【手紙】亀梨和也SPドラマのあらすじネタバレ結末!キャストと相関図も!

【手紙】亀梨和也SPドラマのあらすじネタバレ結末!キャストと相関図も!

亀梨和也SPドラマ情報!東野圭吾さんの不朽の名作【手紙】で主演決定しました!
発行部数240万部突破の名作あらすじ、ネタバレと結末まで。
亀梨和也はじめ、その他キャストとその相関図も。
豪華キャストでおくる感動作、亀梨和也SPドラマのあらすじネタバレ、結末を書いていきます。

 追記:視聴後ネタバレを追記しました♩

 

▼亀梨和也主演の手紙はParaviで配信中▼

Paraviへ

スポンサーリンク

【手紙】亀梨和也SPドラマのあらすじ・ネタバレ

武島直貴(亀梨和也)には兄、剛志(佐藤隆太)がいました。
剛志は4年前、弟を大学に入れてやりたいという一心で強盗に入った家で、思いがけず殺人を犯してしまいます。
剛志は懲役20年の判決が下り、獄中から月に一度直貴に手紙を送り続けます。
働きながら定時制に通う直貴は、兄に「順調だから心配いらない」と手紙で嘘をついていました。
本当は犯罪者の弟として差別を受け、住むところもアルバイトも転々とせざる負えない状況でした。
SNS社会の現代、自分が犯罪者の弟とバレることなく暮らすのは難しかったのです。
進学、恋愛、就職…掴もうとした幸せは「強盗殺人犯の弟」というレッテルによって直貴の手をすり抜けていきます。
次第に直貴は剛志からの手紙を無視するようになり、兄弟にとって大きな選択をすることとなるのです。
「差別はあって当然。」――犯罪加害者の弟という運命を背負い、懸命に生きていく直貴の家族、愛、絆とはなんなのでしょうか。
普段はスポットライトの当たる事のない加害者家族の人生ですが、私達が改めて“差別”という難しい問題を考える機会になる感動の作品です。

スポンサーリンク

【手紙】亀梨和也SPドラマの結末

東野圭吾さんの作品だと、ミステリーの印象が強い方が多いかと思います。
でも今回の【手紙】は社会派のヒューマンドラマです。
兄弟は絶縁してしまうのか、直貴は家族を持てるのか…、涙なしには見られないのは確実ですね。
作品が発行されたのが2003年なので今回は2018年の現代風にアレンジしてある箇所が多々あるでしょう。
現代の超SNS社会が直貴をどのように苦しめるのか…と思うと悲しくなります。
とはいえ、亀梨君らしさが消えた陰のある演技に期待します!そして劇中でバンドを組む設定なので、亀梨君の歌声にも期待しちゃいますね!

 

【手紙】亀梨和也SPドラマ・キャスト相関図

武島直貴/亀梨和也
兄が強盗殺人犯として服役。友情・恋愛・就職・結婚という幸せを掴もうとする度に「強盗殺人犯の弟」として社会から差別を受けます。
“生きることの複雑さ”という難しいテーマに挑むのはKAT-TUNの亀梨和也さん。
テレビ東京初出演にして初主演です。

武島剛志/佐藤隆太
直貴の兄。弟を大学に入れるお金のために強盗殺人を犯してしまいます。刑務所から直貴に手紙を送り続けています。
物語のキーパーソンを演じる佐藤隆太さんは数々のヒット作に出演されてきました。
プライベートでは三児の父なんです!明るいイメージの佐藤隆太さんですが今回の役をどのように演じてくれるのか注目ですね!

白石由実子/本田翼

 

View this post on Instagram

 

🎉 26歳になりました😋 趣味が10年前とほとんど変わっていないことに 気がつきました😋 #嘘だと信じたい

honda tsubasaさん(@tsubasa_0627official)がシェアした投稿 –


直貴を精神的に支え続ける女性。のちに妻になります。由実子自身も辛い過去を経験しています。
本田翼さんは若手女優さんの中でもとっても人気ありますよね。
元々はモデルをされていて、2012年に初めてドラマ出演されました。
意外ですが、かなりのゲーマーで有名です。

中条朝美/広瀬アリス
一流企業の令嬢で、直貴の恋人

嘉島孝文/中村倫也
朝美の従兄で許嫁

寺尾祐輔/高橋努
直貴の職場の先輩。直貴をバンドに誘う。

町谷健二/眞島秀和
『真芝電機』人事部社員

緒方忠夫/田中哲司
強盗殺人被害者遺族の息子

店長/渡辺いっけい
直貴のバイト先の居酒屋店の店長

中条浩臣/榎木孝明
一流企業の専務。朝美の父親。

平野宗一郎/小日向文世
直貴の就職先の社長

話題の若手からベテランまで勢揃いの出演陣の相関図

【手紙】はテレビ東京12月19日(水)夜9時放送です。
この冬一番の感動作です。
原作も読んだし、映画も見た、という方もぜひご覧ください!

スポンサーリンク

【手紙】亀梨和也SPドラマ視聴後の結末ネタバレ

 

 ここからネタバレを含みます。これから見るという方はご注意ください。

武島剛志(佐藤隆太)は緒形家に忍び込み、タンスから現金を盗む。

タンスの中にあったオルゴールから坂元九の「見上げてごらん夜の星を」が流れ、気を取られている間に、帰宅した住民女性に見つかり剛史はその女性を殺してしまう。

刑事から「犯人はキミのお兄さんだよ」と聞かされたが、弟の直貴(亀梨和也)はその言葉が信じられなかった。

事件の4年後の平成22年春、刑務所に入っている剛史と直貴は手紙のやり取りをしていた。

直貴はバイトをしながら大学を目指していましたが、兄の犯罪歴を知られて職場にいられなくなりバイトを辞める羽目に。

しかし、兄の剛史を心配させないように直貴は順調なふりをして手紙の返信を書く。

翌年冬 廃棄物処理会社に勤め始め、由実子(本田翼)と出会う。

歓迎会のカラオケで直貴が歌った「見上げてごらん夜の星を」のあまりの上手さに同僚たちは息を飲んでいた。皆が直貴に釘付けだった。

その後、直貴は兄の事件のことを思い出していた。

「被害者に線香をあげてほしい」と言う兄の頼みで、被害者の緒方家を訪ねようとするが、家の中にはどうしても足を踏み入れることはできなかった。

直貴が帰宅すると、家の前に同僚の寺尾(高橋努)と由実子の姿が。

直貴の歌声に惚れ込んだ寺尾は、彼を自分のバンドに誘う。

しかし、直貴は頑なに拒んだ。

そこで由実子が、先日の直貴の歌っている動画がSNSに投稿され、その再生回数がすごいと伝える。

直貴はすぐに削除するように強く言った。

そこで、兄からの手紙に桜のハンコが有る事を由実子と寺尾に知られ

兄が強盗殺人で懲役20年であることを告げ、二人に自分と関わらないでくれと言い放った。

直貴は、由実子や寺尾たちと距離を置き、定時制高校に通いはじめた。

そこで知り合った教師の朝美(広瀬アリス)と付き合うように。

しかし、兄が犯罪者だということを打ち明けることはできなかった。

ある日、直貴は朝美の両親に彼氏として紹介される。

そこで直貴は、一流企業の令嬢の朝美と自分は住む世界が違うと感じるのであった。

さらに朝美の従兄で許嫁の孝文(中村倫也)も現れ、ますます居心地が悪い。

その帰り道、孝文に朝美と距離を置くよう促され直貴は落ち込んでいた。

そんな直貴を励ますのは由実子だった。

ある日、直貴が朝美に「大事な話がある」と切り出すと、そこに孝文が現れる。

孝文に兄が強盗殺人で服役中であることをバラされる直貴。

ショックを受ける朝美。そして朝美の父が現れ、別れるよう懇願される。

結局、直貴は朝美との別れることに。

大学進学も諦め、参考書を燃やして自宅に帰るとそこには兄からの手紙が届いていた。

読み進めるも、徐々に怒りがこみ上げ、手紙を捨てる直貴。

平成25年の春、直貴は家電量販店に就職する。

就職を祝ってくれる由実子に兄に手紙を出すことを辞めたと打ち明けた。

ある日、直貴の務める店に泥棒が入ったことで、兄の犯した犯罪が知られ、直貴は倉庫業務に左遷される。

そこで社長の平野(小日向文世)に出会う。

平野から、「今回の左遷は当然のとこ、差別はあって当たり前。大切なのは直貴がこれからどう生きるかというとこ。」といった趣旨の話をされる。

自分はこれからどうすべきなのか、戸惑う直貴。

平野は、直貴がいかに素晴らしい人間かということが切々と書かれている手紙が届いたことを告げ、ここからが人生のスタートだと諭す。

手紙のことを聞いて、由実子を思い出した直貴が、彼女の元を訪ねた。

そこで由実子が直貴を装って、兄・剛志に手紙を書き続けていたことが明らかになる。

由実子から渡された剛志の手紙を読む直貴。

「もう逃げるのはやめよう。堂々と生きて行こう」と言う由実子に「ありがとう」と涙を浮かべる直貴だった。

その後、直貴は由実子と結婚し授かった娘は5歳になっていた。

寺尾と久々に再会し、彼が今はボランティアで刑務所の慰問をしていることを知る。

寺尾から一緒にやらないかと誘われるが、直貴は躊躇した。

直貴の元同僚が社宅に引越してきたことで兄のことがご近所に知られ、娘まで差別される。

そしてある日、娘がひったくりにあいケガをして顔に傷を負う。

その夜、ひったくり犯の親が謝罪に現れた。

直貴は被害者の立場を経験したことで、少し考え方が変わった様子。

兄に手紙を書き出す直貴。

その手紙に直貴は、

・これまでずっと嘘の手紙を書いていたこと

・直貴や家族が差別されて辛い目にあっていること

・兄とは縁を切り、家族を守ること

・更生を望んでいること

を書いた。

そして直貴は被害者遺族の・緒方家を訪ねた。

被害者の息子・忠夫(田中哲司)は直貴からのお焼香の申し出を断り、剛志から届いた手紙を見せた。

手紙を読むことで忠夫はずっと不愉快な思いをしていたが、最近届いた手紙の中で、剛志の弟たちが差別されていたことや、家族から絶縁されたことを知る。

何の償いもできない。私は手紙など書くべきではなかったと書かれた手紙を読んで、忠夫は、もう全てを終わりにしてもいいと思った。

直貴にも、もう終わりにしようと告げた。

寺尾と共に刑務所の慰問に訪れた直貴は思い出の曲、「見上げてごらん夜の星を」を歌います。

会場に兄・剛志の姿もある中、直貴は美声を披露するが、涙がこみ上げて詰まってしまい最後まで歌いきることはできなかった。

兄・剛志も客席から嗚咽を漏らしていた。

【手紙】亀梨和也SPドラマの視聴者の反応は?

山田孝之の映画版とは、SNSの登場などでところどころ内容が変更されています。

本作で歌われている「見上げてごらん夜の星を」は、原作ではビートルズの「イマジン」です。亀梨和也さんが歌う「見上げてごらん夜の星を」は聞き惚れてしまいましたね。SNSを見てみると2度目に歌われたシーンでは号泣した視聴者もたくさんいたようです。

また、芸能界からも亀梨版の「手紙」に称賛の声が!

大竹まことさんが自身の「ゴールデンラジオ」で亀梨さんのドラマ版「手紙」がすごくいいドラマだったと褒めていました。

 

Twitterでの視聴者の反応!

亀梨さんの演技を絶賛する声ばかり!!

ジャニーズタレントだと思って甘く見ていた人も唸らせる亀梨和也、俳優人生に大きくプラスとなる作品でした。

\亀梨和也主演、手紙の見逃し配信はParaviで/

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

400円(税抜き)の有料レンタル配信となります

パラビ手紙

 

▼Paraviで無料配信中!▼

詳しくはこちら

本ページの情報は2018年12月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です