イノセンス冤罪弁護士| 6話話視聴率、あらすじネタバレ感想!狂暴な容疑者のほぼクロから逆転なるか?

2月23日放送のイノセンス-冤罪弁護士-第6話のあらすじ、ネタバレ感想を書いていきます!

ネコ吉
大変だニャ!今回のゲストは「今日から俺は!」にも出演していた須賀健太さんだニャ!みんな気づいていたかニャ?
パコ
どうやらギャップに気づかなかった人もいたみたいだね。演技力のたまものといったところかな

ネコ吉
なんだか今回は裁判とは別に誘拐も起きてさあ大変!って感じだったニャ…よーちぇけらーニャ

それでは、2月23日放送のイノセンス-冤罪弁護士-第6話のあらすじ、ネタバレ感想を書いていきます!

スポンサーリンク

ドラマ『イノセンス-冤罪弁護士-』のあらすじ

 

楓(川口春奈)は、かつて東央大生だった秋保(藤木直人)の妹が殺され、交際相手の理工学部の学生が有罪判決後に自殺したことを知る。弁護を担当したのは湯布院(志賀廣太郎)のパートナーだった別府(杉本哲太)の兄。そして担当検察官は拓(坂口健太郎)の父・真(草刈正雄)だった。混乱する楓に、穂香(趣里)は関係者が今も事件を引きずっているのは冤罪の可能性があったからだと話すが、拓が冤罪にこだわるのには何か別の理由がある様子で…。

そんな中、拓と楓は事務所が顧問契約をしている樽前物産の社長の息子・樽前裕也(須賀健太)の弁護を担当することに。友人の新島にいじま彰あきらを射殺した疑いをかけられた裕也は被疑事実を否認しているものの状況証拠が揃っており、限りなく黒い上、本人の評判も最悪。
樽前家を訪ねた拓たちは住み込みの使用人・有珠田(吹越満)から事件当日、裕也は部屋にこもって楽器を弾いていたと聞く。
自称ミュージシャンの裕也は日頃から大音量で楽器を弾くため近所から苦情が来ていたというが、事件当日に楽器の音を聞いた人は見つからない…。

その頃、事務所には殺された新島の母(山下容莉枝)が樽前の弁護をやめてくれと直談判に訪れていた……。裕也のアリバイが固められない中、なんと、穂香の息子・晴斗はるとが誘拐され、事件の弁護をやめなければ子供が死ぬという脅迫メールが届く!新島の母が誘拐したと直感する拓だったが、思わぬ事実発覚で事態は急展開!
果たして拓は、科学の力で事件の真相を暴き、晴斗を救うことができるのか!?

引用元:https://www.ntv.co.jp/innocence/story/

スポンサーリンク

ドラマ『イノセンス-冤罪弁護士-』第6話のあらすじネタバレと感想

東央大学生殺人事件のファイルを読んだ楓は混乱をしていました。それを察した穂香は自宅へ招き入れる事にします。
穂香には4歳の息子・晴斗がおり、また波乱万丈な半生に楓は驚くのでした。
「人にはそれぞれ過去があるものよ。触れられたくないこともね。あの事件は冤罪の可能性があったから、みんな引きずっているのよ」
「それでも黒川先生が冤罪にこだわるのもおかしくないですか?」
「それは…別の理由があるからよ」

そんな中、射殺事件の弁護を事務所と顧問契約している企業の社長から依頼をされます。
容疑者となるは、樽前物産のひとり息子である樽前裕也。被害者は、裕也の大学時代からの友人・新島彰。
裕也は限りなく黒に近い状況に置かれており、自宅の部屋からは改造されたエアガンが発見され、現場に残された足跡は裕也の靴と同一。
おまけに態度も悪く印象も最悪といったところでした。しかし、容疑は否認しています。
拓と楓、石和は樽前宅へ訪れて使用人の有珠田から事件当日、裕也は自室で楽器を弾いていたと言います。そして、日ごろ楽器の騒音が近所迷惑になっており苦情が寄せられている事を知ります。

拓たちが外出しているころ、事務所には新島彰の母親を名乗る女性が訪れて弁護をやめるよう訴えていました。
殺害動機としてサークルで起こした性的暴力事件が関わっていたからだと記事が掲載された雑誌を広げて見せました。
近所への聞き込みの結果、使用人の有珠田の証言に嘘があることが判明します。
調査を行っているとき、事務所へあるメールが届きます。それは穂香の息子・晴斗を誘拐した事と事件の弁護をやめるようにとの内容でした。
そうしなければ子供は死ぬ、と。拓は事務所にやってきていた女性の犯行だと直感します。
公判が数日後と迫る中、脅迫メールも過激になっていきます。楓たちは弁護を降りるよう拓に話しますが、ギリギリまで粘りたいと言います。
拓は女性が持ってきた雑誌記事を見て、実名で記載されていないのにも関わらず樽前たちの犯行だと知っていた事に疑問をもちました。それで、犯行したのは学生たちの関係者なのではないか?と推測します。

事件の捜査と晴斗の捜索に力を入れる拓たち。誘拐した真犯人が分かったことを聡子から連絡をもらった拓は、近くで工事をしていて声が聞こえにくい事を聡子から言われ、何かを閃きます。
公判当日。検察側証人としてやってきたのは、樽前宅の向かい家に住む近隣女性。事件当日、楽器の音は聞こえなかったが工事の音は聞こえたと証言します。聡子から晴斗が保護された合図を見て、ホッとする拓たち。法廷ではある検証を行いました。秋保は今回の事件で起こった現象を聴覚特性によるものだと解説。中身をひも解くと、人の耳は高い周波数を持つ音のが聞こえやすく事件当日に工事で使われていた機材が周波数が高い音を発するものであり、周波数が低いベースの音をかき消してしまった。なので、向かいに住んでいた住民には工事の音は聞こえたが、楽器の音は聞こえなかった半面、反対側の住民にはベースの音が聞こえていたというわけです。
これで裕也のアリバイが証明され、証言台に使用人である有珠田が立ちました。拓はあまりにも状況証拠が揃っている中、エアガンが第三者によって持ち出された可能性がある事を切り出し、有珠田は樽前家で使用人として働く前に離婚した妻との間に娘がいた事を話します。その娘・ユキは大学時代に自殺をしてしまったのです。その同時に傍聴席へ離婚した妻である丸山依子が入ってきます。依子を見た有珠田は自分が新島を殺害したと認めました。この2人は元夫婦だったのです。
娘であるユキは性的暴力を受けた末に自殺をしてしまい、有珠田たちは復讐の時をじっと待っていたのです。新島を殺害した罪を裕也へきせようと依子と協力し裕也の犯行だと思わせることを計画しました。
有珠田が犯人だと知った裕也は罵声を浴びせます。そんな裕也に有珠田は拓にこんな男を助けるために弁護士へなったのかと疑問を投げかけます。
「それでも被害者を殺していない」そう拓は言って、涙ぐみながら殺害の公訴事実のみ無罪を主張するのでした……。

その後、裕也に無罪判決が言い渡されました。ただ、被害を受けたほかの女性たちから改めて訴えられることになっており、
それらについては弁護を拒否する方針へ。
秋保のもとへ訪れていた楓は思い出話の続きをしようとしていました。拓が冤罪にこだわる本当の理由。
秋保の妹を殺害したのが拓の幼馴染だったから、でした。

次回へ続く。

 

ドラマ『イノセンス-冤罪弁護士-』第6話のネットの反応や評価は?

 

ネコ吉
他には見せないギャップといった感じだったニャ

パコ
確かに、想いは痛いほど伝わってきたね。遺族側からしたらどんなに胸が張り裂けそうなものか…

https://twitter.com/daifuku_1go/status/1099320846500257794

 

スポンサーリンク

まとめ

ネコ吉
今回の視聴率は後日追記するニャ!
パコ
はあ、それにしても今回の話は涙ぐんじゃったよ…

ネコ吉
黒川先生も涙ぐみながら無罪を主張してたニャ

パコ
中中に重みがある事件だったね。そういえば、ちゃっかり拓の過去がまた明かされたね~

ネコ吉
ま、まさか黒川先生の幼馴染だったとはニャ

パコ
次回も気になっちゃう…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です