【レミゼラブル】SPドラマの視聴率や視聴後結末ネタバレ感想!原作ファンからは辛口評価?

レミゼ

【レミゼラブル】SPドラマの視聴率や視聴後結末ネタバレ感想!原作ファンからは辛口評価?

ディーン・フジオカさんと井浦新さんのW主演で放送されたドラマ「レ・ミゼラブル終わりなき旅路」。

一時ツイッター上で「おディーン様」「レミゼラブル」がトレンド入りするなどとても話題となりました!

今回はそんなドラマ「レ・ミゼラブル終わりなき旅路」の視聴率や視聴後のネタバレ感想などをまとめていきます♪

ネコ吉
とにかくおディーン様がかっこよかったニャ…♪

 

スポンサーリンク

SPドラマ「レ・ミゼラブル終わりなき旅路」の視聴率は?

クリスマスイブに放送された「犬神家の一族2018」の視聴率が11%を記録していますが、ドラマ版レミゼはどうでしょうか!?

ドラマ「レ・ミゼラブル終わりなき旅路」の視聴率は、7.0%

 

評判良かったのに視聴率はまさかの1桁7%…なぜだ…

 

スポンサーリンク

SPドラマ「レ・ミゼラブル終わりなき旅路」あらすじ

レミゼFOD

引用元:FOD

 

【第1幕】の舞台は平成3年(1991年)~平成7年(1995年)の神戸。ある日、殺人犯の少年が刑務所から脱走したニュースが駆け巡ります。2年前、17歳の少年・馬場純が正当防衛の末、殺めてしまった相手は、母・結子を騙して全財産を巻き上げた男・斎藤太。病気の弟の手術費を稼ぐためアルバイトに精を出していた純でしたが、刑事罰となり、少年刑務所に入れられてしまいます。ある日、弟が危篤であることを聞かされた純は思わず脱走。けれども弟はすでに死亡していて…。絶望の淵で自殺しかけたところ、自立支援施設「徳田育成園」を営む徳田浩章に助けられ、身分を隠して育成園で暮らし始めます。そこで弁護士を目指す少年・渡辺拓海と出会うのですが…。もう一人の主人公は純が殺めてしまった男・斎藤の一人息子・斎藤涼介です。悪徳な両親と縁を切っていたものの、父親が殺された理由が投資詐欺を働いたせいだと世間に知られ、被害者遺族のはずがまるで加害者家族の様な報道被害にあってしまいます。そんな中、平成7年に起きた阪神・淡路大震災。未曾有の大震災が二人の少年の運命を大きく変えることに…。
【第2幕】は平成16年(2004年)の東京を舞台に、【第3幕】は平成30年(2018年)の福島が舞台です。二人の主人公の再会と、阪神大震災で決定的に変わった運命のその後が描かれ、世間から身を隠しながら生きる純と、純を追いかけ続ける涼介、そしてついに対峙する二人の男。30年にわたる長い旅路に打たれる衝撃的な終止符が描かれます。彼らを取り巻いてきた人々の思いを紡ぐ希望の光は、そこにあるのか…。感動のクライマックスにご期待下さい。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2018/181120-i449.html

 

▼関連記事もチェック!▼

レミゼ 【レ・ミゼラブル】SPドラマのあらすじ結末ネタバレ!キャストと相関図(画像あり)

SPドラマ「レ・ミゼラブル終わりなき旅路」視聴後あらすじネタバレ

ネコ吉
ここからネタバレとなります!これから見るという方は注意してください!

 

ドラマは主人公・馬場純が刑務所を脱獄し逃げ回っているシーンから始まります。

 

周りを気にして逃げ回りながら、拾った10円玉で公衆電話から何やら病院に電話をかけるが、ちょっと待ってくださいと保留中に通話が終わってしまう。

トラックの荷台に潜り込み、なんとか病院にたどり着くが、純がてつと呼ぶ少年はつい先ほど亡くなってしまったのだった。

絶望の表情で病院を後にし、トラックの前にふらりと立ち目を閉じる純。

しかし、とある男性に助けられ、目を覚ました時にはその男性が運営する育成園のソファにいたのだった。

おびえる純だが、何も聞かず、飲み物や寝床を準備してくれる男性・徳田。

同室となった少年・渡辺拓海は、おどおどして何も話そうとしない純に何も聞かず、何かと面倒を見てくれる。

 

そんな中、施設に刑事が訪れ、純は逃げ出そうとするが、拓海はそれを引き止め、警察なら園長が追い払った、と。

純は身の上話を始める。

弟は肝臓の病気で、自分が18になって移植できれば助かったこと、肝心な時に自分は刑務所にいたこと、母親は電車のホームに落ちて死んだこと、もしかしたら自分のせいで自殺したことを一気に話す。

殺すつもりじゃなかったんだろ?正当防衛なんだろ?何か事情があってここにいるのだろうと、全てを知っているかのように答える拓海。

まだ会ってすぐだろ、と涙が止まらない純。

二人に熱い友情が芽生えた瞬間だった。

 

施設で新年のカウントダウンパーティーの場。純は徳田に問いかける。

「なんで刑事に嘘をついたのか?」

「人は結局誰を信じて誰を守るかだ、と信じてこの施設をやっている」

「俺はこれからどうすれば良いか」

「それは自分で決めろ。まぁ、難しい方を選ぶ、無理だと思ったほうを選ぶ、それがだいたい正解だ」

 

そんな中、大きな地震が施設を襲い、拓海ががれきの下敷きになってしまう。

必死で助けようとする純だが、拓海の上に乗ったがれきは一人で動かせるような重さではなく、少しも動かない。

すると、それを察した拓海が、ポケットの中の財布を取れという。

「馬場純、おまえ、俺になれ。俺には親もいない、誰にもわからない。やり直せ。約束だぞ、俺の分まで生きろ」

火事の火がまわる中、拓海の身分証が入った財布を手に施設を後にしたのでした。

その後、自分が震災で死亡したいうと新聞記事を読みながら、純はひとり東京に上京する。

 

数年後、純はかつて拓海が目指していた弁護士となり弱い立場の人々を助けていた。

荒れる少年の面倒も見ている様子で、刑事となり少年を取り締まっていた、純が正当防衛で殺してしまった男の息子である斎藤と面識を持つこととなる。

 

純の事務所にやってきた親子、唯と梢。住んでいる場所の保証人になったり、3人仲良く食事をしたりと、弁護士と依頼人の関係以上の間柄の様子。

24時間運営の未認可保育園に預けられている梢は、そこの経営者の親子に、唯が作ったお弁当を落としそれを食べさせられるなどいじめられている。

また、母親もギリギリ時間内にお迎えに来たのにも関わらず法外な延滞料金を請求されるなどしていた。

 

純が面倒を見ている元オレオレ詐欺などを働き更生中の少年とのつながりで、お酒を酌み交わすなど親交を重ねていく純と斎藤。

純が仕事で呼ばれていったあと、斎藤は純が同じ神戸出身であり、あの徳田育成園から郵便物が来ているのを見つける。

後日どんなつながりがあるかたずねると、仕事で少し…とはぐらかしたことが気になり、斎藤は徳田育成園を訪ね、馬場純と渡辺拓海を知る女性から話を聞き、二人が入れ替わっていることに気づく。

そして斎藤は純を問い詰めるが、何も答えない純。

 

そんな中、純が知り合いに依頼していた、唯と梢が住み込みながら働ける職が見つかったと連絡が入り、それを伝えに家を訪れたところ、母親が血を吐いて倒れていた。

病院では、白血病であり、手遅れだと言われる。

唯は朦朧とする意識の中、純に「私のたったひとつの宝物、梢をお願いします」と伝え、「梢ちゃんは僕が守る」と約束する。

そして純が梢を迎えに行く間に母親は亡くなってしまうのでした。

その後すぐに無認可保育園を告発し、事務所をたたんで、梢と二人逃げる純。

斎藤は懸命に追うが、新幹線に乗り込む二人を、あと一歩のところで逃してしまう。

 

数年が経ち、とある場所でリンゴ農家をしながら暮らす二人。

成長した梢は、純と仲良く暮らしながら政治家の彼・慎がいるが、慎の親からは交際を反対されている。

慎の事務所で働きながら、彼に恋心を抱く女性は、なんとあの無認可保育園経営者の娘。

そのつながりで、昔純の過去を知ったという無認可保育園経営者夫婦から恐喝されることとなる。

自転車を盗んで生計を立てていた夫婦を偶然検挙した斎藤は、夫婦から純の居場所を聞き出すが、逃げ出そうとした夫婦ともみ合いとなり撃たれてしまう。

恐喝の件で夫婦から呼び出されていた純は血痕とりょうの警察手帳を発見し、まだ息のある斎藤を山中に埋めようとしていた夫婦から助け出したのでした。

 

そんな中、梢からの不在着信を折り返すと、慎が倒れて病院にいるとのこと。

慎と話すうち、東日本大震災で親友を目の前で亡くした、その親友に恥じない生き方をしたいと話す彼と自分を重ねる純。

 

検査の結果、慎はすぐに肝臓の移植手術をしないと助からない病気だということが判明したが、非常に珍しい血液型RH-O型で、家族にも適合する人がいないとのこと。

実は、純はそのRH-O型であり、梢と彼が結婚をして6親等内の親族になればドナーになることが可能である。それをきっかけに、二人の結婚が認められることになった

 

そして移植手術の当日、斎藤は純を訪ねた病院で徳田と出会う。

馬場純は罪を償わず他人になりすましのうのうと生きている、と言う斎藤に、

園長は「殺してしまったのは正当防衛、逃げ出したのは弟を助けるため、拓海として生きることになったのは命のバトンを渡されたから…。せめて手術が終わるまで純を見逃してくれないか」と頼みます。

強い葛藤の中、斎藤は純が手術に向かうのを止めずに見逃したのでした。

 

無事に手術を終え、彼も回復した頃、一通の手紙を残して純は姿を消した。

その手紙には今まで梢に伝えていなかった全てと、今日をもって自分を偽ることをやめる、これからは馬場純に戻り罪を償っていく、と手紙には綴られていた。

 

唯の墓に花を手向ける純。そこに斎藤がやってくる。

純は斎藤に、もう自分を偽る必要はなくなった、これから罪を償うと伝える。

「私はあなたを許しはしない、あなたも私の父を許さなくていい。馬場純、逮捕…行こうか。」

そう言った斎藤の運転で、警察署まで向かう二人。色々な思いが込み上げる無言のドライブで終結となりました。

 

スポンサーリンク

レミゼラブル感想

ドラマ「レミゼラブル終わりなき航海」を見たみなさんの感想をご紹介します!

https://twitter.com/svQqf6W0iXiUuiK/status/1081901394792206336

 

主演のディーン・フジオカさんをはじめとしたキャスト陣の演技がすごかったという声が多くありました!
特に吉沢亮さんの演技には絶賛の声が多数!

 

https://twitter.com/nekonoyumezzz/status/1081929682960838657

 

一方で、原作ファンのみなさんからは辛口のコメントも多くありました!
レミゼラブルという名前でありながら、舞台を平成30年間の日本とするなど原作とは違う雰囲気となったドラマでしたので、原作ファンには受け入れられない内容となっていたかもしれません。

SPドラマ「レ・ミゼラブル終わりなき旅路」まとめ

ドラマ「レ・ミゼラブル終わりなき旅路」の視聴率と、視聴後のネタバレ感想をまとめていきました!

放送後、賛否両論が繰り広げられている今回のドラマレミゼラブル。

残念ながら見逃してしまった!もう一度見たい!という方は、無料でレミゼラブルの動画を見逃し視聴する方法をまとめたこちらの関連記事もぜひチェックしてみてください!

▼レミゼラブルの動画を無料見逃し視聴する方法はこちら▼

レミゼ 【レ・ミゼラブル】SPドラマの動画見逃し配信を無料視聴する方法!pandora,dailymotionでも見れる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です