広瀬すずanone(あのねドラマ) スケボーの絵が意味深すぎる!

忘れっぽい天使

ドラマanoneの中で、広瀬すずさん演じる主人公、辻沢ハリカはスケボーで移動しています。
スケボーを乗りこなすなんてすずちゃん運動神経良すぎます!

よく見ると、スケボーに何かイラストが描かれていますよね。見たことないタッチで気になったので調べて見ました。

スポンサードリンク

ハリカのスケボーに描かれた絵は何?

ハリカのスケボーのイラストは20世紀に活躍した、スイス出身の近代芸術家パウル・クレーによって描かれたものでした。

日本でも人気があって、グッズもいろいろと売られていました。ポストカード パウル・クレー「忘れっぽい天使」

スポンサードリンク

忘れっぽい天使に谷川俊太郎が詩をつけていた

クレーの「忘れっぽい天使」に谷川俊太郎が詩をつけていたので紹介します。

「忘れっぽい天使」

たくりかえすこと

くりかえしくりかえすこと

 

そこにあらわれてくるものにささえられ

きえさってゆくものにいらだって

いきてきた

 

わすれっぽいてんしがともだち

かれはほほえみながら うらぎり

 

すぐかぜにきえてしまううたで

なぐさめる

 

ああ そうだったのか と

すべてがふにおちて

しんでゆくことができるだろうか

 

さわやかなあきらめのうちに

あるはれたあさ

ありたちはきぜわしくゆききし

かなたのうみで いるかどもははねまわる

詩画集 クレーの天使

まとめ

ハリカはまるで忘れっぽい天使なのかもしれませんね。苦しかった更生施設での記憶を忘れて楽しい記憶に書き換える。また、ネカフェで知り合った友達に裏切られても、他の人を(亜乃音とか)信じようとする。
ハリカの生い立ちを見ると、頑なに人を信じなくなるというのが一般的だと思います。ドラマって、傷ついて誰も信用しない孤独なキャラってよくいるんですが、ハリカは柔軟な心を持って、難病に苦しむ紙野彦星(カノンさん)のことも捨て身で助けようとしていますよね。珍しいキャラ設定だと思います。

1話で、更生施設の壁に、この絵が飾られていたことと、ハリカのスケボーに同じ絵が描かれていることどんな意味があるのでしょうか?話が進むにつれて、その謎も解明されるかもしれません。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。