仮面ライダーゼロワン第27話の感想!垓がついに本性を見せる!?

3月15日放送の仮面ライダーゼロワン第27話「ボクは命を諦めない」のネタバレ感想です。3月15日放送の仮面ライダーゼロワン第27話をネタバレ感想で振り返ります。

スポンサーリンク

仮面ライダーゼロワン第27話「ボクは命を諦めない」

お仕事勝負の会場だった消防訓練は、レイダーの介入で本物の火災現場となってしまった。取り残された福添(演:児島一哉/アンジャッシュ)らを救助にしに行く穂村(演:阿部亮平)たち。無事、救助に成功するが、その途中で命の価値を知った119之助(演:島丈明)が犠牲となってしまう。一方、或人(演:高橋文哉)はレイダーを撃破するも、変身者には逃げられてしまう。レイダーが残したZAIAスペックを不破(演:岡田龍太郎)に渡して解析を頼む或人。

穂村が福添を救ったことから、お仕事勝負はZAIAの勝利だと宣言する垓(演:桜木那智)。だが、穂村は、命を持たないヒューマギアが命の価値を理解し、その身を捧げたことから119之介の勝ちだと言い、或人に敬礼する。

さらに、不破がZAIAスペックからレイダーの正体を突き止めた。それは、ZAIAの開発部の社員だった。その写真はレイドライザーをZAIAから持ち出したと証言する。

なぜ、レイドライザーがZAIAが開発したショットライザーと似ていたのか。それは、どちらもZAIAが開発したものだったから。

だが、垓は証拠となるZAIAスペックを奪おうと、仮面ライダーサウザーへと変身する。不破もバルカンに変身するが、あっさりと敗れてしまう。

そこに迅(演:中川大輔)が現れる。人間こそが悪意に満ちた存在であり、滅亡迅雷.netなどいなくても勝手に争い合って滅びると語る迅は、仮面ライダー迅に変身。サウザーから滅(演:砂川脩弥)のプログライズキーを取り返すが、それを滅に渡すと迅は滅のもとから去ってしまう。

「ヒューマギアは、僕が解放する」

結局、消防士対決は飛電インテリジェンスの勝利となった。次の勝負を制したほうが五番勝負に勝つ。だが、垓はヒューマギアが人間に必要かどうかを世論の投票で決めようと持ち掛ける。

本日の名シーン①

出展:https://pbs.twimg.com/media/ETG_pVzVAAEo7Q7?format=jpg&name=large

スポンサーリンク

仮面ライダーゼロワン第27話ネタバレ・感想

やはりレイドライザーはZAIAが生み出したものだった!

……そりゃそうでしょう。だって、あいつ、レイドライザー持ってるんだから。

不破は垓に「ついに本性を現したな」と迫りますが、前からクズの本性がとどめなく零れ落ちていたような……。

そんなさなかに現れた迅の言葉は重いですね。人間こそが悪意に満ちた存在で、滅亡迅雷が何もしなくても、人間同士で勝手に争って滅んでいく。

まあ、主に天津垓って人が悪いような気がしますけど。

やだ、惚れてまうやろ

出展:https://pbs.twimg.com/media/ETG-demUwAU2L1l?format=jpg&name=small

仮面ライダーゼロワン第27話・感想のまとめ

それもこれも天津垓ってやつが悪いんだ。なんだって、それは本当かい!?

朝から泣かせるのはやめてくれよ

出展:https://pbs.twimg.com/media/ETHBY3AU0AEPSPN?format=jpg&name=large

本ページの情報は2020年3月時点のものです。
最新の配信状況はビデオパス公式サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です