仮面ライダーゼロワン第32話のネタバレ感想!亡、ついに反逆!

4月19日放送の仮面ライダーゼロワン第32話「ワタシのプライド!夢のランウェイ」のネタバレ感想です。4月19日に放送された仮面ライダーゼロワン第32話をネタバレ感想で振り返ります。

スポンサーリンク

仮面ライダーゼロワン第32話「ワタシのプライド!夢のランウェイ」

ファッションモデルヒューマギア・デルモ(演:木津レイナ)を復元して大規模なイベントに出演させてほしい、という依頼を受けた或人(演:高橋文哉)。だが、そこにZAIAがデルモを破壊しようと現れる。或人はゼロワンに変身。さらに飛電製作所の用心棒となった不破(演:岡田龍太郎)が相手をするが、そこに唯阿(演:井桁弘恵)が現れる。唯阿は不破を無理やりアサルトバルカンに変身させると、不破の中にいる亡(演:中山咲月)を呼び起こし、イズ(演:鶴島乃愛)らを襲わせる。そこに迅(演:中川大輔)が現れ、不破を連れ去る。

デルモの夢と意思を確認する或人。一方、迅も亡に夢を抱いて人間の道具から自由になるように呼び掛ける。

亡は或人達のもとへと現れる。亡にヒューマギアも夢を抱いていいと呼びかける或人たち。

イベントの本番が近づく中、垓(演:桜木那智)らがデルモの廃棄を狙って襲い掛かってくる。或人はゼロワンに変身してデルモを守るが、デルモは足を破壊されてしまう。このままではランウェイを歩けない。

そこにバルカンが姿を現す。サウザーはバルカンの中の亡を使ってゼロワンを倒そうとするが、亡の心は揺れていた。

「夢が何なのか私にはまだわからない。私も夢を見たい。だから、代わりにヒューマギアの夢を守りたい」

サウザーは亡を道具として支配しようとするが、亡は「私は道具じゃない!」と命令を拒絶。ランペイジバルカンとなって、不破とともにサウザーを退ける。

一方、或人とイズはデルモの夢をかなえることに。デルモの代わりにランウェイを歩く或人とイズ。イズが聞いているランウェイからの音はデルモにも聞こえていた。

リコール後に初めて公の場にヒューマギアが現れたことで、記者会見に応じる或人。改めてヒューマギアの存在を世の中に知らしめたのであった。

黄色い声援を浴びるイズちゃん

出展:https://pbs.twimg.com/media/EV7RlcUUcAAl0Y-?format=jpg&name=large

スポンサーリンク

仮面ライダーゼロワン第32話ネタバレ・感想

今回は不破と彼の中にある亡が、ZAIAの道具から脱却するお話。すでにシンギュラリティに達して、自らの意志と夢を持つヒューマギア・デルモを通して、亡も「自分の意志」というものに目覚めていきます。

最後に或人は「シンギュラリティに達したヒューマギアは暴走しない」と語りましたが、確かにここ最近、人間の悪意に触れてもヒューマギアが暴走することがありません。

自身の夢を持ち、道具ではなくなったヒューマギアは、アークの支配から抜け出せるということなのでしょうか。

一方でもし、滅のように人間を滅ぼす方向で「夢」を抱いてしまうヒューマギアが現れた場合は……。

黄色い悲鳴を浴びる不破さん

出展:https://pbs.twimg.com/media/EV7Pvm1UYAAeYdN?format=jpg&name=large

仮面ライダーゼロワン第32話・感想のまとめ

夢を持ったヒューマギアはもう道具ではなく、支配されずに自分の意志で行動できる。

同じことが人間にも言えるのかもしれません。

段ボールに入っているけど、道具じゃない!

出展:https://stat.ameba.jp/user_images/20200412/09/akipapa123/f8/a8/j/o1080064314742336376.jpg?caw=800

本ページの情報は2020年4月時点のものです。
最新の配信状況はビデオパス公式サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です