黄昏流星群最終話あらすじ・ネタバレ感想!人生折り返しの恋の結末!完治の決断とは!?

黄昏流星群

木曜10時から放送されていますドラマ「黄昏流星群」最終話のあらすじやネタバレなどをご紹介します!

ついに最終話となりました!

家から出て行った璃子(中山美穂)は完治(佐々木蔵之介)の元に戻ってくるのか!?

完治の栞(黒木瞳)への恋心の行方は!?

では早速ドラマ「黄昏流星群」最終話のあらすじ・ネタバレ・感想を見ていきましょう!

スポンサーリンク

黄昏流星群の最終話あらすじ

まずは最終話の予告・公式あらすじをチェックしてみましょう!

最終話予告

最終話公式あらすじ

瀧沢完治(佐々木蔵之介)は異例の人事で若葉銀行に戻ることになった。しかし、妻の真璃子(中山美穂)は家を出て行き、日野 冴(麻生祐未)の世話をする形で春輝(藤井流星)を支えている。完治が想いを寄せる目黒 栞(黒木 瞳)も姿を消し、音沙汰がない。
完治は銀行復帰後、不正融資の内部調査委員会委員長を任される。その矢先、同期で融資部長の井上英樹(平山祐介)が自殺を図ってしまう

一方、真璃子は春輝と冴をホスピスへと送る。真璃子のこれまでの献身的な世話に感謝する冴。だが冴は、春輝との関係は今日で終わりにしてほしいと冴は真璃子に釘を刺した。真璃子は他へ行くところもなく、瀧沢家へ戻ることに…。
一度は壊れかけた、完治と真璃子の夫婦仲は修復されるのか?一方で栞の病は日々進行していく。完治と栞は果たして再会することができるのか?運命の恋の行方はいかに…!?

引用元:https://www.fujitv.co.jp/tasogare/

最終話のストーリー展開・見所予想

ついに最終話です。

銀行への復職を果たした完治(佐々木蔵之介)。

以前の完治なら何があっても仕事を優先するのでしょう。

ただ栞(黒木瞳)が病に倒れ、何らかの方法でその事実を知った完治が仕事を投げ打って会いに行く!と言う展開では?

やはり原作を基本とすると完治の決断はそうなるでしょうか?

一方、真璃子(中山美穂)は人を世話する仕事を見つけ1人で生きていくのかなと予想します。

春輝とは別れてしまうんじゃないかな?

さて、結末やいかに!!

スポンサーリンク

黄昏流星群の最終話を視聴してのあらすじ

黄昏流星群最終話終了後に更新します。

黄昏流星群の最終話の感想

黄昏流星群最終話終了後に更新します。

スポンサーリンク

黄昏流星群の最終話Twitterの反響

Twitterではどんな反響が出ているでしょう?

黄昏流星群最終話終了後に更新します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です