仮面ライダーゼロワン第42話ネタバレ感想!衝撃の展開に刮目せよ!

8月9日放送の仮面ライダーゼロワン第42話「ソコに悪意がある限り」のネタバレ感想です。8月9日に放送され、衝撃の展開を迎えた仮面ライダーゼロワン第42話を、ネタバレ感想で振り返ります。

スポンサーリンク

仮面ライダーゼロワン第42話「ソコに悪意がある限り」

滅(演:砂川脩弥)がアークとなって人類に襲い掛かる夢を見たイズ(演:鶴嶋乃愛)。そして現実に、滅がヒューマギアたちに決起を呼び掛ける。イズは滅のもとへと向かい、なんとか滅を止めようと試みる。

「同じヒューマギアでも人間に対する考えが180度違う。本当に恐ろしいのは、偏ったデータをラーニングしてしまうことなのかもしれません」

だが、そこに不破(演:岡田龍太郎)と唯阿(演:井桁弘恵)が現れ、戦いを始めてしまう。

それでも戦いを止めようとするイズだったが、滅はイズに弓を放つ。

「そんな目で俺を見るな!」

爆発音を聞き或人(演:高橋文哉)が駆けつけると、そこには倒れたイズの姿が。そして、或人の目の前でイズは爆発してしまった。

滅亡迅雷.netが人類を襲い、不破たちが応戦する。迅(演:中川大輔)はこのままでは滅が悪意に飲まれてアークになってしまうと戦いを止めようとするも、戦いは止まらない。

そこに、謎の仮面ライダーが現れる。その姿、その力はアークそのもの。アークがよみがえったのか、いったい誰なのかとだれもが驚愕する中、謎のライダーは圧倒的な力でほかのライダーを倒してしまう。

その正体はなんと、或人だった。イズを失い悲しみに暮れる或人のもとにアズ(演:鶴嶋乃愛/二役)が現れ、アークの力を与えたのだ。こうして或人は、アークとなった……。

悪意のてんこ盛り

出展:https://pbs.twimg.com/media/Ee8OcdZVoAUJeJ2?format=jpg&name=large

スポンサーリンク

仮面ライダーゼロワン第42話ネタバレ・感想

衝撃展開の連続だった第42話。今回の主要なニュースは二つです。

衝撃その① イズ、爆散!

予告でも触れられていましたが、イズが滅の凶弾に倒れ、爆散してしまいました。

イズはほかのヒューマギアと違い、バックアップが存在しません。ゼロワンの機密にかかわるイズは、機密流出防止のため、バックアップが存在しないのです。

つまり、ほかのヒューマギアのように、木っ端みじんにされても、来週になったらけろっと復活、なんてことはないわけでして。

だからこそ、この展開を生むのです。

衝撃その② アークワンの正体は或人だった!

仮面ライダーアークワンの正体はなんと、イズを失い復讐心にかられた或人でした。

確かに、アークワンのデザインがゼロワンのデザインに似ていましたが、悪のライダーが主人公に似るのはよくある話。まさか、主人公本人だったとは……。

問題は、或人がアークに乗っ取られ操られているのか、それとも、或人自身の意思、悪意によるものなのかという点です。後者の場合、アークワンを倒せば解決、とはいかないわけで……。

祝え! 最低最悪の仮面ライダー、アークワンの誕生を! 我が社長!

出展:https://pbs.twimg.com/media/Ee8EcBSUYAA7GQG?format=jpg&name=small

仮面ライダーゼロワン第42話・感想のまとめ

コロナウイルスの影響で予定よりも話数が少なくなってしまったゼロワン。どうなることかと危惧していましたが、ここにきて全く展開が読めなくなってしまいました。ラスト3話、或人とイズはどうなってしまうのか……。

さよなら、イズ

出展:https://pbs.twimg.com/media/Ee8RzJ0U0AAMM2b?format=jpg&name=large

本ページの情報は2020年8月時点のものです。
最新の配信状況はビデオパス公式サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です