仮面ライダーゼロワン第35.5話ネタバレ感想!アズが可愛すぎる件

6月21日放送の仮面ライダーゼロワン第35.5話「ナニが滅亡迅雷を創ったのか」のネタバレ感想です。休止期間開けの新作第一弾である、6月21日に放送された仮面ライダーゼロワンだ第35.5話をネタバレ感想で振り返ります。

スポンサーリンク

仮面ライダーゼロワン第35.5話「ナニが滅亡迅雷を創ったのか」

滅亡迅雷のメンバーの前に、アークの使者であるアズ(演:鶴島乃愛)が現れる。アズの目的は、滅亡迅雷それぞれのシンギュラリティの秘密をデータ化して、アークを目覚めさせる原動力とすること。

滅(演:砂川脩弥)にとってのシンギュラリティへのきっかけは「父親」だった。父親型ヒューマギアとして作られた滅は、迅(演:中川大輔)にたいして父親であろうとすることで、シンギュラリティに達した。

一方、雷(演:山口大地)のシンギュラリティへのきっかけは「兄」。弟である昴への想いがそのきっかけだった。

亡(演:中山咲月)のシンギュラリティへのきっかけは「ヒューマギア」。ZAIAに道具として使われていた亡は、「ヒューマギアの夢をかなえたい」という想いでシンギュラリティに達した。

そして迅。迅は地震のシンギュラリティへのきっかけは滅だと語るが、まだ謎な部分が多い。

それでも、アズはすべてのデータを集めることに成功する。いよいよ、アークが目覚める……。

名前と身長以外謎だらけ

出展:https://pbs.twimg.com/media/Ea_tMtqU0AACjWi?format=jpg&name=small

スポンサーリンク

仮面ライダーゼロワン第35.5話ネタバレ・感想

アズがかわいすぎる!

イズの演技は基本的に声に感情を入れず、表情もあまり変化しないため、同じ人が演じながらも全く違うアズには新鮮味を感じます。

あえて誤解を恐れずに言えば「あざとい」

すなわち、わざとらしいかわいさ、ということですが、イズにはそう言った要素が全くない分、アズの「あざとさ」がかえって魅力として際立つのです。

そして気になるのが迅。データを取られた後も他の3人とは明らかに違ったり、迅を復元したものの正体がいまだに謎だったりと、まだ何かを隠しているようです。

たぶんイズは、こうやって歯を見せて笑うことはなかったはず。

出展:https://pbs.twimg.com/media/Ea_raZSVcAA2828?format=jpg&name=large

仮面ライダーゼロワン第35.5話・感想のまとめ

次回、地に仮面ライダーアークゼロが登場! 話数的にもラスボス候補とみて間違いない相手です。

次回から登場、仮面ライダーアークゼロ

出展:https://pbs.twimg.com/media/Ea_vlFpU0AITaG5?format=jpg&name=large

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況はビデオパス公式サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です