいます。
過去の記憶がフラッシュバックするように楓を苦しめたのでした。

迎えた高松の弁護側証人尋問の日、証言台に立った田代から衝撃の言葉を口にします。
それは、高松からの体罰。追い打ちをかけるかのように藤里が高松から体罰を受けている映像を再生し、
法廷は混乱に包まれました。そのせいで高松は世間からバッシングを受ける標的となり、牙を向けられることになるのです。
「事務所に大きな傷をつけたな」
別府所長は拓に事務所の名誉と高松の今後のために、法廷で争わないよう言います。
冤罪にこだわる拓に別府所長が快く思っていない理由として、別府所長の兄が刑事事件の争いで負けて心労の末に亡くなった過去があったからと湯布院が話します。弁護士というのは事件に最も近い第三者であり、場合によっては酷い風当たりを受けることもあるのだと付け加えて。
相次ぐ誹謗中傷により追い詰められていく高松。拓と楓は再び高校へ訪れます。そこで以前田代と話していた生徒の森吉が部室へ入る姿を見かけます。

事務所に戻った拓と楓は聡子が編集しなおした事故時の映像を見ます。
「またノイズが入っていますね」
「カメラが壊れていたんじゃない?」
体育館の壁に立てかけられたパイプ椅子と石和が口にした地下室という言葉で閃いた拓は、
急いで高校を訪ねてそのまま体育館へ駆け込みます。
体育館の床下が収納庫になっており、床の裏側の一部が焦げているのを見つけます。
「やっぱり……!」
弁護側証人尋問の日、証言台に立つ秋保はこの度の要因となった装置「テスラコイル」について説明をします。
テスラコイルとは無線で送電を行う装置で、細工されたフェンシングの道具を媒介に電気が送られ、
藤里を突いた瞬間に心停止を引き起こすのに十分な電流が流れたと言います。事故の瞬間の映像にノイズが走ったのも、その電磁波のせいだったのです。その装置をつくったのは森吉。いじめを受けていた森吉は田代たちから装置をつくるよう命令されていたのです。そして、藤里本人からの頼まれたのだと証言します。

検察側の証人としてやってきた藤里から監督と親からのしかかるプレッシャーによって押しつぶれそうになっていたと証言します。
好きだから続けていたかった、と。部内からも孤立し、部活を辞める事も許されず、それならもう死ぬしかなかったのだと。
そのために田代たちと共謀して、高松の突きで自殺する計画をたてたのです。
「どうせ死にたくなるぐらい嫌な目にあうんです」
法廷で自暴自棄になる藤里に、拓は犯した罪は償わなければいけないと話します。
そして、生きて償って立ち直って欲しいと言葉をかけるのでした。

数日後、高松に無罪判決が下されました。検察の指宿から逆転勝訴されてしまったと拓に声をかけます。
「報道陣にくぎを刺したのにも関わらず、バッシングの記事を掲載したところもあるようですね。
バッシングが過熱するのは、司法が下す量刑が軽いのだと国民が思っているのですよ」
「それは、冤罪でない事が大前提でしょ」

劇的な逆転勝訴に事務所には報道陣が別府所長に詰め掛けていました。
そんな中、楓は拓に東央大学生殺人事件のファイルを返そうとしていました。
「第三者の私が無理やり知ることじゃないですから」
「いいんですよ、秋保さんが知ってもいいって言っていたのなら」
そういって拓はファイルを受け取ろうとせず自室へ行きました。
楓がファイルを開くと、受刑者 獄中で自殺 被害者の秋保彩花さん との記事があったのでした。
「秋保……妹、さん?」

次回へ続く。

ドラマ『イノセンス-冤罪弁護士-』第5話のネットの反応や評価は?

ネコ吉
今の時代、簡単に情報が手に入るニャ。手に入れるだけならすぐニャけど、真実とは限らないニャ~

パコ
お互いに深く入り込むというわけではなく、例の事件をただ共有しているだけの微妙な、絶妙な距離感!何とも言えないけど、どこかもどかしい感じだね

スポンサーリンク

まとめ

 

ネコ吉
今回の視聴率はまた追記するニャ。社会的制裁のいい例ニャー!大人と子供はズレが生じてなんぼだったニャ
パコ
ネットでの中傷もマスコミのバッシングも火に油を注ぐように歯止めがきかないことだって痛感した話だったね

ネコ吉
まったくその通りだニャ。とはいえ生徒の大胆さその思考には驚いたニャ

パコ
僕たちもその一人になってしまうこと、忘れないでおきたいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です